FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 
レコンキスタ の感想
2013-05-30 Thu 00:00
<作品名>    レコンキスタ
<製作会社名>  コットンソフト

zaza.jpg

シナリオ
S+
攻略キャラ4人+2章分の物語。二人の主人公についての物語なので、大きく二つの流れになっているので、共通があまりなく、個別の長さも十分にあるので全体的なボリュームは比較的に多めといってもよいだろう。
攻略順には少しロックがかかっておいるので、それさえ守っていれば十分だが、
お勧め攻略順は「真帆子⇒暮葉⇒麻咲⇒詩菜⇒門を叩け⇒尋ねよ」

CG
S-
色は濃く、硬めの質感のCG。
少々時代を感じる絵で、バランス等の気になる場所はいくつかあるため、減点はした。
しかしながら、枚数は十分であり、作品を素材するほどではない。

音楽
S+
Vo2曲、BGM23曲(+OP&EDinst)となっており、そろっているBGMも、オルゴールなどオーソドックスな物をそろえている。そのため、少々時代を感じることもあるかもしれないが、質・量ともに出来は十分といえる。
特にOPの「Reconquista」はヴァイオリンの映える名曲。

お勧め度
S+
古いが、ストーリーはしっかりしているので初心者から玄人まで楽しめる良き名作。
「生と死」についての作品なので、基本ハッピーエンド(?)ではあるものの、全体的に暗く、重い話が多い。その中でも怖いシーン・グロ描写は多少出てくるので、苦手な方は注意したい。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

2007年発売の少々古い作品で、一部声なしキャラも居る。
題名の「レコンキスタ」にあるとおり、キリスト教関係者が何人か出てくるが、宗教自体の知識は作品に関係なく、必要ない。

物語自体は他に類を見ない日本伝奇物のような「怖い話」の雰囲気で、序盤に出てきたシーンを起点とした、2週間程度の話。
しかし、実際に話のすべてを理解するのは各ヒロイン4人を終わらせた後に出てくる章を読んでからとなり、その話は約30年ほど前まで遡る事となる。

上記にあるとおり主人公が二人存在し(主人公級の扱いなら4人程度)、それぞれに攻略キャラが存在しており、大きく3つの話に分かれている。
(主人公二人の話が2+その前の事件)
ただそれらの話が、最終的には、関連しあって、ひとつの大きな物語となる。
3人のライターがこの話を書いているが、各ルートの話の齟齬などがほぼなく、一人で書いたと言われても気づかないほどで、その努力は現在の作品に引けを取っていない。

そういった関係もあり、視点変化を多用するこのゲームなので、視点次第では主人公の立ち絵も見える。
特に、心情をあらわす部分、書く時間での各々の動きなどをあらわす際に、視点変更を効果的に使っており、そこも評価しておきたい。

中には戦闘シーンもあるのだが、ここに関してはかなりお粗末なものなので、あまり期待しないでおきたい。(戦闘自体よりも、その緊迫した雰囲気や狂気を感じるだろう)

設定自体はどっしりと安定しているものの、特殊な設定の場合、状況説明が困難になるがこの作品はその部分も上手く、上記の視点変更に加え、他にさまざまな方法で各所を演出した。
キャラを攻略していくごとに見えていく人物関係や真相などの見せ方も良いのだが、特にオマケで見られる各キャラクリア後に出てくる「年表」は複雑になりがちな物語の時間変化を分かり易く目で追えるようにしあり、細かいショートストーリーも挟まれている。
これは、すべてクリアしてから一括で見るのもよいが、こまめにチェックしておくと、さらに臨場感が出るだろう。

泣きシーンは一番最後に存在しているが、どちらかというと涙をこぼすと言うよりは「ああ、よかった」とこれまでの暗い話に終止符を打つとともに、これからの不安をさらにあおるものとなっている。

ただ、各種細かい部分での展開や表現、演出には不満の残る部分もある。
しかしながら、そうした部分はすでに発売されている次回作などで修正の出来ている部分でもあるので、寛大な目でみたい。

設定が深く、重い物語としては、誰でも比較的に手軽に始められる作品なので、ぜひやろうか迷っているのならプレイリストに加えてほしい古き良き1品。

コンフィグに関しては足りない部分が多々見られた。


(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個別が結構長かっただけに、最後の方は案外短かった。
再度考えてみても、かなりうまく組み立てられてる物語だな。
OPの妖しさ(?)といい、雰囲気もばっちりだし。キャラ・絵・BGMの古さとか考えるとどうしても「すげぇいい!」とは言えないけど、
それもまた良さか。
「うん…いいねぇ…わるくないよ!」って、けなすところが見つからない。そう言った意味では今の作品に全然負けてないな。やっぱこれくらいの評価が順当だろうな。
関連記事
スポンサーサイト



拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<少女神域∽少女天獄(道陵 愛莉) | 青空の翼と過去の十字架 | 少女神域∽少女天獄(壟峯 碧織)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |