自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


1/2 summer のレビュー
2013-02-06 Wed 00:00
<作品名>    1/2 summer
<製作会社名>  ALcot Honey Comb

1/2summer

シナリオ
S
ルートは4本、選択肢は各キャラの名前の物を選んでいけばよいだけなので、攻略は楽。
共通部分の各キャラのエピソードなどが比較的に全体量をふくらませており、個別に入ってからは2-3hというところ。
攻略順は特にないが、他の2キャラ→澄空→叶→TUREとするのがよいだろう。

CG
S
イベントCGに関しては、少々で気に幅があるものの、総じて美麗といえる。
ヒロイン4人という事で、CGの枚数に関しては1人あたりは多いが、総じて言えば少なめか。
立ち絵も良かったのだが、今回はSD絵が良い味を出していた。

音楽
S+
全32曲、OPとEDは作品の雰囲気とは少し違うアップテンポなもの。
ED曲「アンセム」のアレンジ曲が目立つ活躍をしていて「Prezsent for you」などは厚みもあり個人的にはお勧め。
BGMには多くコーラスが入っていたのも特徴。

お勧め度
S
ある意味強み、というべきところが無かったのがこの作品。
一応、田舎、旅館、ハーレム、清涼、民間伝承、等々のキーワードがあげられる。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

古来からある土着の昔話にからめた、ほんの少し不思議な話。
結構始まりの方にOPがあり、全員が出る前に物語がスタートする。
OPもEDもクリックで飛ばせてしまうのでそこは注意。
序盤、少し不思議な話が、説明のないまま起こるが、これに関しては
ルートを進めていけば分かるようになる。
日常の笑い自体は、複数の書き手のせいなのか、ルートによってもかなりの差があるが、
空回り気味で、萌え重視という事になっている。
各キャラ、大分違う味のルートとなっており、
特に、つぐみルートに関しては他よりも若干質が落ちる。
他の汐、澄空、叶ルートに関しても、泣きシーンはあるものの、書き手の努力が足らず不発に。
もうすこし、各キャラをしっかり立たせて、他の書き手とも連携をとり、
雰囲気をうまく出して、泣きシーンを演出すればまた違った評価になっていたかも、というほどおしい部分もある。

各キャラのEDが終わるごとに、昔話が追加されて行き、
前キャラ終わるとTUREENDへと飛ばされる。
いわゆるハーレムルートなのだが、そういうシーンはなく、
昔話の意味や、物語の核心に触れる、案外深いものとなっている。
その伏線となるものも、実は各ルートにちりばめられている。
それは、各キャラの性格・相性・関係性に触れるほどまで深い。
そういった若干光るところも見せつつ、最後は案外あっけなく終わる。
設定は面白かったので、もう少し各部署の努力が見たかったところ。
可もなく不可もなく、といったところなのでこの評価。

コンフィグに関してはこの程度だろうか、少し不足感はあった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
説明はうまい方だったと思うが、ネタが分かればあっけない…?
しかし、そういう設定だとすると、各キャラのアフター書くのは問題があるんじゃ。(設定的矛盾?)
なんとも、音楽とは反して、のんびり萌えるさくひんだったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< さくらさくら のレビュー | 青空の翼と過去の十字架 | この世界の向こうで のレビュー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |