自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


月に寄りそう乙女の作法 のレビュー
2013-01-25 Fri 00:00
<作品名>    月に寄りそう乙女の作法
<製作会社名>  Navel

turiotu.jpg

シナリオ
S++
ルートはBAD1本を含めて5本。共通までもそこそこの長さがあり、OPも結構後にある。
各ルートは3~4hというところで、一般より少し長く、ルナルートは他よりも少し長い印象。
それでもルート数の事もあり、他のゲームより少し長い程度。
推奨攻略順は瑞穂or湊→ユルシュール→ルナ。
ちなみに続編があり、そこに付属されているパッチによりアペンド版となり、アフターストーリが増える。

CG
S
全体的に非常によくできていたという印象を受ける。
独特の癖のある絵だが、それを踏まえたうえで、立ち絵、CGともにぶれずにきれいだった。

音楽
S+
BGM30曲、Vo曲はOP、ED、挿入歌の3曲。
質も量も十分だが、感動シーンで涙腺を破壊するほど、とまではいかないのは残念なところ。
しかしながら、Vo曲の質の高さは確かで、BGMとしてはそれぞれ質も高かく「愛と追憶のなにか」や「Philia X'mas Collection」、「ああ、楽しかった!」が個人的にはお好み。
もうワンランク上でもよいと思っている。
ちなみに全キャラクリアしないとBGMは見えないようになっている。

お勧め度
S++
Navel設立10周年を記念して造られており、非常に期待され、その期待に十分こたえられるほどの完成度の作品。
女装(メイド)、女子学園物、お嬢様、服飾…等々の要素を含む。
笑い、キャラ、ストーリー、世界観、どれをとっても、その特色は如実に表れているといえる。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

上記にも書いたとおり、記念作品ともいえるこの作品。
その参加者を見ただけで、十二分に期待できる事はたしか。

ちなみに、今作のBADEND後の続編「乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-」が発売されており、こちらを見ることでこの作品はかなり完成度や受ける印象も変わってくるほか、付属のパッチにより、本作においてのみ、主人公「朝日」の声&各キャラアフターストーリーが追加されるため、雰囲気が気に入った方は購入をぜひ考えてほしいところ。

今回の内容は公式を見ればわかるが「女装物」+「女子学園潜入」
さらに、そこにお嬢様属性や「服飾制作」という、一味違ったエッセンスを加える事によって、雰囲気は殆ど、今まである王道の流れでありつつ、本質は自分の夢に向かって走るそれぞれのヒロインを見ると言う作品。
お嬢様ということもあり、各ヒロインを含めサブキャラも、非常にアクがつよく、それでいてキャラがたっている。
その辺りを含めての世界観の確立の仕方も素晴らしいと言えるだろう。

そんな人々が、軽快なトークとテンポで日常を彩るものだから、面白くないわけがない。
ただ、「笑い」という点では、過去の同会社の作品に少し及ばなかったかな、というところはある。
(それはまぁ、過去作品がすごすぎるだけで、一般としてみれば面白いのだが)

笑いだけではなく、泣きシーンも各ルートに用意されてあり、ところどころ目が潤むシーンもあった。
ただ、BGMとしての手伝いが一歩及ばずだった所や、あの独特のシーン転換のアイキャッチ(?)の音がバッサリ雰囲気を切るため、感動が長続きしないのは、いい意味でも、悪い意味でも独特。
ルナルートは特に力が入れられており、挿入歌もここで流れる事になっている。
そのシーンに関しての演出はかなり上等なものだったと言える。

泣きシーンとしてはあいまいだったと言わざるを得ないが、
お互いを思い続ける…、主従の関係として、そして、それを超えた信頼の形は必見。
泣き、笑い、ではなく、この作品は物語として”おもしろい”作品だったと言える。

コンフィグに関しては十分だったと言える。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
思いっきり泣けなかったし、思いっきり笑ったわけじゃない。
普通に面白かった。けど、これと言って何かを押せるわけじゃないから、
ちょっと評価を抑え目にしてあるんだよな。(期待しすぎ?)
ただ、笑いの質は確実に他社よりも上。

…と思ってたんだけどね、続編クリアしてから書き直したわ。
久々に各ルート眺めるように再クリアしてみてかなり上方修正、特にルナ様信仰が強くなったからかもしれん。
それほど、続編はいい出来だったから、これが微妙でも、本音は挑戦してほしいところ。
アフターストーリーの出来も結構良かったし、続編も特に泣きに関してはいい働きしてたからなぁ…。
やっぱ気になるところもあるにはあるんだけど、全体的に話もよくできているし高評価を付けてもいい。
ちなみに、声に関しては追加CDになりますよ。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Chu→ninG Lover のレビュー | 青空の翼と過去の十字架 | 倉野くんちのふたご事情 のレビュー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |