自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


StarTRain のレビュー
2012-11-28 Wed 00:00
<作品名>    StarTRain
<製作会社名>  mixed up

StarTRain.jpg

シナリオ
S+
ルートは4本。OPまでも3h程度の長さがあり、OP後も2~3hほどの共通がある。
各ルートは若干短めなので、全体的なボリュームは普通くらいか。
推奨攻略順は、七美のみは他の3ルートをクリアしないと出てこないので、必然的に最後。
他の3ルートはどれでもご自由に。

CG
S--
枚数は案外多い(差分は少ないが)ので、シーンは充実している。
絵は汚いものと少しましなものとが混ざっており、差が激しい。
しかしながら、星空で星が流れたりと細かいところも多々ある。

音楽
S+
BGM20曲、Vo曲2曲の今回、OPとEDともに同じ曲風のものだが特にOPは名曲。
BGMも全体的に「星空の下」を代表して優しく、綺麗なものが多い。
特に称賛するのは「星降る夜揺れる心」というBGM。

お勧め度
S++
少し昔の作品だが「泣きげー」としてお勧めしやすい作品。
絵に抵抗さえなければ、ぜひ手に取ってほしい作品。
玄人から初心者まで楽しめる作品となっている。

総合評価
S+

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

かなりの意味が込められたタイトルのこの作品。
その意味はゲームをしながらプレイヤーが一つずつ読み取っていってほしい。
メインテーマとして扱っているものは「人の弱さ」そして「幸せ」で、
それを星などとうまく絡めながらこの作品全体は形造っている。
設定からして泣きげーらしい泣きげーなのだが、驚くことに、OPまでに1度泣かされてしまう。
共通に関してはすこしズレているものの、ネジが1つ外れてしまった日常は結構笑わされるかも。
特に重要なのは親友の一人「マイコ」の存在である。
主人公の親友と付き合っている、女の親友と言う立ち位置は結構珍しいのだが、
そのキャラは特殊であるものの、パンチがきいており、
日常から各ルートまで非常に深くかかわって、ギャグから泣きまで非常に欠かせない存在である。
そして、各ルートに入ってからは、感動の仕方が変わる。
無論泣けるような感動もあるのだが、深く納得したり、理解したりする感動など、多種多様な広がりを見せる。
そして総集編であるナナミ√である。
合う合わないはあるものの、全体を通してのこの作品の雰囲気はかなりいい。
それが、このルートに入ってからはそれに一層磨きがかかる。
常時涙目状態で進む物語は、しかしながら案外予想外な方向へ進む。
これに関しては納得のいかない人も多いのではないかな。
受け取り方は人次第とは言うものの、これに関しては自分も同意見。
少し物足りないような気がするのは確かだが、それでも最後の終わり方は悪くない。
泣きげーとしては十二分に恥ずかしくない作品だったかな、と余韻を持っておわれる。

演出として特筆したいのは「無音」の使いこなしだろうか。
曲が少ないことからの苦肉の策なのかもしれないが、それでもこの演出に関して非常に好感が持てた。
コンフィグにかんしてはもうすこし改善が必要(時代が時代だから仕方が無いか)

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
過去の名作! って感じだな、CGとかはあれだけど、BGMは一つ一つ濃い特色があるし。
何よりシナリオが結構いいからなぁ。
OPまでに中されるってのがいいよね。
あと、黒板の意味は最後まで分からなかった…いや最後の方癖になってたけどさ…。
あとプールなにwwwwwwww
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あけましておめでとうございます。 | 青空の翼と過去の十字架 | イモウトノカタチ のレビュー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |