自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


紅蓮華 のレビュー
2012-10-14 Sun 00:00
<作品名>    紅蓮華
<製作会社名>  Escu:de

gurennka.jpg

シナリオ
S
ヒロイン5キャラ?3キャラ?に対してEND数は16。
サブヒロインのENDからBADまで、各ルートの長さにかなりの差がある。
全体的にはやはりボリュームがそこそこあるが、短いENDも多い。
クリア推奨順は特にないが、フローチャートがあるので、攻略は楽。

CG
S
ねこにゃんさんですね…もう、何も言わなくても綺麗ですね。
線の細い、しかししっかりとした絵で、戦闘シーンや効果CGも充実の枚数。
立ち絵とCGにあまり差が無いのもいいが、立ち絵に増してさらにCGの質は良かった。

音楽
S+
あれ…? Vo曲1曲…? END曲もない、疾走感はありOP曲の印象は良よかったが…。
しかしながらBGMは47曲と充実。戦闘シーンに関連して、戦闘系や悲壮感漂うもの多め。
さらには伝記物らしいBGMもある。

お勧め度
S
日本伝記物・異能バトルモノが好きな方はお勧め。
ただ、萌えはあるが燃えは少ないかも?泣きも薄め。
問題点はあるものの、全体的には好印象を受けるかも。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

日本伝記&海外の妖怪、異能バトルモノ。
バトルモノだけに、バトルシーンはなかなかのもの。
特にCGや効果などの演出は努力が見られる。
ついてこなかったのはテキスト。
描写は基本的にはいいのだが…。
何かにつけて”わかりにくい!”
これは個人の理解力などもあるのだが、軽快に読み進めていると分からなくなることがある。
何度か読み返して「ああそうか!」とやっと理解…これは自分の理解力が低いんだと思いたくない…。
それを他に言い表す言葉は沢山あるはずが、わざわざ難しく書いていたりする印象を受けるほど。
「言い足りない、表現が妙・描写挿入タイミングのミス」など、理由は様々。
これは日常にも影響していて、異能バトルモノだけに説明が不可欠なのだが、
説明の機会自体は沢山あったうえ、何度も確認してくれていたので、完全に置いていかれることはなかった。
違和感を挿入しないように詳しく説明するのは難しい。
それで雰囲気を壊さないようにするのはさらに難しい。
それでも、もう少し頑張ってほしい部分である。
理解するのが精いっぱいで、物語自体があまり入ってこずに物語が進むため乗りきれず。
結果として全体として薄い印象を受ける。
展開やその他の部分に関しては問題はなかった…Vo曲はやはりバトルモノならもう少し熱いものがプラスされてもよさそうだが。
後不足点を言うならば、各キャラに踏み込むところまでいかなかったところだろうか。
主人公の過去もそうであれば各キャラの過去もあまり踏み込まずぼかしている。
これはFDでも狙っているのだろうか…?
普通に楽しんで見てる分には問題はないのだが、その1歩先を見据える名作とまでは言えない。
なんにせよ、もう少し努力が必要になり、全体を見直してほしい作品である。

システムに関してはフローチャートもあり、コンフィグも充実していただめ、使いづらさは全く感じない。
最後にスタッフコメントがあり、声優はすべて音声でのメッセージがある。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
一応、日本の伝奇を題材とした異能バトルモノ。
なかなかにいいシーンもあるのだが、いかんせんシナリオ自体が少々難解で、その辺りの理解の為に感動等は置いていかれがち。
その他、シナリオにも足りない部分があったので評価は少し低い。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Strawberry Nauts のレビュー | 青空の翼と過去の十字架 | なないろ航路 のレビュー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |