自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


なないろ航路 のレビュー
2012-10-13 Sat 00:00
<作品名>    なないろ航路
<製作会社名>  Journey

nanatuiro.jpg

シナリオ
S-
ルートは5本、共通ルートが比較的に眺めの構成。
各ルートは1.5hと短めで、全体的にボリュームも少なく感じるかもしれない。
攻略順の指定はないが、他キャラ→未来→縁というルート順が無難

CG
S
ボリュームと比べると案外多く感じるのは使い回しが多いからだろうか。
CGの雰囲気は塗が淡く、キャラは全体的に幼く見える。
立ち絵よりCGの方が圧倒的に質は良い。

音楽
S+
Vo曲はOP、ED、挿入歌合わせると5曲ほどある。
BGMが20曲程度なので、ボリューム的には普通の量。
しかしながら、OPの「七色の地図」と「手紙」は秀逸、
その他のVo曲も有名な歌手を取りそろえ質も軒並み高いため、BGMの分を補ってこの評価に。

お勧め度
S-
少しはっきりしない作品。
バトルも入りつつ、泣き、萌えがあるのだが、どれも主力とは言い難い。
どこをお勧めすればいいのか…というところ。

総合評価
S-

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

貧乏主人公がお嬢様女子校(船)へ。
なかなか分かりにくいが、おそらくこの作品の大まかなテーマは「世界平和」。
登場キャラもワールドワイドなキャラなのだが、それにしては大分こじんまりとした展開。
舞台設定やキャラとしては十分な興味が持て、最初の方はのめりこむことができるのだが、
進めるうちにその設定にも慣れてくる。その後からがこの作品の問題だろうか。
日常シーン・個別の笑いはともかく、キャラの作りこみの甘さが時折みえ、
バトルシーンなどにはかなり無理をしている雰囲気が流れていた。
展開に無理があったりと全体的な物語の洗練度の低さが垣間見える。
全体的にも古さが漂う作品だっただけに、こういうところをしっかりしないとつらいものがある。
OPや挿入歌、演出に関しては殆ど合格レベルに達していただけにもったいない。
特に縁ルートは現状かなりいい線をいっていた。
しかしながら、挿入歌のおかげということは言うまでもない。
ここで、もう少し丁寧に日常を描き、お互いの心情をもっと丁寧に描き出していれば
さらにとあるシーンでの感情移入度も変わったかなという印象。
大まかな展開や終わり方などは賛否両論ありそうだが、大筋が間違ってないだけに努力してほしいところだ。
もっとできるだろう、という叱咤激励も込めてこの評価。

システムは少し古さが漂い、もうすこし曲のギャラリーなど便利になってもいいかな、とも思うが
その他のシステムに関しては十分。

と、かなり厳しめの評価である。OPなどで過度な期待をしがちなので、
そういったこと抜きで楽しむなら、もう少しましな評価をしてもいいかもしれない。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
OP詐欺と呼ばれる作品なのだが、言い返せないつらさはある。
あれだけ周りからいいものを渡されてるのだから、それに見合うものがほしかったのが正直なところ。
完成度としては全体的に低く見えがち。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<紅蓮華 のレビュー | 青空の翼と過去の十字架 | 死神のテスタメント~menuet of epistula~ のレビュー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |