自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


はつゆきさくら のレビュー
2012-08-08 Wed 00:00
<作品名>    はつゆきさくら
<製作会社名>  SAGA PLANETS

hatuyukisakura.jpg

シナリオ
S+
ルート数は細かいものを合わせてみると11ルートにもなるが、BADEND、プロローグなども含んでおり。
ルートもキャラによってはかなり短いので、実際の長さは普通の製品程度。
攻略純もほぼ固定されており、それに大まかに従っていれば問題ない。

CG
S
枚数はそこそこあるが、最上にきれいとは言い難い。数枚の立ち絵、CGにダメなところが見受けられる。が、
作品を壊す程度の物ではなく、ほとんどはきれいといえるのでこの評価。

音楽
S++
OP、挿入歌、EDなどを含めると歌入りそこそこの数で、それぞれのレベルも高い。
またBGMもかなり質のいいものがそろっており、シナリオで至らない部分はここがカバーしている。

お勧め度
S++
初心者の方にはお勧めしたくないな、というのが正直な感想。
ジャンルとしては燃えも泣きも入っているが、どちらも抜きん出ているわけではない。
ただ、キャラが気に入れば楽しめるのかな、とも思う。

総合評価
S+
ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

少し特殊な設定の物語、プロローグがそこそこ長く、そこで大体の説明がなされるが
それでも全体を理解するのはかなり後半の方になってから。
最初に大量の伏線が仕込んであり、物語を進めていくうちに伏線を回収していく流れである。
逆に言うと、かなり最初からぶっ飛んでいるので、読み手が置いていかれることもしばしば。
また説明も十分でない部分、描写の切り替えなど何度か見ないと分かりにくい部分が多々あるため、
泣きシーンで泣けないことなどが起こることも。
またキャラクターの特殊性がそれに拍車をかける。
他のゲーム会社のキャラも大概変だがこのゲームのキャラは筋金入りである。
(ギャグゲーじゃないのに)
それでもそこそこ掛け合いが面白くて、日常シーン・個別ルートでは笑いが多い。
ただ物語の全体の流れとしてゴーストがでてくるので、夜にやると怖いこともある
(グロシーンは一切ない)
終わり方などが完全なハッピーエンドと言えず悲しいものが多い。
そこにほろりと来る人もいるかもしれないが、号泣というほどのものでもない。
燃えシーンも用意されているが、それをメインにしているものと比べると高評価は付けがたい。
BGMによって無理あり盛り上げてる感はある(逆に、演出としては◎である)
BGM・挿入歌はいい仕事をしていたから、あとはシナリオだったような気もする。
ただ、なぜか心に残るものがぽろぽろとある。
こんな評価だが、最後のエンディングは少し涙したほど、最高とは言い難いが
何かを見つけられる、そんな作品なのかもしれない。
OPやEDなどが一切飛ばせないのが少し不評である。
あと作者は一人飯にどんだけこだわりを持っているんだ…。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
周囲からはかなりの評価を受けている作品なのだが、個人的にはそんなに…と言う感じ。
無論、ダメなわけじゃないのでそこは勘違いをしないでほしい。
一応泣きゲーに分類されているが、むしろシナリオの流れが面白いタイプのものなので、泣き部分に期待しすぎないようには注意。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<素晴らしき日々~不連続存在~ のレビュー | 青空の翼と過去の十字架 | 未来ノスタルジア のレビュー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |