FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 
もののあはれは彩の頃。の感想
2018-10-18 Thu 00:00
<作品名>     もののあはれは彩の頃。
<製作会社名>   QUINCE SOFT


もののあはれは彩の頃。
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S 】
秋の京都を舞台として繰り広げられる双六系ADV。
その内容はザックリというと『仏法を下敷きにした浄土双六』というものなのだが、もっとわかりやすく言うと、9人の少年少女たちがなぜか双六をする世界におり、上りを目指す~というもの。

物語の序盤はプレイヤーを含め、世界設定や状況が一切わからないまま展開してゆき、登場する設定やキャラクター達に疑問や疑念を抱きながらも『双六』というこの世界における絶対装置に動かされてゆくことになる。

もちろん物語を進めて周回する事で徐々に世界設定については明らかになってゆく。ただ、物語の序盤においてはその設定の難解さから忌避感を受ける人出るであろうことは予想され、特に登場キャラクターたちについてもつかみどころがないため、その中で行われるシーンには少しだけ気持ち悪さのようなものを感じることもある。

一つ高い評価をしたいのが、仏教を絡めた難解なシナリオにおいて、分かりやすく書こうと務めていたところだろう。
この物語の性質上、どうしても難しくなりがちな内容をできるだけ自然にわかりやすく答えまで運んでゆくのは至難の業だったように思える。
そして舞台となっている京都、特に秋を選んだあたりもヴィジュアルがよく映えており、シナリオとは関係ないものの、こうした細かい点についても評価しておきたい。
そしてデメリットのある設定を作っただけあり物語における伏線や叙述トリック、シナリオ自体の構造については非常によくできており、これ自体にも非常に高い評価を付けたい。

同時に設定ありきのシーンで突き進んでしまう強引なシーンや、その設定に振り回されるシーン、矛盾が発生するシーン、それを無視するシーンなども散見され、特にキャラクターに至ってはシーンありきの行動をするがゆえに不自然な行動をするシーンもあり、全体的に洗練されておらず、少し雑な印象を受けるシナリオであったことも付け加えておきたい。

上記のような点もあり評価としては非常に難しい所なのだが、デメリットの点が大きく出たのがクライマックスシーンだろう。
今までの謎も解け物語としては最高潮なのだが、いかんせん登場人物が主人公も含めて薄いため、その言動が非常に白々しく、シーンとしては丸々無駄になってしまい、ひいては物語全体の評価をいちじるしく下げてしまっている。また物語後半のとってつけたような個別√も個人的には減点したい。


【推奨攻略順 : END1→END2→END3→END4→京楓→みさき→琥珀→クレア 】
初回は共通END1へ、2週目以降は共通END2ー4へと分岐しており、全クリア後にアフターストーリーのような形で各個別へと分岐する。


CG : 【 S 】
細い線、淡い塗りで描かれた絵。
全体的に美麗といえるのだが、男キャラが登場するイベントCGを中心として質が下がりがちな印象もうける。
SD絵も少なめではあるものの存在、立ち絵は全キャラクターに目パチ・口パク機能付きで、背景は舞台となる秋の京都を綺麗に描いている。


音楽 : 【 S+ 】
BGM22曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
舞台にあわせてBGMは総じて和を感じ刺せるものになっている。Vo曲も同様で特にEDの「縁道~ゆかりみち~」はしっとりと歌い上げられた良曲。


お勧め度 : 【 S+ 】
舞台となっている秋の京都や特殊な設定の作品が好きな方にはお勧めしやすく、特にシナリオ自体を重視する人にはある程度楽しめる内容になっている。
その反面に萌えだけを楽しみたい人や完成度の高いシナリオを求める方にはお勧めしにくい内容となっているため注意。


総合評価 : 【 S 】
シナリオ自体は衝撃的で記憶にも残るのだが、同時に全体的な作りの甘さも目立ち評価としては抑えめの内容になっている。


(ぶっちゃけコーナー)
もう少しで名作中の名作になれたのに…って感じの作品だな。
設定はかなり特殊だったけれども、そんなピーキーな状態のなかでも、手放しで拍手できるくらいシナリオの構造は良かった。

ただ、やっぱり表現力に難ありというところだろうか。
序盤の分かりにくさも大概なのだが、何よりも目に付いたのはキャラクター達。登場するキャラクターは結構多いのだが、そのあたりの描写が甘く、全体的に薄い人物となってしまっている。
物語の盛り上がるシーンではそういうキャラたちのやり取りが非常に重要になる作品だけあって、さくっとそのあたりが流されてしまう今作は高評価を付けづらい。
せっかく良い屋台骨があったのに、もったいない…というのが正直な感想。
あとはシステムの根幹にもある双六システム。

この作品ではこの双六をどこまで許容できるかが、この作品をどこまで楽しめるかに直結していると思うのだが、状況を確認するうえでも双六のシステム面を改善してほしいところ。
現在の立ち位置やキャラの場所、効果の説明などをもう少しわかりやすく見れるようにしてくれないと、その双六がわかりにくいせいで作品自体を楽しむ障害となっているように思える。
関連記事
スポンサーサイト



拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Making*Lovers 激イチャアフターストーリー Vol.02 | 青空の翼と過去の十字架 | 恋するココロと魔法のコトバの>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |