FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]あくまで、これは~の物語の感想
2018-10-04 Thu 00:00
<作品名>     あくまで、これは~の物語
<製作会社名>   Azurite


あくまで、これは~の物語
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シナリオ : 【 S-- 】
夏を舞台としたミステリ作品。
END数は10を超えており、それぞれをクリアする事でフローチャートが解禁・拡張されていき、新たなEDを迎えることができるようになっている。

ネタバレを防ぐため、ある程度のところはボカしてしまうが、一つだけ言ってしまうと今回の作品は前半と後半に大きく分かれている。

前半においては物語の導入部分であるにもかかわらず、この作品においてはミステリー作品における『不可解な事件の発生』…つまり伏線部分を主題としているためか、説明にあたる部分が非常に適当。
その為プレイヤーは物語から置き去りにされ、目の前で起こる事件に対して他人事のような疎外感を覚えるようになってしまい、シナリオライターの考えた”都合のよい展開”にそって登場人物が”動かされている”ようなイメージを受ける。
キャラクターたちの魅力は後回しにたところも上記のような状況に陥った一因だろう。

また物語は上記でも述べた通り、フローチャートに沿って様々な視点から事件を追ってゆくことになる。
選択肢も割と多く、フローチャート自体の枝数もそれに応じて多くなっているのだが、それに対して作品内で起こっている事件が非常に少なく、結果として中盤からは地獄の中だるみが始まる。

後半においては他の物語でいうのなら、グランドルートにも値するものになっており、前半で謎だった部分などの伏線が改修される。
しかしながら展開は陳腐でおそまつなものであり、設定として甘いと言わざるを得ない。
最終的に物語は微妙な決着と、やっつけ仕事の感動シーンでしめられる。
物語の余韻を残すような終わり方をしているが、心底どうでもいいと思われてしまいそうな作品も珍しい。

表現が拙かったり、展開が面白くなかったり…という問題だけではなく、物語自身のテーマも見失っているように思え、作品自体が何を目指し、何を伝えたいものなのかも不明なので、評価としては非常に低めになっている。


【推奨攻略順 : - 】
ENDを見ていくことでフローチャートが拡張され、見られるEND数が増えていく仕組みになっているため、出現順に攻略していくとよい。


CG : 【 S 】
線が細く、淡い塗りの絵。担当原画は3人おり、一応豪華らしい。
決して質がわるいわけではないが、全体的に古さを感じる絵。
前半は立ち絵もあったが、物語後半はほぼ立ち絵もなく、背景については割と雑なものも多い。


音楽 : 【 S 】
BGM22曲(inst含)、Vo曲3曲(OP2/ED1)という構成。
全体的に時代を感じるBGMが多く、特に寂しげ、悲しげな曲が多いのが印象的。
Vo曲ではOPに勢い自体は感じたものの個人的な好み出なかったことも併せて評価しずらかったのが正直な感想。


お勧め度 : 【 S-- 】
ミステリ作品にはいるのだが、前作の『シンソウノイズ』には遠く及ばず、ミステリ部分はおろか、その他の描写自体がいまいちであり個人的にはお勧めする点がない。


総合評価 : 【 S-- 】
シナリオが退屈であり壊滅的なのでこの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
前半はプレイをしていて眠くなること多数。
後半はそれに加えて諦めと飽きが来るという難物。
…よく最後までやったなぁ…というのが本当にひどいけれども正直な感想。

シナリオの評価部分で非常に厳しい評価を下した理由はいくつかある。
その中で最大の割合を占めているのは、プレイヤーを無視した作者の自慰行為のような作品にしてしまったことだろう。、
キャラクターの魅力、好みが出そうな設定…それらをすべて排し、結果として微妙なミステリシーンばかりを量産し、展開をお粗末なものに変える…。
言葉にすると簡単だが、物語にすると末恐ろしくつまらないものになる。
作中でも『物語が面白くなるコツ』なるものをご高説しており、その内容については大いに同意すべきところがある…が、、、見事なブーメランである。

シナリオが悪いと他の部分も悪くなりがち。
結局この作品はなんだったの…キモチワルイENDだし、こんなフローチャート式にする意味も分からないし、ミステリな割に物語の謎を解くシーンなんてないし…。
プレイヤーがどう楽しんでいいかわからない作品も珍しいな。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<恋するココロと魔法のコトバの | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]君とつながる恋フラグの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |