FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]厨二姫の帝国の感想
2018-05-31 Thu 00:00
<作品名>     厨二姫の帝国
<製作会社名>   ウシミツソフト



厨二姫の帝国
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S-- 】
現代の日本を舞台とした、少しだけファンタジー要素アリの作品。
いつの間にか旧ラブホテルに住み着いた住人達は異世界の住人で、ひょんなことから『勇者』として契約してしまうことから作品は始まる。

勇者や魔王というものが作中に出てくる等、設定としては上記のものを主軸としていて、共通√や各ヒロイン√においてもそこを前提条件としているものが多いものの、ストーリーとして大きく取り上げている√は無くあくまでキャラクターや舞台を登場させるための道具として使われている印象。

キャラクターは異世界人や中二病を患った幼馴染など、どこか常識から外れているメンバーがそろっている。
ギャグよりの作品というほど掛け合いに面白みはなく、萌えゲーというほどキャラクターやシチュに魅力はない。

またシーン展開に無理のあるものが多い他、さらには説明を飛ばしてシーン転換する場合もあり、作中に多大に含まれている言葉の誤用・誤字から書き手の能力不足や時間の無さ(?)のようなものが類推される。


共通√【 S 】  2h
4人との出会いから、勇者契約を経て、4人との関係がある程度進展するまでが描かれている。


ウシミツソフト オフィシャル ウェブ サイト
厨二姫√【 S- 】  2h
ラブホテル『カルフォルニア』に住み着いた自称お姫様。
日々ネットゲームなどをしてニートさながらの生活を続けているが、その正体は王族であり、勇者契約を行う『契約姫』という役割を担っている。

個別√では魔王の正体がわかってから、その正体を彼女の姉である『征服姫』から秘匿するための工作として、映画製作を行う日々が描かれている。
映画製作の傍ら、駄菓子屋の店番や野球観戦など現実世界に馴染んでゆくと同時に主人公との距離が近づく様子をメインとした√。


ウシミツソフト オフィシャル ウェブ サイト (1)
ステラ・セルテート√【 S- 】  2h
騎士の格好をしており、厨二姫の護衛を名乗っているものの、ドジでヘタレなため戦いには向いておらず、またメンタルも弱いためすぐに凹んだりしてしまう。
作中で主人公の祖母に「チョロイン」と評されるほどのちょろい性格をしている。

厨二姫の手引きもあってこちらの世界ではラノベ作家として活動をしており、個別√ではそれに絡んだシナリオとなっている。
異世界――魔王にかんしても終盤に登場するものの、あっさりと終っており、他よりも異世界ファンタジー感は薄い√となっている。


ウシミツソフト オフィシャル ウェブ サイト (2)
ラグナセカ√【 S- 】  2h
厨二姫に仕える亜人のメイド。
比較的無感情ではあるが、お願いされたことは基本的に断らない奉仕の精神がある。
バイトをいくつも掛け持ちしているほか、ホテルカリフォルニアでの家事一切を担っている。

個別√では勇者の力、魔王の力についてが少しだけテーマになっている。
『恋愛』という感情自体を知らない彼女と共に過ごすことでほんの少しずつ関係性が変わってゆくシーンがメインとなっており、そのあとは基本的にラグナセカに甘えさせてもらうようなシーンが続いている。


ウシミツソフト オフィシャル ウェブ サイト (3)
碓氷 鈴華√【 S-- 】  2h
主人公の幼馴染。
幼い頃に一緒に遊んだことはあったものの、しばらく見ないうちに中二病に侵されてしまっており、自分の事を大いなる錬金術師だと自称しているが、作中では唯一の一般人でもある。ちなみに実家は板金工房。

基本的に中二病ではあるものの、主人公の事が昔から好きであった様子であることは非常にわかりやすい。
個別√では二人で本物の勇者らしくなるため、『レベリング』という名のアニメ鑑賞や地域へのボランティア活動等いわゆる”デート”をして過ごすシーンがメイン。
イチャラブ以外についての内容が全くなく、打ち切りENDのような終わり方をするのが特徴。


[ 主人公 ] 太刀風 柾
基本的に正常な人物として挙げられてはいるものの、スペック等はあまり高くない。
異常に時代劇が好き。


【推奨攻略順 : ステラ→鈴華→ラグナセカ→厨二姫 】
好きな攻略順でよい、ネタバレもロックもない。


CG : 【 S- 】
立ち絵に関しては非常に安定している。
CGに関しては全体的に劣悪で遠近感やパースがくるっているものが見られ、商用レベルに達していない。
背景は安っぽいCGが中心で、場面によってはテイストも違う。
SD絵は1枚存在。


音楽 : 【 S-- 】
BGM22曲、Vo曲1曲(ED)という構成。
BGMは音量の問題もあってか全体的にしずかで印象に残らない。
ED曲は電波系。


お勧め度 : 【 A++ 】
ストーリーや音楽、画像、設定…なに一つとってもおすすめはできないし、しない。


総合評価 : 【 A++ 】
取りあえず完成させた…という感じの作品であり、商用レベルというよりは同人に毛が生えたような作品でありこの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
割と上の方で正直に語っているのだけれど、ストーリーに関してはとりあえずボロボロと言っていいだろう。
話を完成させてはいるものの「え、ここで終わるの?」ってものがあったり、話に矛盾があったり、都合が良すぎる展開だったり…。
いや、ある程度なら許せたりはするんだけどこれはひどすぎる。
中身も本当に無いといっていいくらい中身がないしな。
感想書くのに苦労するレベルだった…うん。

誤字も目に付きすぎるくらいだし、文字が画面からはみ出してる部分も1カ所じゃなかったからなぁ…少なくとも誰一人テストプレイをしていないことは分かるレベルのミスが目に付く。
CGも急いで書きました! みたいなのがわかってしまうわ…本当に綺麗なのは立ち絵と一部宣伝用CGみたいなところだけだからなぁ…。
システム面も割と原始的なところが多かったし、これを商用って言って出すのはほかの作品に少し失礼なのかも…。
まぁ1作目だし…というのもあるんだけど、それでもやっぱり誰か一人テストプレイくらいはやらないとなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<レビュー]消えた世界と月と少女の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]IxSHE Tellの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |