FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]将軍様はお年頃の感想
2018-05-17 Thu 00:00
<作品名>     将軍様はお年頃
<製作会社名>   ALcot



将軍様はお年頃
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S 】
ALcotの『新本』シリーズ、第四作目。
300年前の江都時代にタイムスリップした主人公が大江都八百八町を舞台として悪党退治を行う勧善懲悪のラブコメ作品。。
特殊な設定ではあるものの、シナリオ自体はコメディ要素の強い萌えゲーといったテイストの作品になっており、(※これは時空の違う話です)という建前のもとに都合の悪い部分は思い切って史実から改変しているため、ALcotの得意分野ともいえる魅力的なキャラクターを自由に動かしていたのが印象的。
だからこそ歴史にあまり詳しくなくてもプレイしていて問題ないというのは強い利点の一つだろう。

少し印象的だったのが各ルートでの真相の語られ方について。
タイムスリップの原因がわかるのは珠樹√、すべての√での黒幕の話が出るのがおりん√と、メインから少し外れていそうな二人に重点的にネタバレ要素となる点がシナリオに含まれており、攻略順については少しだけ気にしておいた方がよさそう。


共通√【 S 】  3h
主人公がタイムスリップをするところから、義宗らと協力して一つの大きな事件を解決するまでを描いている。
特殊な作品の導入部と言うこともあり、TIPSなども含めてしっかりと時代感の説明がなされており、キャラクターの雰囲気や魅力などが分かりやすく伝わる内容となっている。
基本的に物語自体は勧善懲悪の分かりやすい構造となっており、多少読み流したとしてもおいていかれることは無く、幅広く多くの人にとって読みやすい内容となっている。
その反面、一つ一つの出来事や描写に対しての深みがあまり無いところが欠点ともいえる。


将軍様はお年頃 徳田 義宗 |ALcot アルコット
徳田 義宗√【 S 】  3h
城下では姿を偽っているが、江都幕府八代将軍、徳河吉宗その人。
利発で度胸もあるため多くの改革を行う一方で、清廉潔白で真面目な性格から時折城下に降りては悪者退治をしている。
世間を知らずに成長してきたので、やる気と結果が空回りすることもある。

「自分より強い人を婿にする」という言葉を発端とする一連のラブコメ話が前半、後半は江都を大火の地獄へと変えようとする魔の手との闘いになっている。
将軍としての真面目で実直な部分とは別に、『貧乏旗本の三女』として行動する際の活き活きとした素顔や抱える重責によって悩む姿、そしてそれでも前を見据えて進むことのできる力強い部分。
彼女のいろいろな部分を垣間見ることができる√となっている。


将軍様はお年頃 徳河 宗春 |ALcot アルコット
徳河 宗春√【 S 】  3h
義宗の親戚で『終張』のお姫様。
甘い物好きデ勇名であり、城下では「あんみつ姫」として親しまれている。
妙な色香があり、艶やかな行動で主人公を翻弄することも多いが、実際は経験がなく初心なため、その行動が元で自分の首を締めてしまうことも多い。

個別√では彼女の実家である終張の当主との対決がメインとなっており、宗春を取り巻く様々な問題を二人で力を合わせて乗り越え、絆が深まってゆく様子が描かれている。
本当は初心な宗春の持つ、力強い真っすぐな信念に心を揺さぶられる人もいるはず。
戦闘シーンや日常シーンにおいては他の√に及ばないものの、悪を倒すというカタルシスに関しては分かりやすく、攻略後もすがすがしい気持ちでいられる話となっている。


将軍様はお年頃 三衣 珠樹 |ALcot アルコット
三衣 珠樹√【 S+ 】  3h
主人公の妹で主人公と共にタイムスリップしてきた現代人。
元気で明るく前向きなブラコン妹。
タイムスリップ前とは違い、元の体の持ち主は体が弱かったため、時折無理しては寝込んでしまうこともある。

個別√は噂の人斬りである『死神』との戦闘、そして珠樹の実家である『越後屋』を巻き込んだ大口屋の若旦那との対決をメインに描いた物語。
ただイチャイチャするだけの話にはとどまらず、作中では守られることの多い珠樹の持つ母性に気が付くシーンもあったりと新しい発見も多い。
特に終盤のシーンでは他の√と違い泣きシーンも用意されており、特におりんから端を発する感情を吐露するシーンは秀逸と言える。


将軍様はお年頃 りん |ALcot アルコット
おりん√【 S 】  3h
主人公の住む長屋に住む少女。
警戒心が非常に強く、初めて出会う人間には人見知りをするが、仕事には一生懸命で『万屋おりん』として各所で手伝う姿を見ることが出来る。

個別√では一連の騒動の後、新たに御庭番となった彼女と共に江都に蔓延る『七不思議』の謎を解いてゆくことになる。
私生活だけではなく仕事の時も共に過ごすことで、相棒として二人の絆が深まってゆく様子がじっくりと描かれており、彼女のかわいらしい所を存分に味わえる。
彼女のルーツなどはもちろんだが、他の√での伏線なども回収される√となっており、一番のネタバレ√にもなっている。


[ 主人公 ] 神泉 信行
妹の珠樹と共に300年前の『江都』にタイムスリップした青年。
元々は病弱だったためヒーローにあこがれていた。
タイムスリップした後は秘法「霊刀・烈斬」の協力を得て、江都最強の剣客としてヒロインたちと活躍をする。


【推奨攻略順 : 義宗→宗春→おりん→珠樹 】
攻略順にロックこそないものの、おりんや珠樹√は物語の性質上最後に回したほうが作品を長く楽しめるはず。

CG : 【 S 】
線が細く淡い塗りの絵で、全体的に幼く見える描き方。
基本的に美麗で、特に義宗のCGではハッとさせられるほど美麗なものもいくつか存在している。
SD絵も多数存在している。
基本的に文句のつけようはないのだが、主人公の髪型がCGによって多少違うのは少しだけ気になるところ。


音楽 : 【 S+ 】
BGM32曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
BGMはアレンジを含めているとはいえ豊富で、各キャラテーマの他にシーンに合わせたものを複数用意している。
特に印象的なのが勝利確定時に流れるOPアレンジの「悪の栄えた試しなし!」で、和テイストでありながらオーケストラを上手く使いこなした良曲。
Vo曲でもやはりOPの「純情可憐な恋の華」のサビ部分は秀逸。


お勧め度 : 【 S+ 】
歴史部分だけに限らず、各ルートにおいてあまり頭をひねらずとも答えが出るようなシナリオ展開になっているので、深く考えずにキャラクターに萌えたい人や、作品の雰囲気に浸りたい人にお勧めしやすい作品となっている。
また珠樹√では泣きシーンもきちんとあり、宣伝文句ともなっている笑えて少し泣けるシナリオになっていると言えるだろう。


総合評価 : 【 S 】
シナリオは平均より少し上といった体だが、やはりブランド物ということもあってそのほかがとても安定している作品と言え、気持ちではもう一段階上。


(ぶっちゃけコーナー)
毎度のことながら萌えゲーテイストの作品ではある。
だからこそ、シナリオも割と薄めなんだろうなぁ。
けれどもボリュームは結構あるのにプレイしていて飽きないのは、この辺つくり方が巧いからなのかもしれないなぁ。
キャラクターの魅力を伝えるという所に重点をおいたしっかりとしたシナリオで、なおかつ勧善懲悪の作品というのもポイントが高いかも。
こういうのって基本的に王道の流れにさえ従っていればそう悪い物にはならないし、今回は『萌え』という部分が魅せたいもののTOPにあるわけだから、作品の趣旨と凄い合ってた気がするわ。
内容も丁度いいスカッと具合とでもいえばいいのだろうか、あんまり大仰すぎるとラブコメの範疇から外れてしまうしな。
あといつもと少し違うのは、泣きシーンもちゃんと抑えてたところは好感度が高い。
珠樹の最後のシーンはやっぱりああでないとなぁ。
評価としては平均程度になっちゃってるんだけど、今までのシリーズが好きな人はもちろん幅広い人に受け取ってもらえる作品だと思う。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]IxSHE Tellの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]グリザイア ファントムトリガー 第4巻の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |