FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]面影レイルバックの感想
2017-12-28 Thu 00:00
<作品名>     面影レイルバック
<製作会社名>   ハイクオソフト


面影レイルバック
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S 】
電車の終着駅である『櫓名』を舞台とした、開発したい吉岡家と土地を守っていきたい櫓名家(地元民)との土地開発の対立と『再会』をテーマとした作品。

テーマとしてはかなりヘビーなものではあるが櫓名の面々は非常にのんびりとしており、そういった雰囲気がちょくちょくと垣間見えるため、プレイ中のストレスは意外と少ないが、全体的に雰囲気を重視するあまりにゴチャっとした文章になっている。
特に地の文の立ち位置(視点)がコロコロと変わるため、状況把握が一歩遅れる部分があり、意味が分かりにくいと言うことはないにせよ、読み手に対する配慮がないことが難点。
状況以上に登場人物がかなり多い作品なので(その割にシナリオは短い)、状況理解と共にそのあたりを把握するのに一苦労すると言うのが現状。

また共通はともかく個別√がかなり短いことも悪価の一つとなっている。
すぐに告白タイムに入ることはもちろんだが、その後に展開にしてもエピソードは基本的にトビトビになっており、全体的なシナリオはかなり乏しいと言って良い。
全キャラ攻略後には冬編ということでショートシナリオが解禁される。
こちらも全部あわせても1hほど、となっている。。

なおプレイ前には「泥亀の月」か特典の「椎名杳子の取材記録」をプレイすることを推奨する。評価が変わる可能性がある。(イロイロな意味で)


泥亀の月

泥亀の月√ 【 S++ 】  2-3h
正確には別作品となるが、面影レイルバックの主人公の父親をメインに添えた8年前からのお話であり、樹里のスタートともいえる作品の前日譚。
内容は非常に無骨なものでありながらも秀逸年かいい用がないシナリオ。
最初こそ驚きが多いが雰囲気に慣れれば、描写は的確でだからこそ自分の好きな部分だけを想像で補うものになっており、クセになる物語。
物語の最初にふさわしい短く濃い話となっており、共通√に入っていないことが悔やまれるレベル。
各サイトで無料配信されており、声が入っていないことが懸念としてあげられるが(特典「椎名杳子の取材記録」にはあるらしい?)、むしろ入っていないことで想像力が掻き立てられる物となっている。


共通√ 【 S-- 】  2-3h
発端となる櫓名の地や人々の紹介、そして主人公と樹里の登場による人間関係の変化、状況こそ簡単ではあるものの登場人物の多さのために分かりにくくなっている部分が描写されている。
そのほかメインの事件も含まれているものの、内容に反して非常に描写の薄いものになっている。
また、各個別ルートはその後の処理などで差分化されている印象を受ける。


面影レイルバック (2)
櫓名 いろは√ 【 S-- 】  1h
櫓名における土地を所有する当主。
過去の強引な地上げによる『吉岡』への敵意を持つ櫓名において、その吉岡の跡取りとなる主人公の正志に一目ぼれをしてしまう。
素直を絵にかいたような少女ではあるが、当主としての使命感は強く、ここぞというときの決断力は見もの。


面影レイルバック (3)
北浜 綾 √【 S-- 】  1h
櫓名では名誉とされる『当主毒味役』として幼い頃からいろはに仕えてきた少女。
当主のために身を捧げることを当然と考えており、無警戒ないろはに代わって警戒をすることもあるためか性格がきつく見える。
しかしながら、駄菓子屋で浪費してしまう可愛い一面も。

何の疑問も抱かずに『毒味役』を担おうとする綾に、樹里が待ったの声をかけたことで、自分に疑問を持った綾は『毒味役』以外の自分を見てほしいということで、一時的にその役を解任してもらい二人で過ごすことになるというお話。
なかなか自分の感情に素直になれない綾だったが、いろはの助言もありすなおになってからは甘い時間を二人で過ごしており、綾のドジで可愛いシーンが多くみられる。
いろはの事が完全に投げ出されていたのが残念。


面影レイルバック
吉岡 樹理√【 S-- 】  1h
吉岡建設最高経営責任者。
主人公の正志を吉岡家の義弟として吉岡建設の跡取りとして迎え入れた張本人。
経営に関してのすさまじいまでの能力があり、その世界にどっぷりと漬かってしまっているせいか少々常識はずれな行動もみられるが、正志の事となると一人の少女として数少ない親友のコービー、カービーとガールズトークをすることもある。

個別√では危機的状況を脱した二人の仲が一気に発展する展開となっている。
樹里の立場や主人公の立場の話がメインとなっているほか、今まで気持ちをため続けていた樹里のタガが外れる√でもある。
シナリオが短い中で精いっぱいいろはについて処理をした事については好印象。


面影レイルバック (1)
塩崎 檸檬√【 S-- 】  1h
吉岡建設における樹里の台頭を支えてきた秘書であり、吉岡邸の家政婦長。
実務能力も高く、代行として樹里の代わりに行動することも多い。
掃除が生き甲斐と言っていいほど好きでそれ以外には興味がない無感情な人間に見えるが、「今期を逃している」と心配を口にする一面もある。

後半の展開でケガをした主人公の面倒を見ることになった檸檬だったが、その行為が掃除と同じくらいに快感を得られることに気が付き…というお話。
無感情に見える檸檬の心がすこしだけ柔らかくなり、甘い雰囲気を感じることができる√。


[ 主人公 ] 吉岡 正志
今作の主人公。
基本的に寡黙っぽい性格で、会話をするシーンは主に地の文描写されており、吉岡のことに関してもそうだが基本的に巻き込まれ体質。
義妹のなのはのことを溺愛している。
同会社作品『さくらさくら』にて登場している。

【推奨攻略順 : 檸檬→綾→いろは→樹里 】
攻略順は基本的に自由だが、いろは&綾(ハーレム)√のみ、ロックがかかっている。
その他各キャラクタールート後に冬編が解禁される。


CG : 【 S 】
線は太く濃い塗りの固めの絵。
全体的な完成度は可もなく不可もなくといったところ。
立ち絵だけではなくイベントCGにも目パチ、口パク機能がある。
SD絵はシナリオに時折挿入される程度の物が一部存在。


音楽 : 【 S 】
BGM曲、Vo曲2曲(OP/ED)と言う構成。
BGMでは全体的に古き良きといった印象を受けるものになっており、特に3つのバリエーションがある「きらめく世界」はどこか懐かしく郷愁を煽るものとなっている。。
Vo曲ではなんといってもタイトル画面でも流れるOP、茶太さんの「面影レイルバック」だろう。どこか懐かしくなるゆったりとしたAメロBメロに対しての不思議なサビはいつまでも聞いていられる名曲。


お勧め度 : 【 S 】
田舎を舞台にしたハートフルなストーリー…ではあるのだが、いかんせん「泥亀の月」の出来に対しての本編のクオリティが低い。
上記の作品が良かったと思っても一歩考える必要があり、10th企画ということではあるのだが、購入にはハードルがある。


総合評価 : 【 S 】
各個別√が壊滅的な作品ということもあり評価としてはまだまだ低くしたいところだが、それを補えるほどの「泥亀の月」のシナリオもありこの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
『さくらさくら』くらいしかプレイしたことなく、ハイクオソフト自体には詳しくはないんだけど、半信半疑で「泥亀の月」をプレイした時、「これは!」と久しぶりに思うほど良かったんだよね。
すごく粗野というか無骨というか、そっけない文章なんだけど、だからこそ登場人物の荒々しさみたいなのが如実に描ききれてる感じがした。
泥マサのあまり語らないところも、そこにマッチしてた。
ただ、それで全部行くわけでもなく、なんか中途半端に萌えゲーっぽさというか、かわいさみたいなのを売りにした…といっていいのかわからないけど、すごく中途半端。
まぁ個別のシナリオ分量がまったくないというあたりで「最初でネタ切れだったの?」と思わざるを得ないけれども…。
なんにせよ、根本に光るものが見られる作品ではあったのだけども造りきれなかったと言う感じがする作品。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]ツギハギめいくぴーす!の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]ALIA’s CARNIVAL! Flowering Skyの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |