FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ハーヴェストオーバーレイ リコネクションの感想
2017-12-19 Tue 00:00
<作品名>     ハーヴェストオーバーレイ リコネクション
<製作会社名>   戯画


ハーヴェストオーバーレイ リコネクション
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S 】
前作「ハーヴェストオーバーレイ」にアップデートパッチの形式をとって、シナリオを増やしており、新ヒロインとして初乃と持子のルートが追加されている。
個別√だけではなく、共通ルートにもおもに初乃に関連したイベントが追加されており、割ときれいに挿入されているため違和感には気が付きにくい。
しかしながら個別√と共通ルート一部という、リコネクションだけの追加分だけを考えるとボリュームとしては乏しいと言えるだろう。
また各々のキャラ攻略後に追加シーンの鑑賞ができるほか、黄金井莉央のショートストーリーも閲覧可能になる。


戯画『ハーヴェストオーバーレイ リコネクション』 (1)
一条 初乃√ 【 S 】  3-4h
完全新規ヒロイン。
隣町の女学園に通う少女で成績優秀、運動能力もよく、家事もできるという万能少女だが、引っ込み思案で他人の前だと空回りすることも多い。
ハーヴェストでは死神装束で他の違反プレイヤーを血祭りにあげており、「死の魔女」として噂になっている。

街のゲームセンターで遊んでいる初乃との出会い、そして倉庫街でハーヴェスト違反者を容赦なく倒す「死の魔女」としての出会い、2度の出会いを経て初乃の下僕となる主人公。
一緒に違反者を取り締まったり、ハーヴェストのクエスト一緒にをこなす、など共通ルートでは新規のイベントが用意されており、一部は既存ヒロインと絡むシーンもある。

個別√は彼女がいつも連れているブリニクルに関連した問題と、彼女自身が抱える「弱さ」の話を上手くリンクさせたものになっており、泣きシーンなどもきちんと作られているところも評価。
通常モードのおどおどした彼女と、スイッチが入った後のS度が高い中二モードの彼女という面白い二面性を持つ彼女を中心としたシナリオは笑って楽しめる話になっている。


戯画『ハーヴェストオーバーレイ リコネクション』
京月 持子√ 【 S 】  3-4h
前作からの昇格ヒロイン。
有名だったゲーム「チェリーブロッサム」と深いかかわりがある少女で、「ハーヴェスト」にも何らかの形でかかわっていると予想されている。
基本的に外を出ることを嫌い引きこもり生活を続ける日々で、ゆうかと共に暮らしている。

他の前作ヒロイン√と同じく、指輪を持子に渡すことを決めるところから個別√に入る。
自作のゲームの制作ヒントを与えるため持子を学校へ連れて行く等、指輪の話と絡めて一緒の時間を過ごすことで彼女の抱える問題が如実に浮かんでくる。

このシナリオは前作で少し語られた持子の話やゆうか√にも深く絡んでおり、この作品のメインコンテンツ『ハーヴェスト』をメインテーマとしたシナリオとなっている。
より近未来を意識したないようのシナリオは少々難しい内容もあるものの、基本的にわかりやすく解説してくれている点は前作と同様で、舞台の雰囲気を壊すことなく気軽な気分で楽しめるように作られている。
いわば「リコネクション」のメインシナリオと言っても過言ではなく、続編的立ち位置のシナリオとなっている。


【推奨攻略順 : 初乃→持子 】
新規追加√はこの二人だけなので。
持子√は話の内容的にも一番最後が望ましい。


CG : 【 S 】
前作同様の質感の絵。
初乃と持子についてのイベントCGが他のヒロインと同程度に追加されている。


音楽 : 【 - 】
不明。
Vo曲については追加無。
BGMに関しても新規曲がどれなのかは不明。


お勧め度 : 【 S 】
アップデート形式なので、前作をインストール(プレイ)していないと楽しめないのは前提条件となっている。
前作でも魅力的だった近未来作品としての魅力は健在で体感的には前作と今回の「リコネクション」を含めて一つの作品として完成とした印象。
テーマとして挙げられている「ゲーム」というものについて、「ハーヴェスト」が見せてくれる幸せな未来という観点から新しい物語が作られている。


総合評価 : 【 S 】
内容的には続編的な部分が大いにありシナリオの完成度も悪くないのだが、どうしてもアップデート方式という所に手抜き感があるように思え、抑えめのこの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
やっぱりどうしても感じてしまうのは、「前作にこれ入れれなかったの!?」ということ。
「リコネクション」というタイトル通り、作品自体が「ハーヴェストオーバーレイ」に再接続することで、√やシナリオが増える仕組みになっている。
ただ、アップデートという感じがしてしまってFDとしては少々物足りないような気がするんだよな…。追加要素が少なく感じる気がするし。
(これより悪い作品はあるんだけどなぁ…)
初乃はともかく持子の内容は前作に含んでおいてほしい、とそう思ってしまうほど根幹的で一般的な作品でいうグランドルート的なシナリオ。
他の追加要素も少なくてこれじゃ、分割商法と言われても仕方がないかもしれんよなぁ。
近未来ふうの舞台とかARを駆使したゲームイベントとか、思った以上に世界観が作られていて、全体的に嫌いな作品じゃないだけに惜しいところ。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]ココロ@ファンクション! NEOの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]この大空に、翼をひろげて SNOW PRESENTSの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |