自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]この大空に、翼をひろげて SNOW PRESENTSの感想
2017-12-18 Mon 00:00
<作品名>     この大空に、翼をひろげて SNOW PRESENTS
<製作会社名>   PULLTOP


この大空に、翼をひろげて SNOW PRESENTS
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シナリオ : 【 S 】
本編後とソアリング部アフターの間、碧たちが4年生の冬休みを舞台にした作品であり、ソアリング部での冬合宿を終えた碧と小鳥トビウオ荘での疑似同棲をメインとした作品。

作品は年末の約2週間の話となっており、カレンダーから各イベントチャプターを選択する方式をとっており、特定チャプターをクリアすることで選択肢が増えたり、話の続きが読めたりする。

足が不自由だった小鳥がリハビリを行うなかで目標とすることを羅列した「やりたいことノート」と題したノートを作成しており、そのノートの存在を知った碧がその願いをひそかにかなえてゆく…という内容になっており、基本的に最初から最後まで二人のイチャラブストーリーとなっている。

全イベントCG以外だけではなく立ち絵を3Dモデリングしていたり、録音をバイノーラルにしていたりとシナリオ以外にも没入感を煽る形式をとっている。


【推奨攻略順 : 無し 】
√が存在しないため、攻略順も存在しない。
選択チャプターは日付順でよいが、コンプリートの為には特定チャプターを見た後に既読のチャプターを再度読む必要もあるため、攻略サイトを参考にしてもよい。


CG : 【 S 】
イベントCGは2Dイラストをもとにモーションイベントムービーに。
立ち絵などは本編のOP等でも使われていた3Dモデリングをさらに進化させたものを使用しており、作中ではいろいろな動きをする小鳥が見られる。


音楽 : 【 S 】
BGM3曲、Vo曲2曲(OP+α)という構成。

OPは小鳥のキャラクターソングである「PrivateSky」が本編のテーマソングの旋律等をつかいつつ、作品の雰囲気に合わせた可愛い曲に仕上げられている。
また本編ではあまり関係ないものの「Perfect sky 合唱Ver」等もセリフ入りでまた違う魅力のあるボーカルソングとなっている。


お勧め度 : 【 S 】
ころげての小鳥ファンのための作品。
シナリオとしては短いのでそこだけは残念だが、それ以外という意味では3Dモデリング等を非常に頑張っており、FDとしての新しい可能性を感じる作品。
もちろん、ころげてをやっていないならあまり面白く感じられないだろう。


総合評価 : 【 S 】
FDとしては評価しずらく取りあえずこの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
『ころげて』自体がまぁ凄い作品だからね、普通に面白いわ。
各3D描写とバイノーラルの愛称はすごいね、この次はVRくらいしかないだろうしなぁ。
没入感という意味ではレベルも高く、シナリオも薄いけどサクサク読めるから飽きも来ないよね。だからかもしれないけど、純粋に「小鳥ってこんなにかわいかったっけ!?」ってなる作品だと思うわ。

作り手の小鳥への愛がひしひしと伝わるんだよね、スタッフに愛されてるわ。。。
正式に「ころげて」のアフターが出ている事やメインとしてイチャラブが押されているってところとか、あとはやっぱりあの作品への熱い想いみたいなのが変わったらいやだな~というのがあってこの作品は実は長い間手を付けていなかったんだけど、全く別物として受け入れられるもんだな。
一層、あの空へ熱い情熱を向ける作品に帰ってきてほしいという想いがつよくなったわ。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]ハーヴェストオーバーレイ リコネクションの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢-の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |