自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢-の感想
2017-12-17 Sun 00:00
<作品名>     アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢-
<製作会社名>   Favorite


アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢-
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S 】
アストラエアの白き永遠のFD作品。
メインとして据えられている幸のGRAND√以外に1h程度のヒロインアフター√が6本、IFストーリーのようなSSが2本あり、全体的にFDとしてはボリュームも十分と言えるだろう。

内容としてはGRAND√を含めて全体的に補足的な意味合いが強く、そのあたりでやはり「続編」ではなく「FD」と認識する部分が多い。


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢
白羽 幸√ 【 S 】  6h
『YUKI GRAND STORY』という名前がついていることからわかる通り、主人公の姉である幸をメインに据えたこの作品のメインともいえる話となっており、前作の雪々√から少しだけ外れた世界での、3年目の冬から春を迎えるまでのお話。
幸と主人公に本来過ごすはずだった姉弟の時間を過ごしてほしいと突如として姿を消してしまう雪々。
雪々が帰ってくることを祈って二人暮らしをすると同時に、夢の中では雪々を探すため、幸と雪々の過去を紐解いてゆくことになる。

シナリオとしては前作では語り切れなかったルーン発生の理由や『白羽 幸』『雪々』。この作品の根幹にまつわる設定等がはっきりとわかる√になっており、√自体のボリュームや泣きシーンでの演出など他のシナリオとの違い、正当な続編として描かれている部分が多くみられる内容となっている。
お姉さんぶりたいけれど、経験や能力がそれに追いついておらずヤキモキする幸がたくさんみれる√となっている。。


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢 (1)
雪々√ 【 S 】  1h
雪々と続ける旅の途中、体力的にも限界が近づいていた主人公の休息のために月ヶ咲へと戻ってきた。
懐かしい面々に怒られながらも喜んで迎えられる二人だったが、雪々のためにエルフィンを探す旅を続ける必要があって…能力供給に限界が来たあの日に絆を切ってから再び絆を結ぶまで、希望を得て再び旅へと戻るための物語。

子供っぽい雪々が見せる無邪気な様子がたくさん描かれる一方で、シリアスシーンでの切なくも大人っぽい雰囲気もしっかりと見せてくれる。
主要キャラのほぼ全てが登場する珍しい√でもある。


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢 (2)
橘 落葉√ 【 S 】  1h
共に進級し3年生として月ヶ咲での冬を迎えた落葉と主人公。
二人の仲は良好だけれど、夜の生活では落葉の能力(ルーン)「エムパシー」によって落葉の本心が主人公へ漏れてしまうという悩みが。。。
それがどうしても恥ずかしいけれど、それでも能力の事は否定したくない、そんな落葉がとった秘策とは。

基本的にずっとイチャイチャしているお話だけれど、葉月の話もあったりして家族的な温かさも味わえる√。


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢 (3)
夕凪 一夏√ 【 S- 】  1h
夢のために日々勉強を続ける一夏。
苦手なことを続ける日々でたまってゆくストレスを発散させるため、故郷である鳳島へとゆくことに。
姉である美晴と会い夢や大切なことを再確認し、再出発するためのストーリー。

いつも元気で素直な、そして主人公の事が好きでたまらない、そんな一夏を見ることができる√となっている。


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢 (4)
蛍 りんね√ 【 S 】  1h
組織へと戻っていた二人だが、再び月ヶ咲で「雪」が振り始めたことを知り、任務として調査のために再び月ヶ咲へと訪れることになった。
月ヶ園での懐かしい面々との出会いもそこそこに、調査を進めることで思わぬ人物が「雪」を降らせていたことだけではなく、二人の父親についても知ることができ、そしてある人を助けるためにエルフィンとしての人生を歩んでゆく事になった。

隠しているようで本音がポロポロと漏れてしまうリンネが心酔というレベルでブラコンになった様子が描かれている√。


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢 (5)
コロナ√ 【 S- 】  1h
火星での大事件を乗り越えた後、エルフィンノーツとしての慰安旅行として月ヶ咲を訪れたコロナと主人公。
妖精と人間の架け橋としての進路を悩む二人の前に琴音や累といった懐かしい面々が現れることでみんなからの想いや初心を思い出して、再び共生への道へと邁進することを決めるストーリー。

主人公とのやり取りで大人になったと感じる一面、未来に悩み危うさを感じる幼いコロナが描かれており、かなり人間離れしてきた能力シーンも見どころの一つ。


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢 (6)
水ノ瀬 琴里√ 【 S- 】  1h
主人公と付き合いだしてから数か月後の話。
休み時間に主人公の教室に来たりと「デレ」を見せてはいるものの、まだまだ物腰が堅く「ツンツン」しており「デレ」が足りないとひなたに指摘された琴里。
試行錯誤しながら、琴里なりの「デレ」を模索してゆく…そんなストーリー。

ツンデレの代表、琴里の「ツンツン」としつつも中身は「デレッデレ」な主人公とのやり取りを存分にタノン脳出来る√


アストラエアの白き永遠 Finale 白き星の夢 (7)
橘 葉月√ 【 S- 】  0.5h
落葉の妹、葉月のショートストーリー。
父親である局長から送られてきた魔法のステッキでルーンが使えるようになった葉月は魔法少女「ムーンリーフ」として、町の平和を守ることに。

グランドr…ロリコン√。
基本的にネタですけど、葉月はずっとかわいいです。
ネタとしてはある意味作品中で一番面白い。


今崎 ひなた√ 【 S 】  0.25h
前作では友人ポジションだったひなたの超ショートストーリー。
とある日のもしかしたらありえたかもしれない恋物語。

いつも元気なひなたの切なくも乙女な部分が垣間見える√となっている。

【推奨攻略順 : 一夏→コロナ→琴里→りんね→落葉→雪々→幸→ひなた→葉月 】
上記は当方の攻略順で、基本的には好きな攻略順でよい。
なおパッチを当てなかった場合、1周目は幸√が強制的に選択される。
またパッチを当てても幸√攻略まで、ひなたと葉月√はロックがかかっている。


CG : 【 S 】
繊細で美麗な絵。淡くのっぺりとした独特の塗りは非常に安定感があり、特に立ち絵と比べてイベントCGは幼さを強く感じる。
はづk…ムーンリーフのイベントCGにも強いこだわりを感じる。
SD絵も各ルートに存在している。


音楽 : 【 S+ 】
Vo曲6曲、BGM26曲の追加。
BGMの中には一部Vo曲のアレンジBGMも存在。
今作のOPも歌う鈴湯さんは、他にも前作のOPである「White Eternity」を歌ってくれているが、これがまた透明感をもちつつしっとりと歌い上げてくれており、深々と降り積もる雪をイメージさせてくれる良曲と言えるでしょう。


お勧め度 : 【 S 】
前作「アストラエアの白き永遠」のプレイ及び記憶が必須の作品。
単体での足しむことができない代わりに、前作の内容にはガッツリ触れてくれているので準続編として楽しむこともできる。
追加コンテンツも多く値段に対してのコスパも良いFD作品と言えるだろう。


総合評価 : 【 S 】
FD作品としては良作、単体としてはこの程度。


(ぶっちゃけコーナー)
基本的には幸のGRAND√で成り立ってる作品と言っても過言ではない。
各ヒロインアフター√は1h程度のシナリオしかないから、続きが見たいという人にとっては物足りない内容になってるかも…?
飽きる前に終わるので、内容どうこうというレベルでもないしなぁ。
そういう意味では、最初に幸√をやり切ってしまったほうが作品の事も思い出せるしいいかもしれませんね。
葉月√は本当にギャグ√としてはっちゃけてたなぁ。
ギャグとしてはあれくらいやってくれた方が笑えるんだけど、作風はそういうもんでもないから難しいところだよね。
一回あれで全部作ってほしいところだけど。
演出としてはやっぱり綺麗だし、そのへんはFavoriteだなぁ…と思ったわ。
ユグドラシルの映る背景とかも幻想的だったし、そのへんは如実に評価するってわけにもいかないけど、これはこれでありなんだろうな。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]この大空に、翼をひろげて SNOW PRESENTSの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]紅い瞳に映るセカイの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |