自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]みなとカーニバルFDの感想
2017-12-14 Thu 00:00
<作品名>     みなとカーニバルFD
<製作会社名>   みなとカーニバル


みなとカーニバルFD
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。


キャラクター・シナリオ : 【 S+ 】
タイトル通り、みなとカーニバル作品のファンディスク。
作品自体は麻雀なども含まれるが、今回はゲーム部分のみ評価。

本編は大きく3つの物語に分かれており、タイトル画面から好きな話を選んでプレイすることができる。
ファンディスクらしく、辻堂さんの純愛ロードや姉小路直子と銀色の死神をメインに添えた作品であり、それぞれのキャラクターがそれぞれの話に登場するシーンもあるほか、「カーニバルVS」では姉妹ブランド作品のキャラクターが出てくることもある。
全体的にギャグ色が強く、半分以上がハーレムEDを迎えるなど、前作までのイメージにプラスしてファンディスクっぽくなっている作品と言える。


辻堂さんの純愛ロード 十三番目の天使【 S+ 】  4-5h
「辻堂さんの純愛ロード」にて、ノーマルED後の約1年後の話。
新規追加ヒロインとして由比を迎えた話となっている。
ギャグ要素だけではなく、バトル要素やニヤニヤしてしまう恋愛要素など「辻堂さん」シリーズには欠かせない雰囲気が帰ってきてくれている。
特に今までバトル要素では愛やマキに後れを見せ、どうしても見せ場が少なかった恋奈のシーンがあったのが個人的な高評価。

1周目は強制的に由比√だが、2週目以降にはハーレムEDともいえる恋奈&よい子END、マキ&梓ENDがクリアできるほか、1年越しの愛の√なども存在。
ハーレムEDや愛ENDなどはギャグテイストの強い、BADEND風の物や、後日談が少し変わる程度の物なので期待しすぎには注意。


姉小路直子と銀色の死神 小和田の白い夜【 S 】  3-4h
「姉小路直子と銀色の死神」でのノーマルED後の話。
こちらも新規キャラクター、ローリ(通称ロリ姉)を迎え、一つの事件を切っ掛けとなり小和田を舞台として大きな出来事発展してゆくという内容になっており、「辻堂」シリーズとは違った軍との戦いや、サブキャラクターを含めたバトルシーンは見もの。
もちろんローリENDがあるほか、直子&キルスティのハーレムEND、新規ヒロイン省略した鬼塚ENDもあり、特に鬼塚√はローリと並んで彼女の魅力が多く伝わるボリュームの内容になっていたのが好印象。

なお、「辻堂さんの純愛ロード」とは世界観を同じにしており、愛と大がくっついた後の世界であることが確認できる。


カーニバルVS【 S 】  1h
湘南でのカーニバルがテーマとなっており、みなとカーニバルの過去作からはもちろん、みなとソフトの全作品や、その他多くの関連会社の作品から多くのキャラクターが善悪問わず登場する内容となっている。
バトルシーンなんかも一部含まれてはいるものの、シナリオの内容はほとんどなく、中の人ネタをふくむギャグのオンパレードが中心。
全キャラ分かる…という人は数少ないはず。


【推奨攻略順 : 辻堂さんの純愛ロード→姉小路直子と銀色の死神→カーニバルVS 】
辻堂√に一部ロックがある以外は、攻略順に特に指定はない。
強いて言うなら上記順番にやると問題が少ない。

CG : 【 S 】
線が細く濃い塗りで、硬い印象を受ける絵。
立ち絵等はほとんど過去作からの使いまわしではあるが、新キャラ等も含めて新規立ち絵が一部追加されているキャラも存在。
イベントCGにおいても、新規キャラと同様に今までスポットが当たらなかったキャラクターのCGが多く用意されているイメージ。
質・量ともに全体的にレベルが高いことは言うまでもないだろう。


音楽 : 【 S 】
BGM?曲、Vo1曲(OP)という構成。
正直BGMに関してはどれが新規の曲なのかが不明。
Vo曲ははカーニバルという曲がOPとして使用されている。


お勧め度 : 【 S+ 】
同会社(同系列会社)作品の内容が多分に出てくる作品であり、内容を十分に理解するためには最低でも「辻堂さんの純愛ロード」と「姉小路直子と銀色の死神」のプレイは必須と考えてよいだろう。
逆にその2点をプレイして、みなとカーニバルやみなとそふとの会社作品が好きな方には十二分におすすめしやすいファンディスクとなっている。


総合評価 : 【 S+ 】
みなとカーニバル全体としてのファンディスク作品。ギャグもかわらず面白かったし、ファンディスクの出来としては十二分と言えるだろう。


(ぶっちゃけコーナー)
作品のメインとなるのは十三番目の天使と小和田の白い夜で、カーニバルはほとんどサービスと言ってよさそうだね。
…みなとそふとからだけではなくmiraiあたりからも出て他のは驚いたわ。
個人的には久しぶりに川神あたりの人々が見れたのも嬉しい。
立ち絵を並べると、グラフィックの進歩の歴史が見て取れるのも一つの印象かな。
作中はほんとにいろんなギャグをぶっこんでくるから、やっぱ元祖ギャグゲー…というと、きゃんでぃそふとあたりに怒られそうだが、十二分に古株の力を見せてもらった気がするわ。
作品ではなく会社単位でのFDってのもそういえば珍しいかなぁ、まぁ殆どは辻堂さんと姉小路の2作品の合同FDともいえるけど。
ほんとに会社でいろんなキャラを出すからカオス感がハンパないというのを、作品を通して再度感じたわ。。。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]ワガママハイスペックOCの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | 明日から1週間と少し>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |