自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ことのはアムリラートの感想
2017-12-07 Thu 00:00
<作品名>     ことのはアムリラート
<製作会社名>   SukerasParo


ことのは・アムリラート
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シナリオ : 【 S 】 6-7h
主人公の『高遠 凛』はある日突然異世界に飛ばされて、言葉も通じず困っていたところを天使のような少女『ルカ』に助けられたのだった――。

主人公の飛ばされた異世界は建物や文化などは非常に酷似しており、大きく違うのはピンク色の空と使われている「ユリアーモ」という言語であり、世界に来たばかりで何も知らない凛はルカやレイといった優しい人たちの助けを受けながらもヴィスタント――訪問者として異世界に馴染んでいく過程を描いた作品となっている。

作中のメインともいえるのがエスペラント語という人工言語をもとに作られたゲーム中の言語「ユリアーモ」であり、それらを”学ぶ”シーンや専用のミニゲーム、辞書などが用意されている。
また作中の登場人物の多くはこの「ユリアーモ」で喋る為、一部の会話が理解できないシーンも多々存在している。
いずれかの√クリアで完全訳を表示することができるので、それらの不明な会話を理解したい場合は全体を2週する必要がある。

登場人物からもわかるが全年齢対象の百合ADVとなっており、表現的にもかなり抑えたものになっていることが多く、物語の中心が「言語の習得」という部分にある事から展開や場面においてもそれらが占める割合が多く、イチャイチャシーンのようなものはかなり少なめ。
しかしながら、シナリオとしては異世界に一人で迷い込んでしまった凛の心情を緻密に描き出すなどして、泣きシーンもいくつか存在している。
しかしながら全体として5-6時間で終わってしまう内容であることや、後半の展開については分岐が3√ほどに分かれてはいるものの、共通ルートと同じくボリュームがなく、さくっと終わるものになっており、そのあたりがシナリオ評価を下げた原因にもなっている。


【推奨攻略順 : 残留END→帰還ED→TRUE 】
基本的に攻略順と言えるほどの差分があるわけではなく、後半の選択肢のみで分岐。
攻略順も自由だが、物語的にもこの順番が望ましいだろう。


CG : 【 S 】
線が細く淡い塗りの絵で、線の一部はラフっぽい描き方をされているものもある。
全年齢対象なので、イベントCGも日常シーン用のものが中心で割と数も多めに用意されている印象を受ける。
カットイン描写が多かったのも印象的。


音楽 : 【 S 】
BGM11曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
用意されているBGMの数は少ないものの、作品自体が短いため気にならないともいえる。
全体的に強い印象のあるものはないのだが、「いつか自分たちの世界へ」は切ない旋律が特徴的で、一部の泣きシーンでは効果的に使われていた。
Vo曲としてはOPの「君へと続く道」がアップテンポで、特にエレキのかっこいい良曲。


お勧め度 : 【 S+ 】
全年齢対象の異世界百合ADV。
シナリオに関しては言語学習がメインとなっているため過度な期待をするべきではないが、泣きシーンも確かにあり、短くプレイできる百合ゲーとしては優秀ともいえる。


総合評価 : 【 S 】
シナリオのみでの評価としては、どうしても後半部分に盛り上がりがかけており、少し低めのこの評価となってしまっている。


(ぶっちゃけコーナー)
日本語の教科書のテキストを読み上げるだけで泣いてしまったゲーム。
異世界というすごい特殊な舞台に対して、凄く現実的な側面で描かれたゲームともいえる。

あまり振れなかった凛とルカの関係について。
何でも前向きに挑戦していく主人公の凛側の心の描写などはモノローグで多く表現されていたが、天使のようなやさしさを見せるルカに関しては言語の壁が邪魔をして100%の理解をすることが難しかった。そもそもお互いに惹かれていく様子自体があまり描かれていないものの、2週目ですべてのユリアーモを理解しながらプレイしていくと、不明だったルカ側の気持ち少しだけわかるようになったりとそのあたりは面白い部分。
「言語」だけをテーマとした作品としては非常に珍しく、かさねて百合ゲーであるという事はこの作品だけでしか楽しめない強みともいえる部分だろう。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<明日から1週間と少し | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]アオイロノートの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |