自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]アオイロノートの感想
2017-11-30 Thu 00:00
<作品名>     アオイロノート
<製作会社名>   ad:lib


アオイロノート
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S- 】
一部、比較的良い√(美空、玲央√)があるのも認めるが、正直なところ製品としてはなかなか認めにくいレベルで低レベルな作品。
一つはバグの多さ。
システム面としての不足というのもそうだが、既読スキップが機能として存在しているのに全スキップになっていたりする致命的な不備や、テキストとしても不自然な展開・ご都合主義な展開・異常なまでのシナリオの少なさとそれに付随した折りたためなくなった物語などなど、他にもいくつかのシーンではセリフが抜けているんじゃないかと思うほど前後がつながらない部分が一部あったり、声が入ってなかったり…。
上げだすとキリがない。
特にシナリオ部分においてはどのルートにおいても展開が急すぎる。
事前準備もなく盛り上がりシーンや泣きシーンに入り、浸る暇もなく次のシーンへ渡るという暴挙はプレイヤーを作品で楽しませようという想いが一切伝わってこない演出と言っても過言ではないはず。


共通√ 【 S- 】  2-3h
高校進学と新しい生活への描写もそこそこに数日後のある日、ある出来事から美空が「軽音同好会」を立ち上げようとするところから物語は始まる。

シナリオとしては入学の春~夏あたりを描いたものとなっており、それだけに一つ一つのイベント自体は普通に展開するのだが、日数が非常に早く流れてゆくのが印象的。
青春ラブコメディと銘打った作品ということもあり、ギャグをしつつ(あまり印象に残ってないが)、イベント消化と各キャラの説明や伏線をしっかり敷くことをメインとしており、ボリュームがかなり乏しいので、それのみを行っている印象。


アオイロノート キャラクター
青空 美空√【 S+ 】  2h
主人公のクラスメイト。
非常に美人で、近づきづらい雰囲気をしていたため友達ができなかった可愛そうな子。
友達を作るため「軽音同好会」を立ち上げようとしていたところ主人公と出会う。

個別√では体調を崩した美空にお見舞いをするところから仲が発展する。
控えめな性格とは裏腹に、謎のアグレッシブさで仲を深めようとしていく美空が印象的ではあるが、無知なゆえに純粋になんであっても楽しむことができる美空だからこそ味わえる恋愛の楽しさというものがある気がする。
シナリオとしてどこを触れてもネタバレになるため言及がむずかしいが、青春とは別のベクトルであり、昨今の作品としては珍しいほどにスッパリとした√ともいえる。
終盤の泣きシーンでは玲央も深く関わっており、この作品としては最大の見せ場ともいえるだろう。
いかんせん尺がかなり短かったことだけが残念。


アオイロノート キャラクター (1)
山吹 玲央√ 【 S 】  2h
主人公の幼馴染でクラスメイト。
運動神経がよく、明るい性格も相まって誰からも人気が高い。
主人公の事を異性として意識している部分もあるが、素直に感情に表せない様子。
ちなみに双子の弟である真央も同様に美人で運動神経もよいが、あくまで男である。

彼女の√は非常にストレートな恋愛学園物と言える内容になっている。
どの√でも失恋シーンが描かれているキャラクターだけに、結ばれた後はひとしお。
シナリオとしては主に終盤の展開だけが本編といえる。
美空の事情にも深く踏み込んだ内容になっており、主人公や美空の事が好きな玲央だからこそ起こった出来事をテーマにしており、まさに青春劇と言えるべきもの。
ところどころに急展開や不器用な部分はあるものの総じて安定した√であり、この作品を代表する√と言ってよいだろう。


アオイロノート キャラクター (2)
綾部 唯子√ 【 A 】  2h
学園の2年生で沙織と同じ元演劇部所属の先輩。
おっとりとした性格をしており、なぜか初対面のときから主人公に対して思うところがある様子だった。

個別√では何かと主人公を気に掛ける彼女にたいして、主人公も意識をしてゆくところから仲が発展してゆく。
付き合いだしてからは主人公の身を案じつつ、お姉さん属性でアグレッシブに仲を深めようとする一方で、初めての恋に浮かれ、また恥ずかしがるシーンも見られる。

唯子√のシナリオは他の√と決定的に雰囲気が違い、結構SFチックな話になっている。
やはり気になったのは物語のシステムや雰囲気と絶望的に合わないという事。
シナリオ自体は悪くないのだが、終盤のシーンでは尺が足りないためなのか、前提の雰囲気づくりが失敗したのか、純粋に作りこみが足らなかったのか…様々な原因が考えられるが、とにもかくにも主人公と唯子の言う事や考えがごっちゃになっており、結局作り手の「このシナリオがやりたい!」という想いだけが先行した内容になってしまっており、キャラクターに一切の命が吹き込まれていない。
展開的には十二分に感動する要素もあったのだが、本当にあっけなく展開してしまうので難の感想も抱かず物語が終わるイメージ。
なにより、話の整合性が全く取れないというSF√にとってあるまじき内容になっており、到底物語として完成しているといいがたい。


アオイロノート キャラクター (3)
中島 沙織√ 【 S 】  2h
学園の2年生、唯子と同じ元演劇部所属の先輩。
気が強く、男性が苦手なこともあり初対面だった際は非常に警戒された。
母子家庭のため、多くのバイトをこなしている。

個別√にて恋人関係になってからは、いつもはキツイ性格の沙織が慣れない異性に対してアタフタしたり、ドキドキするシーンが多くみられ、テンプレ的なツンデレの魅力と言えるだろう。

シナリオ自体は彼女の家庭の問題についてがテーマとなっており、どこかで聞いたことがあるようなそんなありふれた設定。
盛り上げシーンをきちんと用意してあったりとシナリオに緩急はあるのだが、如何せん展開にぎこちなさを感じる√。
特に主人公は「わかんないけど」が口癖なのかと思うほど、勢いだけで行動や発言を行っているシーンが多くあり、そのあたりに疑問を感じる√でもある。


[ 主人公 ] 柿谷 拓也
地味で目立たない風貌で、勉強もそこそこ。幼い頃から山吹姉弟と一緒におり、その尻拭いをしているという面倒見のいい性格している。
両親が単身赴任で不在のため、マンションの隣に住む山吹家の手を借りつつ一人暮らしを行っている。
あまり理性的な考えの持ち主ではなく、口下手で感情で動くシーンも多くみられている。


【推奨攻略順 : 沙織→唯子→玲央→美空 】
攻略順に指定はないものの、玲央と美空√は後に回したほうが楽しめるかも。


CG : 【 S 】
アドリブらしいアニメ絵。
CGの枚数は多くなく、丈夫に強い光があるのが印象的。
アオイロ劇場などにSD絵のような立ち絵も存在。
ちなみに、立ち絵にのみ目パチ、口パク機能付き。


音楽 : 【 S++ 】
BGM曲、Vo曲4曲(OP1ED3)という構成
「星が見え始める」を代表として素朴で懐かしいメロディーが多い印象のBGM。
他にも「夏の夜空」などの名BGMもいくつか存在。
Vo曲はどれもアップテンポの勢いのある曲が使われており、特にEDの「ONLYONE」はサビの部分のリズムと歌詞がとても好み。

お勧め度 : 【 S-- 】
正直、シナリオ面に関してお勧めすることはあまりない。
それでもアドリブ関連作品(特にアオリオ)や「ボクラはピアチェーレ」などから設定やキャラクターが登場しているため、アドリブファンなら楽しめるかも。


総合評価 : 【 S- 】
全体的な評価は少しましだが、時にシナリオ部分やシステム関連は壊滅的なので個人的な評価が低め。


(ぶっちゃけコーナー)
ん~とりあえず、全体的にボロボロという印象。
この物語を起承転結で言い表すなら、共通が「起承」部分で個別が「転結」なんだけど、ともかく全部シナリオが短い!
前10章仕立てが4時間(共通抜くと)1時間そこらで終わるって…そりゃ物語も変になるよ。。。
出来の悪い短編小説ってのもそうなんだけど、そのくせ設定したシナリオは結構頑張ってるから目も当てられないものになってるんだよな…。
いっそ、美空と玲央√以外は消す…とかそういうのでもよかったわ。。。
唯子√なんてきゅうに雰囲気変わってSFだからね…いや、青春どこ行った! と言いたい。
それを言い出したら美空√も青春でもなんでもないけどな…。
後やっぱ、誤字系やテキスト不備系は見てて褪めるからやめてほしい。
1カ所ならまだしも、5カ所以上見つけると、絶対テストプレイしてないことがわかる。
そう思うと製品レベルではない…といいたくなるわなぁ。。。
根本にあった話は、どこかで見た話だけど、良い設定なのはたしかだからただただ残念。
音楽とかも結構よかったのになぁ。。。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]ことのはアムリラートの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | レビュー]ゴールデンアワーの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |