自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]蒼の彼方のフォーリズムEXTRA1の感想
2017-09-21 Thu 00:00
<作品名>     蒼の彼方のフォーリズムEXTRA1
<製作会社名>   sprite



蒼の彼方のフォーリズムEXTRA1
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シナリオ : 【 S+ 】
蒼の彼方のフォーリズムのFD1作目、「有坂真白」をメインに据えた今回の作品でシナリオも基本的には本編のアフター。
内容としては本編でスポットが当てられていた真白の努力を今度は恋愛方面に全振りで描いたものとなっており、戸惑い悩みながらも主人公とイチャチャする様子がこれでもかというほど描かれている。

それだけで萌えゲーとして十二分にレベルの高い作品とはなっているが、邪魔になりがちなヒロイン(真白)以外のキャラクターの絡ませ方がうまかったのは一つの評価ポイント。
イチャラブシーン以外では個性豊かなキャラクターを巧く使い笑いをふんだんに取り入れて飽きを越させないようにしつつ、主人公と真白のデートのためにアドバイスを行うなど、物語の展開を助けるシーンも見られた。

FDという立場ではあったが、本編で伝え切れなかった真白の諦めず前に向かって行く姿勢というのをしっかりと描き出したシーンは感じ入るところが大いにあり、短い物語の中ではあったがその点に関しては十二分に伝えられているといえる。

【推奨攻略順 : 無 】
選択肢が1回出てくるが、その後に影響は一切ない。


CG : 【 S 】
立ち絵等は前作とほぼ同じだが、ヒロインである真白に関しては何枚か新しいものが追加されている。
CGに関しては1枚1枚が珠玉と言っても過言でないほど高いレベルで仕上げられている。
美麗・丁寧に描かれている事はもちろんだが、シーンによっては髪型を変えたりとバリエーションを豊富にしていることも評価しているところの一つ。
ギャグシーンにおいてのSD絵等や、それ以外にも料理シーンでの描写の一つ一つなど、細かいところにも手を加えていて最も評価したい分野の一つと言える。
作品を根幹から支えている部分と言っても過言ではない。


音楽 : 【 S 】
BGMは新規に11曲追加されているが、ゲーム内での視聴は不可。
全体的にゆったりした曲が多く泣かされそうになるものも存在している。
Vo曲としてはKOTOKOさんの歌うOPの「One Small Step」が印象的。


お勧め度 : 【 S++ 】
言うまでもないがFDなので、本編未プレイの方は全く楽しめないといえる。
本編が好きだった方には十二分に楽しめるものとなっているが、本編自体がだいぶ前なので真白√のみをやり直してからのプレイを個人的にはお勧めしたい。
FDとしての完成度が高いことは保証できる。


総合評価 : 【 S+ 】
FDという形ではあるものの、シナリオ・CG・演出等、全体的に完成度が高くこの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
とりあえず延期とかはいろいろあったけど、それだけによく作りこまれてるなぁと思うわ。
特にCGに関しては1枚1枚が目を奪われるレベル、それを何枚も出すからすごいよなぁ…。
後はキャラがよく動くようになった気がする。
上記の部分も併せて、シナリオ的にはすごく笑いが強くなった印象がある。それだけにずっと楽しくプレイできていて、だからこそ感動するシーンでは心に来るものがあるわ。
真白以外のキャラの立ち位置は難しいところだけど、ぶっちゃけ二人だけの世界に入っちゃうとシナリオ的には面白くないんだよね、だからと言ってから見過ぎると微妙だし…っていうジレンマを今回はうまく躱してたかも。
アドバイザーということで一歩引きつつ、しっかりと絡むところは絡んでいって、
短いような気もするけど、完成度が高ければ、まぁこれでも許すよね…。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]茜色の境界線の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]お嬢様は素直になれないの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |