FC2ブログ
自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]あなたに恋する恋愛ルセットの感想
2017-08-31 Thu 00:00
<作品名>    あなたに恋する恋愛ルセット
<製作会社名>  ユニゾンシフト



あなたに恋する恋愛ルセット
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S 】
コンセプトとして萌え要素の妨げとなるシリアス要素を殆ど排除し、ストレスフリーなイチャラブゲーとして作られているのが今回の作品。
そのためギャグ要素や泣き要素などは殆ど無く、あくまで萌えて萌えて萌えるストーリー。
コミカルなキャラクターも何人かいるが、こだわっているだけあって展開や登場人物の動きなどに違和感を覚えることは少なく、
作品の重要な要素ともなっている「お菓子」に関してはTIPSを含め膨大な知識量となっており軽く驚く部分も多い。
シナリオの寮に関しては平均よりも多少少なめ。


共通√ 【 S 】 6h
主人公の製菓コースへの参加から学園祭の参加までを描いている。
お菓子作りをしていく中で製菓コースのメンバーとの絆を深めていくことになり、それ以外にも中間テストや学園祭の準備など、学園物としての要素が強い。


あなたに恋する恋愛ルセット ユニゾンシフト
橘 ののか√【 S 】 2-3h
常に元気で前向きな女の子。
幼いころに通っており、主人公がチョコレート好きになった理由でもある店の一人娘。
お菓子自体が大好きで、性格的・環境的な要因もあって製菓技術は上級者。
個別√では学園祭後にお菓子の全国大会「ル・プリミエール・ドゥ・ラ・パティスリー」に参加する事になるののかを製菓コース全員でサポートすると言う流れになっており、その中で過去から続くお互いの気持ちに気づく事になる。
普段とは違い、照れながらも距離を縮めてくる彼女の姿を楽しむ事が出来るルート。


あなたに恋する恋愛ルセット ユニゾンシフト (1)

大園 柚姫√【 S 】 2-3h
学生会に所属するお嬢様。
自分に厳しく人に優しい優等生で成績も非常に良い。
かりん先生の作ったお菓子に感動し、まったくの初心者だが製菓コースに参加した。
個別√では恋もお菓子作りも初心者の二人が手探りで成長していく様子が描かれており、二人の仲が深まっていくのをじっくりと見られる物になっている。
地味にかりん先生がなぜこの学園に来たのかが分かるルートでもある。


あなたに恋する恋愛ルセット ユニゾンシフト (2)
鍵由 楓花√【 S 】 2-3h
非常におっとりとした性格のクラスメイト。
実家が和菓子店「かぎや」をやっており、幼少のころからお菓子に触れて育ってきた。
そのため作る技術も上級者といって問題ないレベル。
個別√では共に和菓子を製作する過程で二人の時間が増えてゆく事になる。
将来の自分たちについて、お菓子作りを通して考えていくルートであり、楓花の深い愛情を感じることが出来るルートである。


あなたに恋する恋愛ルセット ユニゾンシフト (3)
白咲 美絵瑠√【 S 】 2-3h
すべてに対して非常に無気力な学園町の娘。
しかしながら味覚は非常にすばらしく、一度食べた菓子を再現して作る事が可能。
やる気さえあれば製菓技術もトップクラス、勉学もなぜかトップらしい。
個別√では主人公が美絵瑠にお菓子作りについて相談する、という形でお互いの時間を深めていく事になり、特に家族を大事にする彼女の姿を中心として描かれている。
共通√では見られなかったデレデレの美絵瑠を堪能する事が出来る。



【 主人公 】二宮 春馬
お菓子の食べ歩きが趣味のスイーツ系男子。
その趣味が高じて専門授業として製菓コースがある六華星学園に入学した。
作るほうは初心者だが菓子類に対しての知識量だけは多い。
恋愛に関しても人並みの憧れは持つが、どちらかと言うとお菓子に対しての気持ちの方が強いのが現状。


【推奨攻略順 : 楓花→美絵瑠→柚姫→ののか 】
攻略順にロック等はなく、好きな順番での攻略が望ましい。


CG : 【 S 】
線が細く、淡い塗りの絵。
時折バランスの気になるものなどが散見され、特に立ち絵とイベントCGに差異を感じることが多いが、総じて美麗。
時折ハッとするほど綺麗なものもあり、評価としては非常に高め。


音楽 : 【 S 】
BGM曲、Vo曲2曲(OP/ED)と言う構成。
水月陵さんが作曲するBGMはやはりレベルが高い。
特にテーマとなっている「bonbon sucre Song」はこのゲームの特徴をよく表した良曲。
Vo曲としてはyuikoさんの歌うOP「petit bonheur」が印象的。


お勧め度 : 【 S 】
お菓子のように甘い恋愛学園物をテーマとした萌えゲーの見本のような作品。
シナリオに造りこみこそ無いものの、お菓子の知識と萌えへのこだわりは十分に感じる作品であり、一つの作品の完成度としては高い。
テーマであるお菓子作りや萌えゲー好きならプレイしても良いと思える作品。


総合評価 : 【 S 】
萌えゲーとしてはかなり素直なある程度完成した作品ではあるが、シナリオ重視の評価だとこの評価に抑えられてしまう。

(ぶっちゃけコーナー)
かなり素直に萌えゲーを造りました! という感じ。
全てが全てご都合主義でうまくいくわけではないのだけれど、基本的にシリアスな気持ちになる事はなく、あくまでも攻略するヒロインとのやり取りを楽しめる作品。
少し残念なのは魅力的な配役が結構多い中で、各ルートでは二人だけの世界観になってしまっていたことだろうか。
萌えゲーとしてはシナリオ的にある程度子のあたりが限界なのだろう、ということは分かっていること前提で、それでも他の多くの作品の中に埋もれないためにも、萌えゲー以上の何かを作ると言う事を考えるのであれば、やはりワンポイント何か要素をつけたしてほしかったところ。
システム的にe-mote等の動きを使ったり、シナリオに起伏をつけたり、出来る事はまだありそう。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]お嬢様の半分は恋愛で出来ています!の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]Harmoniaの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |