自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]しゅがてん!-sugarfull tempering-の感想
2017-05-21 Sun 00:00
<作品名>    しゅがてん!-sugarfull tempering-
<製作会社名>  Recette

しゅがてん!

シナリオ構成
S
攻略キャラは3キャラ。
共通ルートは3-4h程度、各個別ルートも3h程度でミドルプライス作品ということを鑑みても、ボリュームとしては少し乏しい。

【推奨攻略順 : める→氷織→シュコラ→エピローグ 】
エピローグのみ全キャラ攻略後に出現。
シナリオによるネタバレ等はないため、基本的には好きなキャラから攻略すると良い。

CG
S
しらたま先生原画の作品。
この作品で最も魅力的であり、セールスポイントともいえる。
柔らかく、淡く描かれた絵はさすがと言えるほど完成度が高い。
SD絵も数は少ないがいくつか存在している。

音楽
S
BGM14曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
全体的に落ち着いているBGMはアコーディオンのような、明るくも落ち着けるものを採用しており高評価。
Vo曲に関しては「Candy a mine」の思い掛けない質の高さに驚きを覚えたことを特筆しておきたい。

お勧め度
S
18禁版ごちうさ。
甘い萌えゲーの世界観が好きな方にはお勧めしやすい作品。
シナリオというほどの内容は無く、あくまでかわいい女の子のかわいい姿を見るための作品。

総合評価
S

公式ページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

ダイヤモンドダストの舞う美しい夜、『妖精の夜』の伝説が残る街。
そこにある小さな洋菓子店「フォルクロール」は長期のパティシエ不在により経営難に見舞われていたのですが、屋根から降ってきた記憶喪失の主人公―クロウ―との出会いによって物語は動き出す――

今作の主人公は記憶喪失という設定もだが、もとよりかなり控えめな性格をしているため、基本的に周りに流されるように行動することが多く、恋愛的描写においては良くも悪くも受け身になるので、一般的な恋愛ゲームとかなり一線を画している部分と言える。
また、行動のメインとなるのが洋菓子店『フォルクロール』を中心としたお菓子作りであることも特徴の一つと言えるだろう。

作品のテーマやミドルプライス作品ということもあってか、各ルートはシリアスな展開もあるにはあるが、基本的には非常に軽くプレイできる内容となっている。
全√クリア後に見られるエピローグにて判明する主人公の正体やその他明かされなかった各キャラの役割等についても重要な要素とはいえるものの、あくまで今作にとってシナリオ部分は飾りと言える。


そんな中、この作品魅力のメインと言えるのは雰囲気ゲーと言われるほどに酷似したごちうさ――ご注文はうさぎですか?――感だろう。
作品をご存知の方は驚くほど、かの世界観との共通点を見出せる程であり、悪い意味でパクリではあるものの、良い意味ではオマージュ作品と考えることもできる。
かの作品しかり、萌えやかわいいキャラクターのやり取りに注力するその姿勢は立派な萌えゲーであり、この作品の心臓部と言ってもよいほどしっかりと描写している部分である。

コンフィグに関して特に問題は感じない。

【総括】
しっかりとしたテーマ・世界観で描かれた作品ではあり、楽しめる分はあるものの、シナリオ重視の当評価ではこの評価が妥当。

(ぶっちゃけコーナー)
絵を担当した「しらたま」さんは今回初めて意識したんだけど、言われてみれば「恋×シンアイ彼女」の絵でも出会ってた。
凄く繊細できれいな絵は、作品の強みとも相性がよさそうだった。
とにもかくにも「ごちうさ感」がすごいわ…。
出てくるキャラクターがかなりかぶってるしなぁw
ここまで突き抜けると、色々な意味で認めざるを得んのかもな…。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]竜騎士 Bloody†Sagaの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]スイセイギンカの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |