自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]スイセイギンカの感想
2017-05-20 Sat 00:00
<作品名>    スイセイギンカ
<製作会社名>  暁WORKS

スイセイギンカ

シナリオ構成
S
攻略キャラは4キャラ。
各√で3-4h程度、共通ルートにもある程度のボリュームがあるため全体的にみても十分なシナリオ量と言えるだろう。

【推奨攻略順 : ノーマル→青香→マリア→桃BAD→桃→いざな 】
いざな√のみが他3キャラの攻略後のロックがかかっているため、それ以外は自由。
上記は個人的な攻略順。

CG
S
線のしっかりとした、少し硬質感のある絵。
質に関しては言うまでもなくかなり安定しており、立ち絵・イベントCG共に高品質の良いものがそろっているように思える。
枚数に関してはHCGを除くとかなり乏しくなるのが現状だが、全体的なボリュームは概ね平均的ともいえる。

音楽
S+
Vo曲3曲(OP/ED/挿入歌)、BGM30曲(アレンジを含めると42曲)、という構成。
BGMに関しては平均的なものをまんべんなく取りそろえた印象があり、”コレ”と言える代表的な物がないのは痛手だった。
Vo曲に関して、EDや挿入歌のようにしっかりと歌い上げられた曲は非常に物語の挿入歌としてマッチしており、効果的な演出ができていたように思う。

お勧め度
S
シナリオ「森崎亮人」の手掛けた暁WORKS作品であり、歴代過去作とは雰囲気がかなり違った作品であるため、過去作の雰囲気を求めている方にはお勧めしずらい。
作品自体の質が特に高いわけでもないので個人的に特にお勧めすることもない。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

10年前、瑞穂で起こった不可解な事件に巻き込まれ死んだと思われていた主人公が再び瑞穂に戻ってくることで物語が動き出す。

この作品の感想を言う前に言わなくてはならないことがある。
それは圧倒的な描写力の「無さ」、もしくは「適当さ」である。
誤字がある事はまだ許せるにしても、物を書く人間として必要な「伝える力」というのが今作品では決定的にかけているように感じた。
物語中に多くある視点変更のわかりにくさや、各人の行動の仔細、言葉の使い方の間違え(例:借りた借りを返す)等々、例を挙げるとキリがなく目も当てられないお粗末な文章がそこかしこにちりばめられており、評価を著しく下げている。
おそらく書き手が書いたときに見直していないか、第三者の立場で読めていないのが原因だとは思われるのだが――シナリオライターの担当した過去作を見てみると描写力の無さはいつもの事だったらしい。
扱っている素材自体は悪くないのだからもう少し何とかしてほしいところ。

それはともかくとして作品について。
要素として「異能バトル」成分はあるのだが御多分に漏れず緊迫感や文章的描写力が圧倒的に足りない。
メインとして扱っていないのならこの程度と考えることもできるが、伝奇物やサスペンスのような不思議さや推理シーンみたいなものもないので、結果として作品の主体がかなり薄く感じられてしまうのが現状。
一応は「友情」もメインにある…みたいなのだが、いざなとの特殊な関係を除けばどのあたりをそう評価すればいいかも謎。

そんな中でも各登場キャラクターは魅力的に描かれていたのが印象的。
かなり特殊でじゃじゃ馬なキャラクターが多い中で、しっかりと各キャラの特徴をとらえつつ、イベントを通してその作りこみを深めていく手際は見事というほかなく、そういった点に関しては高く評価したい。

作品の中核となる不思議な現象自体について、事実上グランドEDともいえるいざな√でもすべての謎が解けるわけではなく多くの謎が残されたままとなっている。
それ自体は問題ないのだが、そういった作品自体は他の会社でもすでに多く出されている展開であり、その中でこの作品だからこそ出せる「色」のようなものがなかったのが残念なところであり、大きく評価を下げている部分でもある。

音楽や絵、そして土台としてあった下地がよかっただけに、描写力の無さや物語のふら付き、特色性の無さで台無しにしてしまっている印象。

コンフィグに関しては文句なし、シナリオセレクトができるのも便利。

【総括】
シナリオに難あり、それ以外は平均以上ともいえるので、少し惜しいともいえる作品。

(ぶっちゃけコーナー)
ん~、この人のシナリオが苦手! みたいなのはどうしてもある。
基本的にはそういう人の作品ををやらないか、考えずに評価する…ようにしてるつもりなんだけど、さすがにこの作品では気になりすぎたわ…。
一時期、パクリ疑惑がでた作家でもあるんだよなぁ…この作品もアンバークォーツとか、似た作品は山ほどあるし、こういうことがあるとどうしても疑いたくなるのは仕方がないような気もしなくない…。
できるだけ考えたくないことだけどなぁ。
作品自体の「心」をもっと持たせてくれていればこんなにぶれることはなかったのかも。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]しゅがてん!-sugarfull tempering-の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]桜花裁きの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |