自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]人気声優のつくりかたの感想
2017-04-29 Sat 00:00
<作品名>    人気声優のつくりかた
<製作会社名>  MintCUBE

人気声優のつくりかた

シナリオ構成
S+
シナリオ√は3本。
共通ルートや各個別ルートの長さは一般的といえるが、攻略可能なキャラ数が少ないため全体的なボリュームには欠ける。

【推奨攻略順 : 小夏→祐果子→いつみ 】
攻略順にロック等はないので好きなキャラから攻略するとよいだろう。

CG
S
線はしっかりとしており、色彩も強めの絵。
どことなく違和感を感じる部分もあるが、全体的に軽微と言って差し支えはない。
少ないキャラ数のためか枚数に関してはかなりの量(Hシーン以外だけの量なら2倍程度)があり、作品中でよくイベントCGが使われているイメージがあった。

音楽
S+
BGM17曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
もっとも魅力を感じ、もっとも「惜しい」と感じたのがBGM。
なんといってもバリエーションの少なさは致命的なのだが、存在しているBGMの質は非常に高い。特に「告白のピアノ」や「イチャラブVer1」など、しっとりとしたものに関しては筆舌に尽くしがたい。
Vo曲に関してはどちらもアップテンポの明るい曲を採用しており、とくに転調後はどちらも思わず聞き入ってしまう良曲なのでおすすめしておきたい。

お勧め度
S++
声優業界を舞台とした作品。
特殊な状況ではあるものの、シンプルでありつつしっかりとしたシナリオは非常に読みやすく、しかしながら心動かされる部分も多いので、声優業界に興味はある方はもちろん、恋愛作品として広くお勧めしたい。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

ぎっくり腰になってしまった母の代わりに、妹と共に芸能コースの女子寮管理人をすることになった主人公はバイトの関係もあって声優たちと仲良くなっていくのだが――。

今回は全員学園にも通っているので、恋愛学園的要素もないとは言えないのだが、メインは「声優」という仕事であり、仕事(やその内容)を通してヒロインとの仲が深まっていく作品となっている。

「声優」というかなり固定され、また特徴的な分野を扱うということに関して、いままで「声優」をメインテーマとした作品があるかどうか定かではないが、少なくとも声優をしているキャラクターなら存在していた。しかし今回ほどに綺麗にかつしっかりと業界を書き表した作品はなかったのではないだろうか。
反発等が起きやすい設定の上で、滑らかに綴られるシナリオは安定感があり、笑いあり、涙ありのある種のサクセスストーリーともいえる。
非常にハードルのたかい作品になることが予想されていたのだが、驚くほどにうまく作られているといえるだろう。

中でもヒロインの設定は非常に良かった。
演技派の売れない声優、勢い重視の素人声優、キャラクターのみが取り上げられる人気声優、と声優としての立場を綺麗に割り振るだけではなく、クラスメイト、妹、あこがれの人、というパーソナリティ自体もしっかりと分けられている。
だからなのかもしれないが、各ヒロインシナリオで取り扱われているテーマはありふれていながらも、声優という一つのスパイスによって非常に新鮮な物へと変化させられており、序盤から終盤に至るまで飽きの来ない作品となっている。

シンプルながらも一つ一つ丁寧に書き込まれた出来事は等身大の経験としてプレイヤーをしっかりと巻き込み、とくに中盤あたりのイベント(付き合う前後)においてはルートによっては思わず涙してしまう√もあるほどで、もちろん本業の人からすると「え?」と思う部分もなくはないのだろうが、それを置いてもシナリオとして十二分に評価すべき内容だったように思う。
取り扱った内容こそ特殊であったが、中に詰まっているブレない王道恋愛作品のようなシナリオだからこそ表現出来たものではないだろうか。

コンフィグに関しては十分な機能がある。

【総括】
一部ボリュームに乏しい部分はあるものの、シナリオとしては秀逸で十二分に素晴らしい作品と言えるためこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
今回は料理もできる鈍感有能ハーレム系主人公なのだが、出すところで本能をチラ見せさせるからなのか不思議と鼻につかないのが特徴的だな、あと親友の姿に似すぎてて笑った。
何より残念なのは音杏が攻略できないことだよね…うん。
書くの忘れてたけど、ヒロインはもちろん魅力的なキャラクターたちだったんだけど、サブヒロインが本当に生き生きしてた! だからこそ、この世界の中がすごくリアルに感じられるんだろうなぁ…。
かなり特殊なテーマ作品だけど、純粋にいい作品と言えるのは珍しい。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]シルヴァリオ トリニティの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]緋のない所に烟は立たない -緋修離と一蓮托生の女たち-の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |