自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]アリスティア・リメインの感想
2016-11-19 Sat 00:00
<作品名>    アリスティア・リメイン
<製作会社名>  アストロノーツ・コメット

ARISTEAR REMAIN

シナリオ構成
S
選択肢なしの1本シナリオ、分量はそう多くなく8-10h程度。
攻略をすすめとにExtraとして各ヒロイン+αのミニシナリオも公開されてゆく。

【推奨攻略順 : 選択肢なし 】

CG
S
硬めの線質に濃い塗りの絵。
イベントや立ち絵ともに動的要素こそないものの、十二分と言っていいほどの高品質。
バトル物ADVということもあり、戦闘用シーンなどが多くの割合を占めているのが特徴。

音楽
S
BGM23曲Vo曲1曲(主題歌)という構成。
BGMはやはりというべきかバトル仕様のものが多い。
唯一のVo曲「Remain of Hope」はOPや終盤の挿入歌にも使われる熱い曲。
全体的にどうしても印象に残るものが少ないのが少し残念。

お勧め度
S+
最近では少し珍しくなったバリバリの異能バトルADV。
ルートが1本ということでシナリオの破綻もなく、物語のテンポや展開のわかりやすさ等々が非常に受け入れやすく、「革新的!」と言える部分があまりないのは残念ではあるが、バトル物が好きな人ならば初心者を中心に広くプレイしやすい作品になっています。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

『魔法と科学が共存した現代ファンタジー』と銘打った異能バトルADV。
その名の通り、魔法が使える亜人と言われる半獣人たちと、比較的に魔法があまり得意ではないが『ZED』と呼ばれる道具を駆使して亜人たちと戦える人間たちがいる世界が舞台の作品。

そんな世界観の中で、主人公は魔法が全く使えない半分機械(ZED)のダメ人間としてスタートする。しかしながら過去に「武神」と呼ばれるほどの戦いのセンスの持ち主で、一部の人間にはいまだに尊敬されてる上、物語が進み力を手に入れてからは基本的に負けることは少ない…というよりも今回の作品は割と味方の層が厚いため、基本的に絶対的安心がある状態での戦いが多かったのが全体的な印象。

シナリオとしてはある程度予想のつくどこかで見た設定の物。それを無理な展開をなくし、堅実に作ったという印象を受ける作品で、特にHシーンとシナリオをシステム的に描き分けて置いたのは個人的には高評価。
クリア中に解放されるExtraシナリオはその8割がエロシーン。本編中にエロシーンが全くないわけではないが、基本的にカットされても問題ないシーンのほとんどはExtraに集約されているため、物語を順に丁寧に追いたい方は適宜、エロシーンをまとめてor飛ばしたいかたはそのまま進めることでシナリオ自体に集中できる作りになっている。

残念ともいえる点は燃えゲーとしての新しさがないところ。
上記でも何度も同じようなことを語っているが、シナリオ自体はは全体的にどこかで見たものの焼きまわし。演出等も基本をさえて少しは頑張っているものの、「アリスティア・リメイン」という作品自体の唯一のすばらしさというものが作品を通しても見えてこないのが残念ともいえる。

それはそれとして、やはり終盤に主題歌を流すなどの基本的な部分ではしっかりと興奮できたし、作品として悪くはないのでその点だけは繰り返し伝えておきたい。

コンフィグに関しては十二分に使いやすく問題がなかった。

【総括】
シナリオも割と作りこまれた汎用バトル作品という感じで、評価としてはあまり高くできないのだが、安全パイではある。

(ぶっちゃけコーナー)
プレイ中は結構楽しいんだけど、数日たったら忘れてしまいそうなシナリオ…というのがプレイ後の感想。あまり何かに浸ってしまう…という作品ではないので、あくまで初心者~におすすめする作品と言っていいだろう。
ゲームをやりこんでいる方々にとってはどうしても味気なく感じてしまうかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]1分の2恋ゴコロの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]生命のスペアの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |