自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]フローラル・フローラブの感想
2016-10-14 Fri 00:00
<作品名>    フローラル・フローラブ
<製作会社名>  SAGA PLANETS

フローラル・フローラブ
シナリオ構成
S++
攻略キャラは6キャラ。
共通ルートもしっかりとしたボリュームがあり、各個別ルートも2-3h程度の長さがあるため全体的なボリュームとしては十二分と言えるだろう。

【推奨攻略順 : アーデルハイト→こはね→愁→七緒→夏乃→Informalnote 】
全キャラ攻略後にInformalnoteが出現するほかに攻略順に指定はないものの、おそらくこの順番の攻略が最もシナリオを楽しむことに向いているだろう。

CG
S
線は細くはっきりとした塗りの絵。
全体的な質のレベルが上がっていることは言うまでもなく、枚数に関しても各キャラの構図数が非常に豊富。
スマホ画面用に独自のスタンプなども用意していたりと、細かいところにまで手を加えている。他にSD絵も数多く存在している。

音楽
S+
BGM36曲(inst除)、Vo曲3曲(OP1/ED2)という構成。
今回のBGMには水月陵さんがかかわっていることもあり、説明するまでもなく安定の質と言える。作中に宗教的な話が入ってくる為か、そういったものをイメージした曲が多いのが印象的。単体として驚く曲というのはあまりないのだが、中でもBGM「キミを待つ夕暮れ」や「innocence song」は文章とよくマッチングできたためか涙腺を非常に刺激してくれる良曲となっていた。
Vo曲もノリのいいOPや「Let there be light」などのしっとりと歌われたEDも素晴らしく作品をプレイしてからもう一度よく聞いてほしいものとなっている。

お勧め度
S++
主軸の話にかなり変化球を含んだ学園恋愛物。
しかしながらその品質はさすがと言えるレベルで今までのファンはもちろん多くの人が楽しめる作品となっている。
なお、シナリオには「天使」等キリスト系の宗教話が多く絡んでくるため、そういった話が苦手な人だけ注意が必要ではあるものの、特に知識を必要することはない。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

人の善なる心と悪なる心を羽の色として見極めることができる主人公。
その力は、幼き日「天使」を見た時から手に入れたものだった――。

上記にもある通り主人公は特殊な力を持つ設定で、ほかにも忍者のような修行を積んでいるため様々な特技を持つが、幼少期の体験により自身を卑下する癖を持つ。
そんな主人公が様々な経験を経て、悩みを抱えるヒロインとともに問題にぶつかっていく…というのが今回の作品。

今作の見どころの一つとして挙げられるのは序盤の夏乃救出時の展開だろう。
しかし残念というべきか、戦闘関連のシーンは作中にはあまり多くなく、ああいったシーンは以降の展開ではかなり少なくなっている。
むしろ作品としてのメインは心情描写を中心としたものであり、とくに主人公の能力もあってか「善」と「悪」を意識するシーンが多くなっている。
そういったテーマと合わせて(対比させて)宗教話が挿入されていることも多く、そういった話が好みな人にはたまらないだろう。

もう一つの要素として、序盤から隠されている主人公の過去というものがある。
それは主人公の過去だけではなく、物語の真相と言い換えてもいいのだが、クリアをするごとに記憶のピースとしてそれらを手に入れることができ、以降の共通ルートでもすこしだけ話が変化する部分もあり、すべての√をクリアすることで真相へと迫る「Informalnote」が攻略可能になる。
作中では隠されたヒロインの話もそうなのだが、もう一人の主人公といってもいい利成の話がしっかりと描かれており、ヒロインの他にそのほかのサブキャラたちにもスポットが当てられしっかりと締められる最終√となっていた。

泣きシーンにおいても各ルートの各ポイントに存在している。
どちらかというと号泣するよりは、少し泣いてはまた物語に引き込まれて…というのを繰り返す作品であり、勢いこそないがシナリオとしては十分に深く作りこまれており、読ませるシナリオとなっているため、涙腺が緩い人は泣いて、それ以外の人でも読んでいて楽しめる作品となっている。
また読後感が非常に良かったのも評価のポイント

コンフィグに関しては十分に使いやすい物になっている。
しかしながら、右に出るセーブロードの使い方には注意が必要

【総括】
物語としてはかなり難しいジャンルの構造をした作品となっているが、さすがサガプラといったところか全体的に上手くまとめており、全体的に完成度の高い作品としてプレイすることができており、この評価となっている。

(ぶっちゃけコーナー)
意外と話としては突拍子もない物なんだけど、めずらしく? というべきなのか、ほとんど意識せず物語の中に溶け込めた印象がある。
出てくるキャラは特殊で慣れるのに時間がかかるかな…と思いきや、意外とそうでもなかった当たり、全体的な描写の自然さ等のレベルが高かったのだろう。
今回は特に主人公の背負っているものの重さが結構なものだったので、そのあたりをもう少し重点的に攻めれば泣けたのだろうなぁ…という想いもあったのだが、割とそのあたりは流すところは流していた印象。
食器の当りは結構使ってたけど…ネズミは簡単すぎたな。
七緒でしか使わないのならもう少し攻めてもよかったのかも? なんて、全体が高いからこそもっとを求めてしまって、今更ながらにおもったりもする。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]千恋*万花の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |