自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]千恋*万花の感想
2016-10-07 Fri 00:00
<作品名>    千恋*万花
<製作会社名>  ゆずソフト

千恋*万花
シナリオ構成
S+
メインヒロイン4人の4√、加えてサブヒロイン2人の合計6√。
共通ルートは比較的量があり、各個人√は2h程度となっており、全体的なボリュームは十二分といえるだろう。
サブキャラ√も比較的量があるのが特徴的だろう。

【推奨攻略順 : 茉子→レナ(→小春→芦花)→ムラサメ→芳乃 】
( )内のサブキャラのみ1ヒロインクリア後に攻略可能な他に攻略順にほぼ指定はないため好きなキャラから攻略するとよいだろう。

CG
S
線が細く淡い塗りの全体的に柔らかい安定した絵。
背景、立ち絵、イベントCGに至るまで全体的に質が安定しており、枚数もキャラが少ないがその代りに一人に対する構図の数は多くなっている。
そのほかSD絵などもかなり豊富に用意されている。

音楽
S++
BGM46曲、Vo曲7曲(OP1/ED6)という構成。
BGMの多くにはVo曲メロディを仕様したものも多く特にOPの「恋ひ恋う縁」は和風でいてアップテンポのリズムの新旧が混ざった象徴的なものとなっている。
この曲はBGMとしてもピアノバージョンや琴バージョンなどがあり、シナリオを大いに盛り上げてくれていた。
この曲を含めてBGMではVo曲のアレンジ曲が目立つのも印象的。

お勧め度
S+
もはや盤石ともいえるレベルにまで到達した萌えゲー会社からの作品。
小京都とも呼ばれる風情ある温泉町を舞台とした少し不思議な恋愛学園物で要素として伝奇的要素が多いに含まれている作品となっている。
シナリオも難しすぎず簡単すぎず、絵も美麗、キャラも可愛く…と広く多くの方にプレイしやすいレベルの作品となっている。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

祖父の旅館を手伝いに数年ぶりに帰って来た穂織の町。
ひょんなことから岩に刺さった御神刀を抜いてしまう。突然現れた刀の管理者と名乗る「ムラサメ」という少女や婚約者となる巫女、お手伝いのくノ一や同じく転校してきた留学生たちとの出会いで穂織での新しい生活が始まる――

テーマ(舞台)こそ和テイストにまとめられてはいるものの、作中には祟り神との闘いがあったりと、いつものゆずソフトらしい少し不思議な世界の恋愛学園物。

特に今回は数百年昔からの穂織の町と朝武の家への”呪い”というものが大筋にあり、昔の話がクロスオーバーする機会が多く。各ルートで分割して物語の真相が語られることとなる。
この作品の評価すべきところは、各ルート間で話のつじつまがよく合っていたという事。
テーマとして大きな話を用意している作品の多くは、各個別ルート間で話の祖語などが起きてしまう事が多いが、今作ではそのあたりの調整を巧く行っており、また断片的に語られる過去の出来事によって√順によってあるシーンでの感想が変わってきたり、真相がわかったりと非常によく考えて作られている印象を受けた。

ゆずソフトというとやはりヒロインのかわいさというのがメインのコンテンツとして挙げられるだろう。もちろん各ヒロインは非常に魅力的だが、設定として魅力的なだけで放置することはせず、しっかりとシナリオ中でその良さを描写することで「プレイしていて好きになる」というキャラクターをしっかりと作ってくれている。
特に今回はヒロインだけではなくサブキャラクター達もとても魅力的であり、それは女の子だけではなく、主人公の祖父の玄十郎などの男キャラクターたちも重要なポジションであり作中で本当に生きているように感じるシーンが多くあった。

シナリオにおいて泣きシーンが多かったのも印象的。
個人的にはゆずソフトの作品であまり泣くことはなかったのだが、今回はシナリオもかなり作りこまれており、とくに過去の話が多くわかり各ヒロイン達とも多く触れ合うことができるレナ√などは思わず涙してしまうシーンも一つや二つではなかった。

また作品としてエンディングまでしっかり作りこまれていたのも印象的。
各ルート専用のEDムービーとソングまで用意されており、文字通り作品の最後までがしっかり作品であるということを理解して作られているのだと感じ、非常に高い評価をしている。

どうしても主軸のシナリオはまだまだ書き込みと踏み込みが足りない部分(簡素な部分)が目立ってしまうが、これまでの作品と比べても着実にレベルが上がっているといえるだろう。

コンフィグに関してはかなり使いやすく、ほとんどの機能がそろっている。

【総括】
全体的なレベルの高さは言うまでもなく、細部にまで配慮の行き届いた作品でありこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
意外だったのはレナ√が結構真相に迫っていたという事かなぁ。
だからこそ、この子をクリアする場所で全体的な印象が変わるかも。
サブキャラの二人用の共通ルートがあったのも少し面白い。サブキャラとして適当に処理するだけではなくしっかりと描写してくれているので、メインヒロインとまでは言えないが十二分に満足できるシナリオ量と言えるだろう。
どうしても全ルートで泣ける! とまでは言えないが1ルートでもそういったルートがあり、キャラも可愛く、絵も可愛く…となると評価は高くなる。
あと、最後に…茉子の「あははぁ~♪」にハマったのは俺だけではないはず!
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]フローラル・フローラブの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]アマツツミの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |