自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]トラベリングスターズの感想
2016-09-23 Fri 00:00
<作品名>    トラベリングスターズ
<製作会社名>  HOOKSOFT

トラベリングスターズ

シナリオ構成
S+
攻略キャラはメイン6キャラ、サブ4キャラ(3√)という構成。
共通ルートも比較的量があり、各個別ルートも2-3h程度の長さがあるため、全体的なボリュームはかなり豊富。

【推奨攻略順 : フィン→イライザ→ベアトリス→パスカル&さっちん先生→ミーシャ→レア→クロエ→紗彩→ジル 】
攻略順にほぼロックはなく、ベアトリスのみ、イザイラ攻略後となっている。
そのため好きなキャラクター順に攻略すればよいだろう。

CG
S
線は細く、少し濃い塗りのCGで比較的一般的。
立ち絵に関しては非常に安定しており美麗なのだが、イベントCGについては時折バランスの崩れた物があったりなど少しだけ不安定。
枚数に関しても十分量だが基本的にはHCGが多いのが特徴的。
また、サブキャラに関してはCGが乏しい。
立ち絵には目パチ機能付き。

音楽
S+
Vo曲2曲(OP、ED)。
EDと記載しているが、実際は一部ルートでの挿入歌等に使われている。
BGMは種類として26曲だが、OPやBGMのアレンジ等を含めると50曲にも上る。
特にイザイラのテーマ(バトルアレンジ)等涙腺に来る曲も多く存在しており、量だけではなく質としては決して低くない。
OPは力強い名曲であることに対して、EDの「Melody」は優しくも涙腺を刺激する曲でぜひぜひ聞いてみてほしい曲となっている。

お勧め度
S+
ファンタジーの世界を舞台とした恋愛学園物。
各ルートでかなり特色が出ており、広く浅くといった印象を受ける作品であるため初心者へ特にお勧めしやすい作品になっている。
基本はハーレムもの主人公なので、そのあたりに苦手意識がある方のみ注意。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

舞台はアルティールという名前の浮島。
ある日人間界とつながってしまった異世界のサンサルネ、その住人と人間が文化交流を目的にできた空中都市。
数年前から特別にサンサルネで生活していた主人公は二つの世界の調整役として奔走することになるのだが――。

舞台は完全なSFというHOOKSOFTには珍しい作品。
しかしながら内容は王道学園物にふさわしい一般的なものとなっている。
魅力としてはやはり異種族の女の子たちと恋愛できることだろうか。
幼馴染の人間から始まりハイエルフのお姉さん、昼はだるそうな吸血鬼や小さい悪魔、どこかぼんやりとした天使。魔女を名乗る人間などなど、キャラゲー・萌えゲーにふさわし特色のある女の子たちがそろっている。

HOOKSOFTの特徴といえばやはり各イベントを通しての女の子とのやり取り、今までのガーリートーキングやリアルタイムクリック等などの他にナイトスクール等今まで通りの仕組みでできるだけ多くのイベントを通して各キャラへの感情を高めさせてくれる。

しかしながら、逆に言うとだらだらとした日常シーンが続くことが多く、好きなキャラでない場合などは非常にだれてしまうことが多く、退屈に感じてしまうシーンも多い。
共通ルートも長いので、最初こそはテンポ良くクリアしていけるのだが、スキップシーンの充実などがあまりないためか、周回を重ねるごとに店舗が悪くなってしまうため、そのあたりでも心が離れてしまう、という危険性はあった。

シナリオに関してはキャラゲー・萌えゲーと言える作品なのであまり深く書かれてはいないのだが、それでいて各ルートで非常に幅広いものをテーマにしている作品なのも確か。
世界観やキャラの背景といった要素をあまりうまく使えてはいなかったものの、各ルートで物語の運び方が大きく違うので、そういう意味では個別ルートで展開に飽きるということがなかったのは評価したい点の一つ。
中でも今回は素晴らしいBGMや挿入歌などの力もあり、一部シーンでは思わず涙してしまうシーンも多く、とくにイザイラ√終盤等は各泣きゲーに迫る勢いであった。
もう少し工夫していればまだまだ質は上げれるのではないかという想いもあったが、メインとして置いているのがシナリオ部分ではないので一定の評価をしつつ、要素の一つと勘定している。

基本的にコンフィグに関しては充実しているが、これだけのボリュームになるとシーンスキップ機能等がそろそろほしいところだろう。

【総括】
音楽が大きく頑張っている作品で、シナリオも各ルートでそれぞれ面白みのあるものであり、一般的な作品よりは少し評価を高くしている。

(ぶっちゃけコーナー)
泣いたり、笑ったり、そういう当たり前の感情が素直に出せる作品、というと少し耳触りが良すぎるかもしれないが、そういいたくなるほど素朴な作品。
舞台がファンタジーということであるが、その点については登場キャラが異種族というところ以外にあまり役に立ってなかったのは確か。
特に主人公自体について語られることも少なく、各世界についても謎が多いままである。
しかしながらあくまでこの作品は「恋愛学園物」であるとするのならば、あまり風呂敷を広げなくてもよいのではないかな、ということでその点についてはあまり評価を下げてはいない。
今はファンディスクとしてジルのアフターも販売されている。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]アマツツミの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]乙女が彩る恋のエッセンスの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |