自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]LAMUNATION!の感想
2016-08-26 Fri 00:00
<作品名>    LAMUNATION!
<製作会社名>  WhitePowder

ラムネーション!

シナリオ構成
S
攻略キャラ自体は4キャラで、√はアフターも含めて4fm本。
共通ルートは短く

【推奨攻略順 : らむね→レイラ&アイリス→陽菜→ハーレム 】
攻略順にロックはないが、陽菜√は最後にクリアするように指示があるため、この順番が望ましい。

CG
S
線は細く淡い塗り。
立ち絵もイベントCGも、時折崩れるところはあるが総じて美麗。
(同じ顔と揶揄されることもあるが、ある程度はどこの会社も似たようなものです…)
特に躍動感を感じさせるような物が多かったことが印象的。
SD絵もいくつか登場している。

音楽
S+
Vo曲5曲、BGM?曲
クリア後にBGMを聞くことはできないため、Vo曲以外の評価はしない。
Vo曲に関してはどれもノリがいい良曲で、特に1stOPの「FaV (F*** and Vanguard)」はイントロの走り出しやサビの疾走感は女性Vo曲の中でも1,2を争うほどの良曲。

お勧め度
S
普通の恋愛学園物…と言いたいところだが、かなりとがった作品。
基本的には馬鹿なテンションで突き進む作品なので、メタネタや他の作品のパロディ等も多く含むギャグ作品と言える。
世界観もいろいろなものを複合しつつ、話自体は破綻しているので深く考えれば負け、という作品のため初心者にはお勧めしにくい。
ゲテモノを好む玄人にこそ手に取ってほしい一品。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

超天然な謎の人物が主人公の作品。
物語の舞台は企業都市SA(セントアリア)市、すべてがハッピーな夢の島。
現実の舞台でいうとドバイのような雰囲気を想像していただけると自然だろう。

基本的に物語はギャクテイスト。
らむね以外は基本ボケる。らむねも時々ぼける。
唯一の共通点と言える部分は主人公が好きである事で、基本的に物語もハーレムのような流れが多く、各ヒロイン同士も好き合っているため、修羅場等はない。

物語の主軸ともいえる笑いの範囲は他作品をはじめとして、シモネタ、時事ネタ、メタネタ…etcある意味なんでもござれで、作品をプレイ中に「飽きる」という選択肢だけは存在しない。
登場人物はもちろん一癖も二癖もある人物ばかり。天然と評されるだけの主人公にもほかにかなりの設定があるほか、ヒロインを含めて謎の多い人物が多く、物語のカオスへ大きく貢献している。

設定だけの話ではなく、シナリオの流れからも同様のことが言える。
例えばそれはAの話をしていて、唐突にBの話が挟まり、とんでEの話が終わる…という、文章で考えれば到底考えられないような突拍子もない展開や話を持ってくるのが得意で、作中ではSFシーンや時間関連(やプレイヤーの選ぶ選択肢)の話もいくつか出てきている。

個人的にもプレイ中は疑問に思う部分が出てきても、ギャグとして展開させる部分や、まじめに展開させる部分、あいまいにぼかしている部分、いろいろ理由はあるのだろうと思いつつプレイをしていたが、結果的に何も考えていなかったのがこの作品。
だからこそ人によってかなりの好みの差が出てしまっている。

ラムネ√とアイリス&レイラ√で物語の基本を理解し、陽菜√で物語の真相を知り、ハーレム√でただイチャイチャするのがこの作品の流れだが、陽菜√の真相については他の部分の設定がぶっ飛び過ぎているため、思考が停止しており驚くことはなかった。

シナリオ以外では演出部分で多くの努力が見られており、特にOPを挿入歌としたらむね√の後半はなかなかに良い雰囲気であったといえる。
ただ本当にシナリオ全体はカオス。

コンフィグは十分そろっており、プレイで支障が出ることはない。

【総括】
シナリオのカオス具合が原因でかなり人を選ぶ、先鋭的な作品になっているが、個別化という意味では成功。ただ、作品自体の質のレベルという意味ではこの評価が適当。

(ぶっちゃけコーナー)
いろいろと物議を醸し出している作品だけど、素直な気持ちでやっている分には”楽しい”作品だった。何にも考えずにやると…って意味だけど。
シナリオだけはぶっ飛んでるけど、ただ普通にOPはよかったし、ギャグもまぁまぁいけるし、キャラはネタに使われててひどいから萌えとかそういう概念はないけど、それでもまぁ受け入れられる人はいるだろうなぁ…悪く言えば適当、ともすれば前衛芸術。
こうすればいいのに…っていうのがだいたいの作品ではあるんだが、この作品はそういう範疇にもないしなぁ…、表かは難しいけど、ある意味記憶には残るから、そういう意味ではいい作品なんだろうね。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]恋×シンアイ彼女の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]ナツイロココロログの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |