自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]コドモノアソビの感想
2016-07-01 Fri 00:00
<作品名>    コドモノアソビ
<製作会社名>  Lump of Sugar

コドモノアソビ

シナリオ構成
S--
攻略キャラは4キャラ、共通ルートは比較的長く代わりに個別ルートが短い。
そのため、全体的なボリュームに乏しい。

【推奨攻略順 : 佳津美→みちる→楪→セーラ 】
攻略順に特に指定はないが、セーラは最後に攻略するのがよいだろう。

CG
S
どことなく少し古い印象を受ける書き方。
4キャラ分のイベントCGではあるもののHCGを抜くとそこまで数が多くないのが現状。
質に関しては特に問題がなく、立ち絵・イベントCG共に特にバランスの崩れなど気になるところはない。
SD絵もいくつか存在。

音楽
S+
BGM26曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
とにかく最初に言いたいのはOPとEDが素晴らしいこと。
特にOPの「Passion」はどこか妖しさの含まれる序盤とは逆に中盤~後半をDucaさんが熱く歌い上げてくれている。
EDの「カケラ」は本当に最後に流れる曲だが、アップテンポの比較的明るい曲。一見合わないような気もするだろうが、気を抜くと涙腺を刺激されるような名曲でもある。
BGMでは「爽快スタート!」等の明るい曲の他に「トークのお時間」など儀式で使われたどちらかというと暗めな曲も目に付く。

お勧め度
S-
「悪魔」や「儀式」等の特殊な要素な要素が含まれる作品だが、大まかに分けると学園恋愛ものになる。特に幼い頃の話なども少し絡んでくるのがキーポイント。
しかしながら全体的な描写に締まりがなく、ダラダラと続いてしまっている感じを受ける作品で、初心者等にはお勧めしにくい。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

「呪」に悩まされてきた主人公の前に突如現れた「悪魔」のセーラ。彼女との出会いにより7年前に封じられた幼い頃の記憶もよみがえる。そして再び集まった幼馴染とともに、恋心の持ち主を当てる「儀式」が始まる。

コドモノアソビにより呼び出された悪魔をキーポイントとして記憶(恋心)をテーマとした作品。
そのため、今回登場するキャラクターは全員ある程度幼馴染と言える。

作品の構造上基本的にハーレム展開が多く、多くのヒロインから同時に好意を向けられる。
正直なところそういう作品は少なくないのだが、大切になるのは主人公の対応だろう。
誠実に向き合うか知らないふりをする(知らない)の2択になるのだが、今回は残念ながら後者。というより、自分の好きなヒロイン以外のことを基本的に忘れてしまっていることが多い。
そういったところでイライラを覚えてしまう人がいるのかも。

「過去と現在の決別」といった要素も実は入っている作品なのだが、問題はその「現在」。
描写として恋愛描写が多く入るのは確かなのだが、思った以上に起伏がない。
正確には共通ルートと言える部分に多くの起伏が含まれており、それ以外の個別ルートにはダラダラと続く恋愛シーンが記録されている。
谷がなければ山もないので共通ルートが多いことも手伝い、ずっと見続けているとさすがに飽きてくるかもしれない。
歌にもいいものがそろっているので、挿入歌として使用することや、問題をもう少し大きなものに変えて、各個別ルートで違う味を出したりテーマを変えたり、あまり作中で触れられなかった「悪魔」の存在をもう少し前に出すルートを作ったり、「恋愛」というテーマ以外の要素でも戦う必要があったのかもしれない。
泣かせよう、としているシーンはもちろん気が付くのだが、気が付かれてしまうくらいプレイヤーの心が離れてしまっているのが現状だろう。
もう少しプレイヤーを引き込むような物語づくり等、根本的なところも見直さなくてはならないのかもしれない。

評価したいな、と思ったのは「儀式」等のシーンで少し動画を入れていたことだろうか。
そういった演出は割と頑張っていた印象を受ける。
どうしてもシナリオに対しての頑張り(内容も演出も含めて)が不足気味だったので、そういったところで

コンフィグに問題はないが、選択時にセーブができないのはやはりつらい。

【総括】
全体的にがんばりは感じられるのだが、今回は完全にシナリオが足を引っ張りこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
ただただ続く恋愛物ってイメージだから、どうしてもシナリオに飽きが来るんだよな、まぁ「恋」に対するアプローチの一つとして面白くはあったけど、やっぱりもう少し深くまで突っ込まないと面白くないし、見せ方もそれだけ工夫しなきゃいけないんだろうな。
Vo曲が本当によかったし、それだけにいろいろ演出方法とかを少し変えていったり、見せ場をしっかり作るだけでも印象の違う作品になるのかも。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]こころリスタ! cocoro Restarter!の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]ここから夏のイノセンス!の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |