自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]はにかみCLOVERの感想
2016-06-03 Fri 00:00
<作品名>    はにかみCLOVER
<製作会社名>  すたじお緑茶

はにかみCLOVER

シナリオ構成
S--
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは一般的な長さで、各個別ルートは2h程度。エロ中心の作品なのでその部分を除くとボリュームとしては乏しい。

【推奨攻略順 : 真希奈→えみる→すみれ→莉緒 】
攻略順に指定はないため、好きなキャラからの攻略でいいだろう。

CG
S
線が細く、淡い塗りの絵で立ち絵・イベントCG共に全体的に美麗。
比較的抜きゲー要素の強い作品であるため、一般的なCGの枚数は少なく各キャラ2-3枚がいいところ。
SD絵も数少ないが存在している。

音楽
S
BGMが21曲、Vo曲は1曲(OP)という構成。
BGMに関しては割とどのジャンルもコミカルなイメージを受けるものが多く、曲数も少ないためどうしても演出のバリエーションには限界があったイメージ。
Vo曲についてはOPはノリのいい良曲なのだが、EDがBGMというのが少し寂しい。
OPは音楽鑑賞では聞けないので注意。

お勧め度
S
シナリオを求めない純粋なエロゲーとしては普通におすすめしやすい作品。
いわゆる萌えゲー・キャラゲーに分類される作品なので逆にシナリオに何かを期待しているのなら少しまったほうが良い。
キャラによってシーン数に結構差があるので注意。

総合評価
S--

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

持ち前の好奇心とおせっかいのせいで前の学院で問題を起こし転校となった主人公。
そこに真面目で融通の利かない自治会長の莉緒と出会う。
最初はその融通の利かない性格でぶつかることが多かった二人だが、とあることがきっかけで莉緒のある秘密を知ることになる――。

ネタバレ承知で言わせていただくと、ヒロインの二人は淫魔…つまりサキュバスという、少しSF要素の加わった作品。
ただ、そこに関して深くかかわっていくことはなくあくまでエロシーンのきっかけとして描かれている設定。
いかにそういう流れに持っていくか、というのが基本的にこの作品の名だ位とはなっているが、プレイしていて強引に流れに持って行かなかったのは好印象。
特にヒロインと付き合ってからも日常シーンを割と多めに描いてくれていた。
ただ、やはりあくまで抜きゲーに近い学園恋愛物で、シナリオの中身はほとんどないといってもよい。
OPで言われているような秘密を持つ人物は少なく(多く見積もっても2人)、主人公の過去の話に関しても触れられるのは、真希奈√のみでそれに関しても主人公の「ダメっぷり」を目立たせてしまうだけとなっていた。

サブキャラクターに関しても、よくキャラクターの立った人たちをきちんと作れてはいたのだが、シナリオと合わせて使うことはできていなかったな、というイメージ。
もう少し、シナリオに関して作りこんだ方がキャラクターへの感情移入も強くなり、いろいろ効果的な影響を得られたのではないだろうか。

コンフィグは少し慣れるまで時間がかかったが、プレイするのに問題はない。

【総括】
あくまで抜きゲー・萌えゲーとしては一般製品レベルではあるので、シナリオに関してのみこの評価に影響している。

(ぶっちゃけコーナー)
どうしてもジャンル的に分類しにくい作品なので深く語ることが難しいのだが、シナリオと音楽に関して以外は今までのすたじお緑茶の作品だなーと思える質だったのは。
エロを主体に置いた作品においても、シナリオも蔑ろにするべきではないと思うの、個人的にだけどね。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]ワガママハイスペックの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]ISLANDの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |