自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ISLANDの感想
2016-05-27 Fri 00:00
<作品名>    ISLAND
<製作会社名>  フロントウィング

ISLAND.jpg

シナリオ構成
S++
BADENDを含めてEND数は17個、一瞬で終わるBADがほとんどなのだがそれでもボリュームは十二分な量となっている。

【推奨攻略順 : 夏蓮→紗羅→(ry 】
攻略順は最初の二人をクリアした後は1本道となっている。

CG
S
安定した高品質のCGで立ち絵・イベントCGともに美麗。
全年齢対象ということもあり、一般的なイベントCGの枚数はかなりの量となっている。
特に夜や海の風景が関連したイベントCGは印象的。

音楽
S++
BGM40曲(Voのinst,アレンジ含)、Vo曲3曲(OP/ED2)という構成。
数が多くヴァリエーションが豊富なことは言うまでもないが、そのなかでもSF物らしいBGMが多くそろっているな、というのが最初の印象。その中でも久しぶりにピアノ系BGMで「この感情は使命」は涙腺を刺激してきた。
Vo曲も良曲がそろっており、全体的に質の高さがうかがえる。

お勧め度
S++
タイムトラベル系作品が好きな方には久しぶりにおすすめできるガッツリとした作品。
作中には多くの物理的な話も出てくるのでしっかりと理解するのは少し辛い。
逆に今までの軍事風主人公やその雰囲気が好きな方には別系統なのでお勧めしにくい。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

意味深な始まりに考えを巡らせる暇もなく、破天荒な主人公の行動や言動に驚き通しとなる物語の序盤。その行動にやっと慣れてきたと思えば次に気になるのは舞台やキャラ達の抱える秘密、何よりも主人公の失った過去の内容、そうした疑問に思いを巡らせつつも展開していく現実の物語が複雑に絡まり合っており、いつの間にか物語に引き込まれてしまう、そうしていくうちにこの作品がガチの時間系SF作品だということを知ることとなる。

何が真実であり何が嘘なのか、新事実が発覚しては新しい理論を考え、また新事実が発覚して否定され…特に序盤、夏蓮と紗羅√をクリアするあたりまではこうした繰り返しになり、頭をかなり使うことになる。
もちろんある程度は説明されるが、物語の流れを早めるためなのかテンポを保つためなのか、割と最小限なので何度か読み返す必要もあり、純粋にキャラのかわいさを堪能したい人など、苦手な人は多分敬遠してしまう作品の一つになるだろう。

この作品の魅力として挙げられるのは大きく二つ「大きな論理的破綻がないこと」とそして「展開が予想できないものであること」だろう。
どちらもSF作品としては十二分に大切な要素と言え、特に作中で行われるタイムトラベルの方法論においては、思わずその可能性を信じたくなるものであったほど。
そしてそのタイムトラベルを使った展開は最後までプレイヤーを驚かしてくれ、SF要素以外のストーリー的な魅力と絡めて十二分なセールスポイントと言えるだろう。

主人公を含むキャラクターのユニークさもこの作品の魅力の一つとして欠かせない。主人公は言うまでもなく、ヒロインやサブキャラクターまで暗くなりがちなシナリオを支えるギャグ等

少し残念というか作品の要素として、この作品は”完璧”に「完結」と「解決」はしないという事。それまでに十二分なほどの完成度とシナリオ量であったために、これ以上続けることにもメリットとデメリットが発生してしまうため、無理に続ける必要はなかったと考えるが、一部の人には物足りない終わり方となってしまっているかもしれず、よく言えば余韻のある終わり方、悪く言えば中途半端なものとなっている。

コンフィグやシステムには問題ない、フローチャートもあり攻略も行いやすい。

【総括】
純粋なSF作品として薦めたい作品で、ストーリーはもちろん音楽や演出等、全体的な完成度の高い作品なのでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
最初にこの作品をやってた時は、割と主人公への忌避感が強かったかも。
そして、明らかに嘘をついているヒロインたちや島の過去に、ホラー作品を見ているような気味の悪さを感じることが多かった、
ただ、そういうことを気にしつつクリアしていったらどんどん明かされる真実に驚き「本当は何が起こっているのか」というのを求めて次から次へと文章を読んでいっている自分がいた。終わったと思えば次から次に新しい事実やシナリオ(続きの√)が出てきたりして、クリア中はすごくワクワクしていた。
作品のネタバレにもつながるから、レビューでも内容にはあまり深く突っ込めなかったが今年一番と言って問題ないレベルのシナリオゲーであることを再度言ってきたい。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]はにかみCLOVERの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]この恋、青春により。の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |