自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]PRIMAL×HEARTS2の感想
2016-03-31 Thu 00:00
<作品名>    PRIMAL×HEARTS2
<製作会社名>  ま~まれぇど

プライマルハーツ2 プライマルハーツ・聖良アフター

シナリオ構成
S++
攻略キャラは5キャラ。
前作同様、共通√後の選択肢により各キャラ√へと突入する。
各ルートは2-3h程度とあまり長くはないものの、共通のシナリオ量とあわせて考えると十二分なボリュームとなっている。

【推奨攻略順 : たては→杏那→兎姫→真白→アリスティア】
攻略順に指定はない。好きなキャラからの攻略を推奨する。

CG
S
線は細く、瑞々しい質感のイベントCGが特徴的で数枚は「はっ」とさせられるほどの色使い、構図、描き方がなされている、立ち絵に関しても良く作りこまれており、その一枚一枚が綺麗かつかわいさを追い求めている。
クオリティを優先したためか一般的なCGの枚数は多少少ないものの、HCGを含めればなかなかの量。

音楽
S++
BGM31曲、Vo曲6曲(OP1/ED5)という豪華な構成
Vo曲は前作に続き、キャラに併せて全く雰囲気の違う5曲を用意しておりそれぞれ素晴らしい出来で称賛の言葉しかない。
個人的にさらに褒めておきたいのはBGMで、正直な話前作からアレンジしている曲とそうでない曲の違いが分からないくらい世界観に合ったものが用意されている。既にある世界観を壊さないものということで難易度は高かっただろうが、それを見事にクリアしているのは素晴らしい。

お勧め度
S++
前作「PRIMAL×HEARTS」の雰囲気が好きだった方には強くお勧めできる作品。
それほどまでに見事に雰囲気を含むすべてを引き継いでいるといっても過言ではない。
もちろん、前作をやっていない方でも十二分に楽しめる作品となっているため、こちらからプレイしてもらっても問題はない。
しかしながら、前作を越えた…というレベルではないので、良ければ前作からのプレイをお勧めしたい。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

前作同様の舞台、その6年後のお話。
選挙がすべてを決める間ノ島学園ではいつぞやのごとく、文化部が支持する天道会と運動部が支持する月下会で綺麗に票数が388対388と同票が続いていた。
そこへ777人目の伝説の中立の存在「スリーセブン」としてやってくる主人公。

物語の入り方にいたるまでほとんど同じ状況を再現した今回の作品。
今回の主人公は前回の登場キャラクター「ビッチ姉さん」こと美知の弟であり、前作の主人公がネットゲームにはまっていたのに対して、今回の主人公は根っからのオタクで「マジカル★みほのん」に熱中している。
あきれた姉が人格強制のためにと前作の主人公、和馬のもとへ師事させたため、鳴神流の使い手となっているほか、女性への対応も改善させた。

シナリオはもちろん前作同様に作品の重要なテーマである「選挙」をメインに物語を進めており、運動部と文化部の代理戦争となってしまっている選挙の現状打破のようなものや各イベントの決まりを決定したりなど、今回も作中で様々な選挙が行われている。
ただ、どちらかというと前作より選挙色は薄くなり、各ヒロインとのやり取りが多くなっている印象を受けた。
ただ、それでも前作をしっかりと踏襲しており、時に笑って、かわいいヒロインを愛でて、泣けるときには泣けて、最後にはスッキリとした気分で終われる、そんな前作の雰囲気や世界観を壊すことなく今作へと続けられている。
「2」という言葉がついているため、どうしても前作と比べられる運命にあり非常に作りにくかったことは察する。たしかに内容的にも革新的な部分はなく、前作と比べて特に優れているとは言いがたい。そういう意味では、前作にあまりなじみのなかった方、前作の作風が肌に合わなかった方にはあまり面白みのない作品となっているのだが、個人的には前作と今作を通してのプレイで個人的に得たものもあり、伝統を守りつつ安定して高品質な作品を生み出せているということに対して高く評価している。

各ルートでは攻略中のヒロインに対応した前作ヒロインが登場するのだが、なぜか聖良の出現の仕方は特殊で(アフターが用意されているためか?)それでもあるルートで話題に上がったときの姿は感じるところがある。
登場したヒロインは和馬と結婚したことになっていることもはっきりと描写されており、各ルートで少しずつ世界が違うのも面白いところだろう。
各ヒロインからアドバイスを受けて行動するようになるヒロインたちも見所の一つだろう。

コンフィグに関しては使いやすく問題がなかった。

【総括】
前作と同様の雰囲気差の九品であり、高品質であることはいうまでもない。よってこの評価としている。

(ぶっちゃけコーナー)
分かりやすくいうと、壮大なファンディスクみたいなものなのかも。前作のアフターストーリーって意味ではあまり見れないけどね。それくらい、前作が好きだった人のための作品で、そういう人には満足できる内容になってると思う。
普通に各所でホロリと出来るシナリオだし、イベントCGは綺麗だし、Vo曲は最高だし、とマイナス要素があまりにも少ない良作。
そういえば、同梱に聖良のアフターを描いた短い作品がある。内容はFDのうちの1√見たいな物で、時間も1hもせずただイチャイチャして終わるのだが、中に特別ゲストとしてあるキャラクターが登場している、本編をやってから出ないと誰か分からないのでぜひ本編クリア後の攻略を推奨したい。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]凍京NECROの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |