自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]幻のディストピアの感想
2015-09-24 Thu 00:00
<作品名>    幻のディストピア
<製作会社名>  てぃ~ぐる

幻のディストピア

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラ。共通ルートもだいぶ短いのだが、個別ルートも短く1-2h程度。
全体的なボリュームは始めれば1日で終わってしまうほどなので注意。

【推奨攻略順 : 楓→瑠璃子→朱莉→葉子】
攻略順にロックはないのだが、葉子ルートを最後に残すことをお勧めする。

CG
S
細い線と淡い塗りで、みずみずしさを感じる。
特に男の立ち絵にかなり違和感を感じる部分が多く、詳細な違和感に関しては一部のイベントCGにまで及んでおり、気にする人はしてしまうかも。
枚数も物語の長さのためか、かなり控えめなボリューム。

音楽
S
BGM35曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
同曲のアレンジなども多くみられるBGMだが、バリエーションに富んでおり、各場面を効果的に演出してくれている。
疾走感にあふれるOPも好感度がかなり高い。

お勧め度
S-
正直、ハーフプライス作品なら文句がないものだった。
それくらいプレイ中は十分に楽しいのだが、いかんせんボリュームがないため全体的な薄さを感じることが何度もある。
それくらい全体的に中途半端な作品なので、プレイする場合は相応の覚悟が必要。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の舞台は未来都市。
多くを犠牲にして成り立つユートピアでの物語。

今作の主人公は破天荒、厚顔無恥、唯我独尊を地でいく人物。
自信過剰を超えて、悪役もいいところの人物。
作中序盤の衝撃的なシーンはさておき、クズっぷりとアホっぷりはプレイしてすぐにわかるはず。そして、主人公の抱えるかこの暗さに関しても後々わかることになる。

文章自体は読みやすく、ネタもわりと幅広い(若干唐突ではあるが)ため、読み飽きるということはない。
しかしながら、序盤は唐突かつ強引に物語が進められている印象を多く受ける。
過去の過去なども入るのだが、現在との区別がかなりつきにくいのも問題。

各ルートに関しても割と厳しい評価。
内容に関して触れたいのだが、普通の作品でいう「起承転結」の「承」の部分くらいで終わってしまうため完全な評価賀しずらい。
本当にほとんどのルートがあっけなく終わる。
また付け加えるなら、序盤~中盤の暴走葉なんだったのか、終盤に悪になり切れない様子や、実力が”本当に”なくほぼ運や周りの人々の心のおかげで生き延びる主人公には少々思うところがないわけではない。

悪なら悪の美徳というものがあるだけに、同系列作品とみくらべてみるとかなり見劣るものとなっている。

全ルート(主人公の過去についても含めて)において、ほとんど序盤から予想していたことを裏切らないシナリオなので、読んでいて楽しいが驚くことは全くない。
しいて言うなら葉子ルートにてタイトルの意味を知ることになるのだが、そのあたりが限界だろう。
設定に関してもだが、物語の舞台や事態を絡めたものに関してももう少し描写を多く取る必要があったように思う。
もちろん、各キャラとのやり取りに関しては言うまでもない。


内容が悪いから大きく評価を下げるというわけではなく、むしろ興味をそそるものが多くあったがゆえに、シナリオとしての評価を大きく下げることにつながった。

コンフィグにあまり不便は感じない。

【総括】
シナリオ不足のため、評価を大きく下げることにつながっている。
プレイ自体については少しは楽しいが、一瞬で終わるためこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
てぃ~ぐるだから、ということで手にした人も多いはず。
設定的にもかなり見どころはあったし、レミニセンスとか暁の護衛を意識した人もいるだろうけど、ぶっちゃけて言うと「その両方のいいところを取ろうとして結果失敗した作品」というところ。
それぞれの主人公はある意味1本の主義を通し続けてるから見ていて面白かったし、きちんとした見せ場も作れてたけど、今回の主人公の魅力は全くと言っていいほどない。
しいて言うなら、人を操るのが少し得意なくらい…。
物語の長さ以外も問題があると思うけど、やっぱりもう少しだけでも物語を長くする必要があると思うの…。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]ソーサリージョーカーズの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]妄想コンプリートの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |