自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ピュア×コネクトの感想
2015-07-28 Tue 00:00
<作品名>    ピュア×コネクト
<製作会社名>  SMEE

ピュア×コネクト

シナリオ構成
S+
攻略キャラは5キャラ。共通√が比較的に長く、個別も十分な量があるため全体的なボリュームは平均より若干多く感じるかもしれない。

【推奨攻略順 : 萌美→志帆→彩里沙→空→あゆみ】
攻略順は無いので好きな順番で良い。

CG
S
線は細いが、しっかりとした印象を受ける絵。数量は一般的で質も良い。
同ヒロインの立ち絵の種類も豊富だったのも驚いた所。
一番印象的だったのはやはり告白シーン用のイベントCG。
立ち絵に近い全キャラクター共通の背景&構図であったが、潤む瞳など細かい所に趣向が凝らされいる事には驚いた。まさに流れるBGMの曲名のごとく、雰囲気を変えるワンシーンにふさわしいものだったと言える。

音楽
S++
BGM26曲、Vo曲2曲(OP/E)という構成。
Vo曲の恋を歌った歌詞はどちらも瑞々しく、リズムもよい良曲で一聴の価値あり。
特に評価しているのはBGM、件の告白シーンで使われる「ここから始めよう」やエピローグ部分で使われる「幸せを紡ぎながら……」などは、作品としての価値を大きく上げた良曲として特筆しておきたい。

お勧め度
S++
純粋な恋愛作品として広くお勧めしやすい作品。
シナリオ自体に深さこそないものの、共通√はメタネタ抜きのギャグテイストで面白く読みやすい。さらに共通から個別ルートに至るまで、きちんとキャラとのやり取りや魅力が描かれており、終始楽しくプレイすることができる。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品は冬のシーズンがメインの恋愛物。
主人公はまだ学生ではあるものの、活動場所のメインはバイト先である「ピヴォワーヌ」というパン屋&レストランのお店。

ヒロインを含めこのお店の関係者はやらたとキャラの濃い人が多く、主人公のノリのいい性格と非常に相性が良く感じた。
共通から個別ルートに至るまで(特にヒロイン以外のシーンが絡むものについても)、あの手この手で笑わせてくれる。
シモネタこそ多いが、メタネタが無い等好感のもてる所もあった。

ヒロイン達ももちろん笑いに使われているのだが、それでいてしっかりと魅力をアピールできている所も良いところだろう。
今回の作品で攻略対象となるヒロインは幼馴染や後輩、バイト先の同僚にはじまり、支配人や従姉妹まで、現在のゲームとしては立ち位置としてほんの少し特殊な方に属する人も。
そんな中で各キャラクターの抱える問題というのが本当に些細なことはポイントだろう、例えば当たり前すぎて異性としてみれなかったり、恋愛という物が分からなかったり、忙しすぎて恋愛が出来なかったり…etc。
そういった状況からみせてくれるのは本当にに当たり前と言える幸せ。
個別ルートに入ってから、大きな変動や展開という物は殆どないといっていい。
ただ順当に愛を深めていく二人を見る作品であり、それがまた何ともいえず癒される。
こんな日常があればいいな、と思わず思ってしまうことだろう。

この作品で最も評価する所としてあげたいのはやはり告白シーン。
それまで選んできた選択肢などによって、主人公は告白するかされるかを選ぶことができる。それ以降の流れは基本的に同じなので、差があるのはここだけなのだが、それを考えてもニクイ演出だった。
詳しくはプレイをして体感してほしいのだが、思わずタイトルの意味に納得してしまうほど純なシーンであり、BGMや潤んだ瞳の演出等等…その力の入れ具合に感服し、√によっては思わず涙ぐんでしまうほど。
自信を持って恋愛物として勧められるのはこのシーンがあるからこそである。

作中では選択肢として誰にメールを送るか、どのようなメールを送るかを選ぶことができる。その内容如何によってどのルートへ行くことになるか決まるというもので、システム的にまったく新しいものではないのだが、この作品の雰囲気にはとってもあっていたと思う。なにげない日常のやり取りから深まっていく興味や好意という物を自然と理解させてくれた良システムだろう。
付け加えて、特定のタイミングで好きな相手にメールを送ることができる。こちらは主に笑い等がメインであり、シナリオの流れには関係なかったが少々会話が変動したりと細かいところも見せており、上記と合わせて評価したい部分は多い。
しかしだからこそ、そのポイントを見逃してしまう事が多かった。
質の高いシナリオだからこそ、そちらに集中してしまい他の部分に気が回らなくなり、いつの間にか通過してしまっているという事が多々あった…。
せっかくの良コンテンツであるため過去の履歴等を見れるようにする等、もう少し工夫をすることで見やすい内容にしてほしい所。

コンフィグについては十分に使い易く不便に感じることは殆どなかった。

【総括】
萌え・ギャグゲーとしてだけではなく、恋愛物としても素晴らしい評価を与えたい作品であり、とくにその演出に関しては目を見張るものがあり、このジャンルの作品としてはかなり高い評価を与えた。

(ぶっちゃけコーナー)
ただの萌えゲーだと思ってやっていたら、思った以上に面白くて、どんどん世界に引き込まれていく。
そして気が付いたら告白シーンでウルっときて…個別√では可愛いなぁ…って思ってて、最後の方でまたちょっとウルっときて。
何というか特殊なことは殆どなくて、当たり前のことなんだけどそれが大事なんだなと思わせてくれるシナリオ運びだった。
たぶん、共通√を含め世界に引っ張る力が上手いんだと思う。
だから何でもないことでも一喜一憂してしまうんだろうなぁ…プレイし終わった後も少しの寂しさと共にいい作品だったと素直に言える。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]百花繚乱エリクシルの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]あやかしコントラクトの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |