自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]学園舞闘のフォークロアの感想
2015-05-28 Thu 00:00
<作品名>    学園舞闘のフォークロア
<製作会社名>  Chien

学園舞闘のフォークロア

【さわり】
身体・頭脳の能力が高く、そして昔話に即した特殊能力をもつ<キャスト>と呼ばれる人々がいる世界。
主人公はそんな世界の王子として<キャスト>だけが通う学園に嫁探しに行くことに。
その学園で行われる<キャスト>同士の戦い<闘踏会>とよばれる戦いを勝ち抜いたものが主人公の嫁となる。

シナリオ構成
S--
攻略キャラは4キャラで、√は5本。
共通√が比較的長めだが、個別ルートはかなり短くエロシーンを除くと1h程度。

【推奨攻略順 : 千恵美→双葉→美姫→つぼみ→ハーレム】
攻略順に指定はない、ハーレムルートのみ、全キャラクリア後のロックあり。

CG
S-
線が細く淡い塗の絵で癖がつよい。
綺麗なCGが時折あるのも事実だが、総じてバランスが気になってしまう物が多い。
数に関してもHCGがメインで、一般的なものはかなりすくない。

音楽
S
BGM26曲(OffVocal除)、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
全体的に目立つ曲が無く、評価が難しい所。
最後の戦闘シーンでOPが流れたのはよかったのだが、やはり盛り上がりに欠ける。

お勧め度
S-
バトル要素のおおいエロゲーという感じなのだが、全体的にお勧めする要素が無い作品。
どの点をとっても、一般的な作品を下回っているので、特に強くこれを勧めることは個人的にしない。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

物語の設定自体はすこし特殊であるが、理解はしやすい。
しかしそれ以上に全体的に違和感を感じることが多く、無理やり展開させているようなシーンが多く見受けられる。

それが原因なのか定かではないが、物語の序盤から中盤にかけてはかなりゆったりとした流れだったのに対して、終盤はいきなり訪れ一瞬にして終わってしまう。
おそらくその間には説明すべき設定やシーンなどが多分に含まれていたはずなのだが、それらを一切無視してかけぬけているので、感情や理解が追いつく前に物語が終わる。

また、メインである共通ルートが終わってからの個別√には一切話が無く、とってつけたようにイチャイチャしておわる。最終√であるハーレムに関しても同様で、シナリオに関しては評価できる点がほとんどない。

物語の設定からも分かるように、特殊能力をメインとしたバトルシーンが売りの作品のはずなのだが、いかんせんそのバトルシーンがかなり粗雑。
設定の作りこみから描写に至るまでどうにも評価できず、全体的に上滑りで寒く、場違いな勢いだけしか感じない。
それでも燃えるシーンや設定が多ければなんとかなることもあるのだが、それもほとんど無く唯一の強みと言える部分に関しても死んでしまっている。

コンフィグは基本的にそろっているものの、全体的な動作に癖がある。

【総括】
バトルメインのエロ重視作品ではあるが、後者に無理やり重点を置いたような作品であり、シナリオに関して言えば評価できる点は少なくこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
というか、評価するのも難しいわ…。
普通の作品は「これやってよかった!」とか「この子かわいいなぁ」とか思える所がいくつかあったりするものだけど、この作品はそう思える点が異常に少ない。
無論ないわけじゃないんだろうけどね。
それでも全体的に粗すぎて、感情移入どころじゃないし、バトルシーンも微妙だし。
個人的に合わないのもあるかもしれないけれど、やっぱ評価の低い作品だと思う。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<[レビュー]プラマイウォーズの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]ゆきこいめるとの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |