自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]花の野に咲くうたかたのの感想
2015-05-01 Fri 00:00
<作品名>    花の野に咲くうたかたの
<製作会社名>  あっぷりけ

花の野に咲くうたかたの

【さわり】
他人の色が見えてしまう主人公は一人暮らしにあこがていたのだが、
ついに『桜花荘』に住むことになった。
しかし、誰もすんでないはずのそこで、出会ったのは一人の女の子。
なぜか色が無い彼女は実は幽霊で、様々な問題をともに解決していくことになる。

シナリオ構成
S+
攻略キャラは5キャラ、長くはないものの1キャラに対して複数のENDがあるものも。
共通の長さも結構あるので、ボリューム的に考えると平均よりは若干多いと言えるだろう。

【推奨攻略順 : 涼子→麗奈→雫1→雫2→雫3→汐音→桜花→TRUE1→TRUE2】
汐音までの攻略順に指定はほとんど指定が無いが、この順番が安定だろう。
逆にそれ以降はほぼ一本道のはず。

CG
S
線が細く淡い塗。
立ち絵では柔らかさを感じる絵で違和感なく受け入れられる。
どちらかというと、CGの方がクセが出ており硬さを少し感じてしまう物もあるかもしれないが、基本的に全体的に美麗であることは否定できないだろう。

かなりコミカルな部類ではあるものの、SD絵もいくつか存在している。

音楽
S++
BGM30曲、Vo曲3曲(OP/ED/挿入歌)という構成。
BGMではVo曲をアレンジしたもの等素晴らしいものがそろっていた印象で、特にアップテンポの曲(戦闘シーンやGOODENDっぽいもの)である「これからの日々-彩の花-」などが光っていた印象。
Vo曲のOPは日本っぽいサウンドになっていたり、挿入歌は思わずホロリときてしまうものであったり、EDもしっかりと良い雰囲気で締めてくれていて全体的な完成度が高い。
ぜいたくを言うならば、2ndOPは違う曲でもよかったかもしれないな。

お勧め度
S+
推理物に分類される作品なので、そういった作品に興味がある方にはお勧めしやすい他、日本伝奇的な要素も入っている。
物語にだれる部分が少なく、全体的な完成度も高いため素人から玄人まで広く勧めやすい作品と言えるだろう。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

他人の色が見える主人公と幽霊の少し不思議なお話。
序盤から中盤に至るまで、物語の展開の方法は大きく変わることが無く、主人公が出会う奇妙な事件、その内容を幽霊の「桜花」に告げることで事件が解決に向かうという、安楽椅子探偵のような物語になっている。
(実際は外に出て行動することが多いが)

後半に進むにつれてそういった体はかわり、日本伝奇的な要素を加えつつ主人公と桜花の秘密について分かってくる仕様となっている。

物語の形だけに共通のメインとなってくるのは、不可解な事件と桜花の解決シーンとなってくるのだが、これがなかなかに面白いので全体的な質の底上げとなっている。

その中で少し残念なのは個別ルートにあまり力が入れられて無いという事。
無論、それぞれある程度のシナリオはあるのだが、どうしても共通√を基準にして考えると長さや内容が物足りないものとなってしまっている。

攻略に関してはいつものあっぷりけらしく、フローチャートが付いているためかなり容易。
また、合い間にミニストーリーのようなものも追加され、全てを見るとさらにボーナスシーンがみられる。

物語として大詰めとなるTRUE√については内容をあまり深く語ることはしない。
しかしながら、きっちりと泣けるような話になっていた事だけは言っておきたい。

作品中には謎解きシーン以外にもバトルシーンや上記のような泣きシーンもあり、そのどれもがある一定以上の質であったので、広く楽しめるシーンはあるだろう。
全体的なシナリオの作りこみという意味でならとてもよい作品なのだが、ただキャラ単体に対する書き込み度や魅力といった点に関してはどうしても消化不良な部分が出てくるかもしれない。

その辺りに関してはメインヒロインである桜花がある程度頑張っているので、彼女が好きになれるのかなれないのかで、作品の根本的な価値が大きく変わってしまいそう。

コンフィグに関しては十分で、システムに関しては問題ないが、パッチを当てるのを忘れないように。またシステムボイスはない。

【総括】
純粋な推理物として扱うには少し難しい作品ではあるものの、内容に関しては十二分に面白く保証できるものなので、この評価にでも抑え気味と言えるほど。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
安楽椅子探偵物って書いたけど、ホントきっかけ部分になる話だけで、後半はアクティブに絡んでいく部分も多いしなぁ。
こういった作品で推理物と表記するのは微妙に迷ってしまう部分は多い。
しかしまぁ、いろいろと納得できる設定の説明されたし、なんだかんだでいい終わり方だったから素直にいい作品と言えるわな。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]姉小路直子と銀色の死神の感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]花咲ワークスプリング!の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |