自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]残念な俺達の青春事情。の感想
2015-02-11 Wed 00:00
<作品名>    残念な俺達の青春事情。
<製作会社名>  チュアブルソフト

残念な俺達の青春事情。

【さわり】
「非公式生徒会」というものに所属している主人公たちのお話。
正当には認められない方法で、学校をより面白く…を理念に行動する。
転校してきた燐音を加えた1年ほどのお話。

シナリオ構成
S
攻略キャラは4キャラ+1キャラのおまけ&短編エピローグ。
このほかにクリア後に短い追加エピソードがある。
冒頭のシーンに至るまでの回想(OPまで)が意外と長く、さらにそこから共通分岐までの比較的量がある。しかしながら各キャラの個別√は1~2h程度と短く、全体的な分量を見ると少し物足りないかもしれない。

【推奨攻略順 : 棗→匠→ちまち→咲耶→燐音→エピローグ】
攻略順に指定はないので好きな順番で良い。

CG
S
線は細く淡い塗の絵で、全体的に幼い印象を受ける柔らかい絵。
枚数に関しては一般的で質に関してもかなり安定している。
しかし、バランス等で気になる絵がいくつかあるのも確か。
逆に非常に目を引く美麗なCGもある。
SD絵もいくつか存在している。

音楽
S
BGM20曲、Vo曲3曲(OP1/ED2)という構成。
特筆すべき曲はないのだが、騒がしい日常シーンに対して以外と穏やかな曲が多い印象。

お勧め度
S
恋愛学園物に青春要素をプラスした作品。
ギャグゲー的な要素も強く、日常シーンはテンポもいいのでプレイはしやすいが逆に中身が無く感じる可能性も。
また、メタ的な要素をネタにすることが多いのも注意。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

いきなりのギャクテイストで始まる今回の作品。
始まりから終わりに至るまで基本的に学園物のギャグゲー。
特殊な部活に所属して行動していく主人公を主軸とした作品だが意外と中身は一般的。

テーマとして「残念」と言われる欠点がある少女や主人公たちの「青春」を描いているのだが、一番の特色としてあげられる「非公式生徒会」の活動も共通√のみがメインで、個別ルートでは舞台設定を活かせてなかったかな、という印象。
結果としてギャグのみの一般的な恋愛学園物の範疇に収まってしまった。

個別に見ていくと主人公の親友は珍しく二人いて、それぞれ良いキャラだったり、個別ルートではメインヒロイン以外の心の動き(特に咲耶)を入れていたりなど、悪くない部分はある。
しかしながら、あくまでそれだけ。
どうもギャグが滑っている部分が多かったし、そもそもの「残念な俺達」というテーマの弱さや、非公式生徒会の活動量の少なさ(全体的なテキストの少なさ)、物語の作りこみ度など各部分が不足しており、イマイチ作品に乗り切れなかったというのが正直な感想。
全体的にギャグが多かったためかテンポもよく進むので、その分内容が薄くなってしまったかのような印象を受けた部分もある。

もちろんシナリオだけのせいではなく、CGやBGM、演出やテキストの雰囲気など全体的な質の低さがこの感想につながっているのかな、と考えられる。

コンフィグに関してはシンプルではあるものの問題なし。
各キャラのシステムボイスも設定可能。

【総括】
舞台設定を個別まで上手く使いこなせなかったのが大きな痛手。
他にも作りこみの甘さなどを感じる部分もありこの評価。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
メタ系のギャグはホントに好き嫌い出るだろうなぁ。
最初の方は結構この作品のギャグのテイストが好きだったんだけど、後から飽きてくるからこのあたりのマンネリをどうするかだよなぁ…。
個別は共通の流れを無視する形で恋愛を前面に出してしまっていたし、全体的にどうもまとまりがなく感じてしまう。
だからプレイ後もなにが言いたかったのかよくわからんのだろうなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]夏の色のノスタルジアの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]ヒマワリと恋の記憶の感想 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |