自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]キミのとなりで恋してる!の感想
2015-01-19 Mon 00:00
<作品名>    キミのとなりで恋してる!
<製作会社名>  ALcot Honey Comb

キミのとなりで恋してる!

【さわり】
ある日、祖母から結婚を急かされた主人公。どうにか、幼馴染に彼女の振りをしてもらえるようになったが、お見合い相手が既に家に来てしまった。
そうして始まる不思議な同棲生活――そんなハチャメチャな学園物。

シナリオ構成
S
攻略キャラは3キャラ。
共通√は量はあるものの比較的短く、各ルートの長さも2-3hというところ。
キャラ数の関係もあり、全体的な分量は一般的な作品と比較すると少し不足。

【推奨攻略順 : 涼香→莉奈→なぎさ】
攻略順は無いもののなぎさ√は最後にした方が良い。
各キャラプレイ後にサイドストーリーも追加される。

CG
S-
線は細く淡い塗。
珍しく、立ち絵に関しては少し質の悪いものがいくつか含まれており、いくつかのCGでもバランスが崩れていた。
枚数自体は少なくないのだが、このあたりで少し減点。
SD絵は存在しており、いつも通りのクオリティ。

音楽
S
BGM17曲、Vo曲2曲(OP/グランドED)という構成。
BGMに関しては全体的にありきたり…という印象だったのだが、ピアノ曲に関しては比較的破壊力のある曲が多くその点については評価。
ただ、量も少なく完成度という意味ではどうしても他の作品に見劣りするかも。

お勧め度
S+
ギャグが多くテンポの速い学園物で、内容は薄めなのだが、共通√の一部やなぎさ√の最後、サイドストーリーの中の一部など所々に良い部分があり、泣きゲーとしては一口に褒めることも貶すことも出来ない。
各分野、質の上下が激しい作品という事を理解しておいてほしい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

抜きゲーのような設定の作品だが、雰囲気はどちらかというとギャグゲーに近い。
ポンポンと会話が続き、設定からセリフから笑わせようという気持ちは伝わってくる。

物語の展開自体も終始驚くほどの早さで展開していく。
このあたりの部分でどうにも違和感を感じてしまう人も多いかもしれないが、物語自体が簡単である事(設定が一般的な学園物であるため)やギャグテイストな作品のため物語自体においていかれてしまうということはない。
ただし、短くまとめようとしているためなのかどうしても展開にショートカットされたような違和感のでる部分や拙さを感じることも少なくない。

「となりで恋」という作品のテーマと主人公の「陸上部(マネージャー)」という要素のマッチングもあまり良くなかったのかなという感じが否めない。
どうしても伝えたい部分がぶれてしまい、結果として内容が薄くなってしまう事が多かった気がする。

ただ、これだけの不安要素が多い中で泣けるシーンがいくつかあったのも事実。
簡単なシナリオではあるのだが、人が泣けるポイントをうまくついており、なおかつ音楽によってより効果的に演出がなされているため、一口にシナリオ全体を否定することはできない。
ギャグテイストで軽い中身に対して、急に重い話を入れてくるために物語に緩急が出たためではないだろうかと考えている。
中でもなぎさ√のEDに関してはかなり作りこまれており、「何故このレベルが出せるのに…?」と他の部分について疑問を持ってしまうほど。
そういった各部分の破壊力については評価したい。

各キャラの設定(サブキャラ含)もある種遊びのようではあるもののプロフィールが作られていたり、各ルートで少しドラマが入っていたりときちんと魂の入れられたキャラが出てきている点も評価しておきたい。

コンフィグに関しては問題はない。
システムボイスも各種取りそろえられている。
ボリューム調節部分の小話などこういった所にも少し工夫が。

【総括】
いい所もあり悪い所もある評価の難しい作品。
ただし、そのいい点というのが他を補って余りあると言えるほどでもないため評価としてはだいぶ抑えたものにした。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
確かに泣けたんだけど「すごい泣けた!」というわけではない。
何というか物語を進めていて、ギャグの多い萌えゲーテイストのこの作品を正直馬鹿にしていた部分があったので、油断していた部分もある。
なので強い期待を寄せるのはマズイけど、油断してプレイする分には損した気分にならないかも。
いい意味でニクイ演出とかもあるし、そういう所はすごくいいのだけれど、、すごい作品というほどの作品でも無いんだよなぁ…全体的にもう少し真面目に作りこんでくれていたら変わっていたのかもしれないけれど。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<< [レビュー]乙女が奏でる恋のアリアの感想 | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]蒼の彼方のフォーリズムの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |