自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


リトルバスターズ! リトルバスターズ!EX のレビュー
2008-10-01 Wed 00:13
<作品名>リトルバスターズ!
      リトルバスターズ!エクスタシー
<製作会社名>KEY

シナリオ
EX
ルートの数がとにかく多く、クリアに時間がかかるルートも多数。
リズムは微妙だが、ギャグやミニゲームが多く、肌に合えば時間を忘れるほど。
各ルートの質は高く、EX追加シナリオも高レベル。

CG
S
前作とはかなりの違いである。文句なしの綺麗さといえるだろう。

音楽
S++
相変わらず、量も多く、質も良いBGMがそろっていて、すべての曲について太鼓判が押せる。
OP,ED、挿入歌、すべてにおいて高水準、なかせるKEYの音楽はいまだ健在である。

お勧め度
EX (エクスタシーっていみじゃないよ)
ギャグありの学園物。
良すぎるがゆえに一番最初にやることはお勧めしない。
KEY作品としてだけではなく、泣きゲーとして1、2を争うお勧め作品として紹介できる。

総合評価
EX
なんといっても、KEYの過去作品、同系統の学園物としての「CLANNAD」との差を見せたのは絵の綺麗さ。
ミニゲームも楽しいし、独特のギャグも多いため、面白いシーンも多い。
設定どおりの普通の学園物と考えると、いい意味で痛い目を見る。
各ルートはあまりリズムはないが、質もよく、EXで追加されたシナリオも今までのシナリオを普通に凌駕している出来と言える。
そして、それらを霞ませるほどの、最終ルート。
そのシーンを見たとき、号泣しかできないほどの衝撃がある。
音楽とシーンの相性も最高といえる。
特に挿入歌の取り扱い方が非常にうまかったと言える。

そして、ある意味、これは新生のKEY作品ともいえます。
AIRやCLANNADで見せた親子の大切さ、それを今回は一切使わないという無謀な試みは十二分に成功したと言えるシナリオだった。
すべてをクリア後に曲の印象がかわる、解っているはずなのに涙が出てしまう、そんなKEYマジックがふんだんに入り込んだ素敵な曲たち。
ONE、Kanon、AIR、CLANNADと面々と受け継がれた泣きゲーの本質がここに眠っている。
賛否両論ではあるが個人的に文句の付け所はない。

アニメ化もされているので、アニメをみる前にこの作品をやるとさらに良く理解ができるようになるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:1 | トラックバック:0 | top↑
<<CROSS†CHANNEL のレビュー | 青空の翼と過去の十字架 | 加奈…おかえり!! のレビュー>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-06-27 Sun 16:33 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |