自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]南十字星恋歌の感想
2014-10-16 Thu 12:00
<作品名>     南十字星恋歌
<製作会社名>  すたじお緑茶

南十字星恋歌

シナリオ構成
S
攻略キャラは5人。各ルート約20話の構成で共通√は結構長く16話程度までになる。
個別ルートは一般的な長さで、まとめである香乃梨√のみほんの少し分量が多い。
全体的にはかなりの分量で平均的な作品以上と言える。

【推奨攻略順 : 魅月→都→咲弥→エリーゼ→香乃梨】
香乃梨√のみ最後のロックがある。基本的にはこの順番の方が話が分かり易い。

CG
S
線は細く、淡い塗。全体的に丸みが多く幼く見える絵。
特徴的なのが縦長のイベントCGが多いという点で、キャラの立ち姿を角度を変更すること無く描ききっている。しかしながらキャラが多いためか一人当たりに対する一般のイベントCGはあまり多くなく、その分豊富なSD絵でカバーしている印象を受けた。

音楽
S+
BGM26曲、Vo曲3曲(OP2/ED1)という構成。
非常にバランスよく集められたBGMは明るい曲が気持ち多め。無論暗いシーンや戦闘用のものなど多岐にわたる物を比較的高品質で用意してくれていた。また、Vo曲についても明るい「Dash Out!!」やEDの「君に出逢って恋をして」等の良曲がそろっている。

お勧め度
S
いつも通りのすたじお喫茶作品と言う感じ。
オーソドックスな恋愛学園物にプラスαをしている作品なので初心者にはお勧めしやすい。
しかしながら、こういった類の作品を多くプレイしている方にはストーリー面において少々物足りない内容になっているので注意は必要。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
とある事情により南の島、グインベルン公国にある日本語学校に入学することになった主人公。転入した学園では「特待科」という多種多様な人間が集まるクラスで過ごすことに。
…という定番の恋愛学園物。
世界観としては前作の話や映像等が出てくるので、今までの作品と共通と考えられる。

登場人物は国のお姫様だったり、いとこだったり、天才だったり…etc、と少々ぶっ飛んだ設定で、そんなキャラに巻き込まれる物語なので展開についても少々一般的な学園物からは外れている。

例年通り各話の最初にOP最後にEDを持ってくる形式をとっている。
話数を設けているためか序盤から物語はテンポよく進み、各キャラの登場シーンをうまくつないでいた印象を受けた。
登場キャラ数が多いので、1キャラ1キャラの個性が死ぬ危険性もあったが、その辺りは綺麗にキャラ付けされており、少なくとも立ち絵のあるキャラに関しては比較的に個性あふれるものとなっていた。

共通√に関しては問題が起こるとサブキャラなどをからめつつ、特定のヒロインを中心とし、最終的には全員で力を合わせて解決するという展開方式のスタンスを崩さず物語を展開していた。
このあたりに関しては非常によくできており、この作品の最も見どころともいえるだろう。

一方で個別ルートではたいてい大きな問題を解決することになるのだが、重要なシーンを後日談のように語る形式が多かった。
そこはリアルタイムに詳細を描写し盛り上がるべき所なので、前半とは裏腹に尻すぼみな物語になってしまっている印象を受ける。また設定についても伏線が多く残り、不完全燃焼な読後感がある。
ある程度の伏線に関してはまとめでもある香乃梨√で明かされることになるのだが、それでも主人公の過去やその他の新しい事実などは曖昧なまま終わらせている部分が目立つ。
ただ、ファンディスク等への伏線なのかもしれない。

物語自体がオーソドックスな恋愛学園物ではあるが、その中にちょっと深い設定等を入れているため目新しさはあるのだが、感情移入という点においては難しい作品だったのかもしれない。無論、中には燃えるシーンやウルっと出来そうなシーンも無くはないのだが萌えゲー要素を前に出した方が無難だったかな、と言うレベルではあった。

コンフィグに関しては不備もなく十分使い易かった。

【総括】
恋愛学園物と言う意味では十二分にしっかりした作品ではあるのだが、後半の展開において少し適当な部分が目立ち、全体的に締まらない作品となってしまった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
今回の主人公はバイトをしていて、結構不遇な貧乏生活をしてる。
だからなのか大人目線での発言が目立つのだが、それが序盤ではうざいのなんの…流れを急に無視してそういう発言をしてしまうから、プレイヤーからすると少し調子に乗った痛い人だった…。
その割に緊急時(そうでなくても)はあせったり無茶したりと子供っぽい部分がめだつし、主張や行動がぶれていたのがどうにも気に入らなかったんだよなぁ…。
ただまぁ、その辺りは後半になって緩和されてたかも。

関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あの晴れわたる空より高くの壁紙(導木ほのか/伊吹那津奈) | 青空の翼と過去の十字架 | あの晴れわたる空より高くの壁紙(暁有佐/黎明夏帆)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |