自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]恋がさくころ桜どきの感想
2014-07-18 Fri 12:00
<作品名>    恋がさくころ桜どき
<製作会社名>  ぱれっと

000_2014071713594685a.jpg


シナリオ構成
S+
攻略キャラは5人。共通ルートが少し短いが、比べて個別ルートに十分なシナリオ量が用意されているため、全体的なボリュームとしては平均程度といえるだろう。

【推奨攻略順 : 美桜→夕莉→こなみ→杏→ティナ】
ティナ√のみ杏√クリアのロックがかかっているが、基本的にこの順番でクリアすることを推奨したい。

CG
S
和泉つばすすさん独特の柔らかく、淡い色合いの絵。
各キャラの枚数も多く、質・量のどちらにも文句はない。
イベントCGのみ瞬きするようになっているのが特徴的。
SD絵もかなり大量に用意されており、魅力の一つと言えるだろう。

音楽
S+
BGM33曲(OPアレンジ等も含む)、Vo曲7曲(OP2曲、各キャラヴォーカルのED曲4曲+グランドED曲1曲)という大ボリュームの構成。
BGMは基本的に作品に合わせて桜にちなんだ柔らかなものが目立つが、場面に合わせた多彩なものも用意されており豊富。特に作品の雰囲気に合った「桜前線上昇中」や「猫じゃらし!ゆらゆら」のようなコミカルなものなどの名前を挙げておきたい。
ただ、もう一歩踏み込んだ涙腺に響く曲がほしかったのは確か。
Vo曲に関しては本当にOPもEDも、そして各キャラソンも質が高い。また各キャラクターソングも同時に発売されている。

お勧め度
S+
全体的に質が高く、萌えゲーとしても泣きゲーとしてもお勧めしやすい作品。
ぱれっと作品らしく、作中にはすこし不思議な設定があるものの大まかには学園物。
ただ所属する生徒会では何か大きな行動を起こすことがないので、そういったシナリオを求めている方にはお勧めしない。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
「恋なんてするもんじゃない」そう考えているモテモテの青年が今回の主人公。
春から初夏の学園を舞台とした恋愛物語でティナという不思議な少女の登場により物語は動き出す。

設定に少し特殊なものはあるものの、比較的オーソドックスな雰囲気であることや文章も読みやすいのでサクサクと読み進める事が出来、作品の中への感情移入はしやすい部類に入るだろう。

テーマとなっている「恋愛」に関しては萌えゲーにありがちな、ただ恋愛をさせてハッピーエンドでおわらせるわけではなく、思った以上に深く書きこまれている印象をうけた。

「恋なんて」という気持ちを持っていた主人公が恋を知るまでの過程をきちんと描いており、特に夕莉√では美桜の失恋シーンが描かれ、感情さえ入りこんでいれば非常に泣けるシーンとなっており、作品の中では一番気に入っているシーンでもある。
他にもこなみ√での葵や杏√でのエレ、ティナ√での爽など全員ではないが、二人だけの恋愛にとどめることなくキーとなるキャラ(ヒロイン立ちだけではなくサブキャラや男キャラ)との関係の変化や感情などが描かれていたように思える。

たしかに、日常√の面白さや各ヒロイン√のメインとなるシーンでの踏み込みは足りないので、例えば感動で号泣するようなことはないかもしれないが、上記であげたような真摯な「恋愛」との向き合いを周りと絡めて語っていくのは非常に効果的で、個人的には一番評価してあげたい部分である。

そうした中で各ルートの後半、特にメインとなるシーンに入る少し前において、急に各キャラの恋愛以外の感情の描写が雑になったり、しばしば強引な展開がなされることもあった。やはり疑問を抱いてしまうキャラの動きは全体的に丁寧に進めてきただけ目立ってしまっており、痛手だったといえるだろう。

しかしながら、グランドルートとなるティナ√に関しては上記のようなミスもあまり感じられず、かなり安定したいい√になっていたと言える。詳しく言うとネタバレになってしまうのであまり深くは語らないが、このルートの終わりに関しては「安直さ」が少しあったと言える。
ただ、もしなかったとしたらそれはそれで全体として少し重すぎる雰囲気になっていただけに悩みどころ。

シナリオとしての特定場面における破壊力こそ欠けるものの、泣けるシーンもしっかりと用意されており、現状として出来うる限りのことをした作品となっているような印象を受けた。

コンフィグに関しては十分詳細に決めることができ、また使い易かった。

【総括】
高品質な絵とBGMが目立つ中、シナリオもそれに十分見合うものだったと言えて、全体を通して安定して質の高い製品となっており、平均以上のこの評価が相応。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
本当に各ルートすこしずついいシーンがちりばめられていて、終わった後には爽快感が残る作品なので、そういう意味でもぱれっとらしいかも。
CGだけ瞬きすると言うのは少し違和感があったけど、後半からは慣れたかも。SD絵も多くて可愛かったし、絵買いの人とかは満足しそう。
どうしても、ティナルートは一番最後までがよかっただけに、その最後のシーンだけもう少しどうにかならなかったのかなぁ…とおもわなくもない。
終わってから思うのはヒューベリオンが結構いい奴だったってことだな。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<レミニセンス Re:Collectの壁紙(倉屋敷和葉/長谷川恋) | 青空の翼と過去の十字架 | 魔女こいにっきの壁紙(全員)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |