自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


魔女こいにっきの壁紙(柏原美衣/藤田崑崙)
2014-07-12 Sat 00:00
7月12日の定期更新です。

めったに漫画は買わないたつたつです。
だけど知らないわけじゃなかったり。
一応ワンピースとか読んでるんですよ…。
ジャンプで追っかけるほどではないですが。
本もそうなのですが、漫画とかをかうとどうしても最終巻まで集めたくなるので、あまり買わないようにしています。
お金は大事です…。

それでは本日のゲームをご紹介いたしますね。

Purely ~その狭い青空を見上げて~Purely ~その狭い青空を見上げて~
(2007/08/24)
Windows

商品詳細を見る
本日はRUNEよりこちらの作品です。
ついにこの作品を紹介する時が来ましたか…。
泣きゲーとしての知名度があまりないのですが、
泣きゲーファンを称するのならぜひ1度はプレイしてみてほしい作品です。
王道ではないもののどこか懐かしいく、素直な展開は本当に切ないですね。
シナリオ以外(一部文章やその他演出)などで少し足を知っぱられている感じがしますが、
それでも評価したくなる、と言えば分ってもらえるでしょうか。

ゲームレビューを見に行く。
評価の文章が結構短いので、中身が分かりにくいかもしれません。
ただ、あまり言いすぎるとネタバレになりそうなんですよね。
気になったらぜひプレイしてみてほしい、ということだけ繰り返し伝えておきます。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

majokoi (17)_R majokoi (18)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします。
壁紙のリクエストについてはこちら

本日は柏原美衣と藤田崑崙+αのかべがみですね。

美衣のこのシーンで泣かれました。
「ほら、私って――」のセリフのセンスがすごく光っていましたね。
この作品のストーリーの中ではかなり好きな部類に入っています。

崑崙+αの壁紙。
…これ語るとアウトだろうってものです。
このシーンの意味を知った時こそが、物語の終わりです。
この時のというか、この少し前の崑崙の気持ちというのを考えると少し切ないですよね。

以上で本日の定期更新は終了です。
明日の壁紙は別構図2枚の壁紙となっております。
お楽しみに~。

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<魔女こいにっきの壁紙(南乃ありす/時計坂零) | 青空の翼と過去の十字架 | [レビュー]ハーヴェストオーバーレイの感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |