自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]はるかかなたの感想
2014-06-16 Mon 12:00
<作品名>    はるかかなた
<製作会社名>  SORAHANE

001_20140615233814e7a.jpg

シナリオ構成
S-
ルート4本+グランドルート1本という構成。
共通も個別も比較的ボリュームがあり各個別は約2h~3h程度。
しかし、動作性の問題もあり正確なボリュームを判断するのは難しいが全体的なボリュームとしては十分量だろう。

【推奨攻略順 : 心音→結衣→雫→はるか→グランドEND】
グランドルート以外の攻略順指定はないが、ある程度この順番は守った方がよいだろう。

CG
S
線がしっかりとした柔らかい絵で、色の濃淡ははっきりしている。
動画を含め、イベントCGや立ち絵は非常に質が良い。特に背景は美麗という言葉がぴったりで、舞台となっている小樽の風景が非常に綺麗に描かれていた。
枚数に関しても4キャラということで比較的多く見えるが、同様の構図のもので時間帯変化などを差分と勘定すると平均的。はるかに関しては枚数が飛び出ている。
一方で気になる構図の物やバランスのものが点在しているのも確かで、すべて安定しているわけではない。
絵そのものの問題というより、見せ方やシステム面での不備が目立ち、足を引っ張られている印象を受ける部分である。
また、SD絵も一定数量が存在している。

音楽
S+
BGM33曲、Vo曲は関連曲を含め8曲(OP1曲+ED2曲+挿入歌1曲+各アレンジBGM4曲)という構成。
こちらもシステム面の不備の影響があり、かなり印象が薄い。
全体的に綺麗でかつ静かで悲しいBGMが目立ち、そういった点は作品の雰囲気と合っている。
対してVo曲は挿入歌の流れるシーンが本当に一瞬でおわるため、これもまたかなり印象が薄い。
他にもゲーム進行中にて、BGM自体のボリュームがそれぞれで違うので、困惑したシーンもあった。

お勧め度
A+
シナリオ的にもなのだが、主にシステム面的に非常にお勧めしたくない作品。
このランクを出したのは非常に久しぶりで、ある意味戒めだと思ってもらいたい。
バグが多すぎるので、せめて”製品レベル”になってから発売してもらいたい。

総合評価
A++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
突然現れた双子の妹にキスをしてしまう。
そんなシーンから始まる今回の作品。

舞台としては北海道の小樽らしき背景が多くみられ、またことあるごとにAQUAの舞台と同じようなワードや背景、地名がよくみられるが、世界観はおそらく違うだろう。

文章字体はそこまで読みづらい部分はなく、難しい設定等もないので比較的すぐに状況などはの見込めるが、各部分での誤字脱字から始まり、√間で話のつじつまが合わなかったり、少し前の状況とすぐ後の状況で話の齟齬があったり、また怪しい比喩や表現なども多くみられ、全体的にブラッシュアップのされていない原稿を読んでいる気分にさせられる。

妹や義妹問題を絡めるのかと思いきや、意外にも「命」や「闘病」といったテーマを持った作品で、その内容に相応しく展開に関してはかなり暗いものが多い。
どのルートもかなり絶望するシーンがやってくる上、あまり救いがないのだが、その展開自体もどこかで見たものが多い。
比較的予想が簡単なことや、どれだけ丁寧に扱ってもいいくらいのテーマであるのに、かなり強引かつ投げやりな場面展開にて、物語を進めているので、盛り上がるシーンではかなりの確率で白けている事が多い。
無論、設定として気になる矛盾点のようなものがたくさんあったのも事実なのだが、本当にそれ以前の問題が多発しており、正確な評価を加えることは困難。
特にキャラの背景をあまり考えずに作ったからなのか、キャラの性格や設定がかなりぶれており、結果としてキャラが立たないので、どのような絶望的展開や逆に嬉しい展開があっても感情移入が難しい。
結果として、盛り上がるシーン等では事前準備等もなしに、話の展開のみに頼り切った描き方をしているので、評価にはつながりにくい。
無論いいシーンもあったりはするのだが、そこも書き方がくどかったりと、やはりシナリオ以外にも文章的な問題は多くあげられる。
めざしていた方向性だけが間違っていなかったといえる。

また、はるかルート1とグランドルート(はるかルート2)にあまり差がないのも気になった所。無論展開に少し差はあるのだが、結局言いたい部分に関してはあまり変わっておらず、正直な話はるかルート1or2はいらないだろう。

文章とその内容に関してはこのような感じだろうか
とりあえずその他で悪かった点を列挙していく。
基本的に動作が重く、全ての動作にいら立ちが付きまとい、そのせいか話もなかなか進まない。
そのせいなのか場面転換での演出等も全くスムーズに行われておらず、絵の分野でのセールスポイントを潰していた。
パッチを付けないと起動しないどころか、つけても強制終了が多発する。またそれを解決するパッチを付けた所で、依然として強制終了は多発(Ver1,20)。

ボリュームのバランスが最悪で、ボイスが聴こえない、BGMが聴こえない。なのに、アイキャッチは大音量で流れたり、BGMによっては大きな音が流れたりする。
またあるシーンでは声がセリフと完全にずれているシーンが少なくとも2か所、かなり長い間あり、その他にも不自然にBGMが止まったまま展開するシーンも数か所存在。
背景の全くないシーン等も多く存在し、わざとではなかったとしても、せっかくの美麗なCGを活かせ切れておらず、見なおす必要が必ずある。
BGMに関してもせっかくゆったりしているものなのに、数秒で不自然に入れ替わったりと演出に関してもかなり雑な部分が見られる。

以上の結果を持って、全体的、特にシステム的には見直す必要がある作品。

ちなみに、コンフィグは本当に基礎しかなく、使いづらい。
(クイックセーブ・クイックロード、既読スキップ無)
バックログの量も少なく&表示されない所も存在、スキップ
システム面も含め、一刻も早く数段上の他社の製品レベルにたどり着くのが急務だろう。

【総括】
どうしてこうなったのか分からないが、完成途中の作品を渡されても困る。
そういったレベルの作品なので、とにかく完成させて、動作確認をしてから、せめて1週してから発売に乗りきってほしい。
どの分野も酷く稚拙なレベルであり、いい部分がったとしてもすべてシステムや演出に台無しにされているので、この評価が望ましい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
実はこれでもかなり優しく書いたつもり。
本当にそれくらいひどい作品だった。
ゲーム中のいいシーンはどこといわれると困るけど、あえて言うなら結衣→雫あたりの√は他と比べてもマシといえる。
シナリオに関して、王道がいけないわけじゃなくてその描き方に問題があった。
せめてもう少しスムーズにゲームができれば評価も変わったやもしれないが、基本的な部分もおソロかにしており、なおかつテストプレイをやっていないことばればれの品質で製品を発売するというのは他の「Sランク」作品に失礼ということで評価も低い。
もしかしたら、今はパッチで全部治って…るかも。(当方プレイ時はVer1,20)
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:1 | トラックバック:0 | top↑
<<相州戦神館學園 八命陣の壁紙(キーラ/ 幽雫宗冬/甘粕正彦) | 青空の翼と過去の十字架 | 相州戦神館學園 八命陣の壁紙(壇狩摩/怪士/夜叉/泥眼)>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-06-17 Tue 18:42 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |