自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-の感想
2014-05-13 Tue 12:00
<作品名>    大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-
<製作会社名>  オーガスト

005_20140512225436edd.jpg

シナリオ構成
S
本編となる各キャラアフターが9本+図書部ストーリー(筧ルート)と、各キャラをクリアすると出てくる「APPENDIX STORY」というショートストーリー13本から成り立っている。
各キャラアフターは30分程度、ショートは10分程度となっており、図書部の話だけは少し長めとなっているものの各話は短い。
ただ、FDであるということや話の本数を鑑みても、全体量としては十分。

【推奨攻略順 : 本編&APPENDIX STORY→図書部】
攻略順に指定はないが、図書部√(筧√)は最後に回すべきかも?

CG
S
今回も美麗なCGで、新規のものだけでも質・量、共に文句の付けどころがない。
また、立ち絵の美麗さに関しても今回は付け加えておきたい。
ただの立ち絵に影を付けることにより、ただの背景+立ち絵の図をCGレベルまで上げる技術に関しては見事というほかない。
その他、ネタに走ったかと思えば、細かい所に気が配られていたりと、このレビューの中で一番評価しておきたい部分である。

音楽
S+
Vo曲3曲(OP1曲、ED2曲)と新規のBGMがいくつか追加されている。
Vo曲はやはり安定していい曲。
特にOPの2番以降からが素晴らしいので、ぜひフルバージョンを聞いてみてほしい。
前作の物も含まれているので全体的に安定した音楽となっており、さすがに泣けるほどのものはなかったものの、甘い雰囲気からバトル・真剣シーンまで幅広くカバーできている。

お勧め度
S+
無論、大図書館の羊飼いをプレイして気にいった人がプレイする作品。
あの世界が気に入ったのなら十二分に買う価値があるはず。
大きな話こそなかったものの、ちいさなフラグ回収もしている。
FDとしては十分なレベルに達しているといえるだろう。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
基本的に各ルートアフターは甘い雰囲気が終始漂っており、基本構造もすべて変わらず、1つ大きな山を乗り越えて終わる話となっている。
中身に関しては前作を楽しんだ方が楽しむための者となっており、萌え・エロ重視でありつつも、図書部全員の絡みも忘れず、笑いも多く入っている。
特徴的なのは、前作でサブキャラ扱いだったキャラクターも差別なくアフターが存在していることで「APPENDIX STORY」が無いことで図書部ヒロイン達と差はあるものの、前作でそういったキャラが気に入っていた方も十二分に楽しめるだろう。
また上記でも書いたように、絵等を絡めた演出にかなり磨きがかかっており、笑いからシリアスまで、よく世界観を作れていたように思う。

ちなみに本編にアフターストーリーこそないが、しっぽデイズのキャラ二人のアフターも「APPENDIX STORY」内に収録されており、そのゲームをやった方ももちろん楽しめる作品となっている。

FDということもあり、ストーリーに関して語れる部分はそう多くはないものの、その他の部分に関してはやはり安定した素晴らしさを見せてくれる作品であった。

コンフィグに関しては今回もかなり凝っており、十二分に使い易かった。

【総括】
FDという事を鑑みないでの評価となっているので少し低め。
もしFDとして扱うならもう1、2段階はあげてもよいだろう。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
まぁまぁ、FDだしストーリーの中身があまりないのは仕方がないよなぁ。
というか、そういうものだろうし。
ただ、全く面白くないイチャラブじゃなくて、笑って、イチャイチャして、占める所は締めて、という気持ちいい作品ではある。
そしてやはり、全クリ後のロゴクリックのミニネタは存在していたか…。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<CloverDay’sの壁紙(竜胆つばめ/結橋泉) | 青空の翼と過去の十字架 | CloverDay’sの壁紙(加賀美ヘキル/加賀美ヒカル)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |