自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ひこうき雲の向こう側の感想
2014-04-16 Wed 12:00
<作品名>    ひこうき雲の向こう側
<製作会社名>  FLAT

000_20140415172609205.jpg

シナリオ構成
S+
実質攻略キャラは5人(サブヒロイン一人、エクストラで一人)。
共通までは以外にもしっかりとした量のテキストがあり、メインヒロイン
3キャラに関しては個別ルートもしっかり作られている。
しかしながらキャラの少なさのため、全体的なボリュームは平均程度。

【推奨攻略順 : いろは→麗華→美奈→瑛莉BAD→瑛莉→エクストラ】
攻略順はないものの個人的にはこの順番を強く勧めたい。

CG
S--
線は細く、淡い塗の絵。
メイン3人は枚数が十分量あるが、それ以外に関してはエロシーンを覗くとどうしても量不足で、全体的に少し少なく感じる。
質に関しても問題の感じられるCGが数多くあり、違和感を感じることも少なくないだろう。
このゲームでの最大の問題点でもあった為、評価としてはかなり下げさせてもらっている。
ちなみに最後までクリアすると分かりが、他のゲームと違いラフ画の量が多く、その点に関しては評価をしたい。

音楽
S+
BGM20曲、Vo曲2曲(OP/ED)というこじんまりとした構成。
残念ながらVo曲も肌に合うものがなく、ピンときていない。
しかしながらBGMにはかなりの評価をしており、特に「止まない雨はないから」等の旋律のきれいな曲が目立ち、かなりの良曲と言えるだろう。
これらのBGMが作品を支えていたといっても過言ではない。。

お勧め度
S+
王道の学園物だが少し変化球のある話。
パッチを適応しても文章・絵等にまだまだミスが多くみられる事や、最後にメタ要素を入れてきたり、エピローグが果てしなかったりといろいろと変なところはあるものの、ストーリー自体は嫌いではない。
悪かった点が改善されていれば確実にもうワンランク上だった作品と言える。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
印象的な告白シーンから始まる今回の作品。
また、印象的なキャラの豹変なども序盤の見どころだろう。
これらのことからわかるように、今回の作品はかなりのクセがある作品となっている。

それ以外の序盤の部分だけを見れば、文章自体はあまり癖がなく比較的淡々と進む。
笑いもそこそこあるし、設定・展開もある意味王道。
キャラが結構多く出てきたのも印象的だろうか。
その中でメイン級の扱いを受けるヒロインは5人いるのだが、そのうち二人はサブキャラクターだったのも珍しい。

タイトルにもついている「ひこうき雲」はこの作品の象徴にもなっており、作中では場面転換に上手く使われている印象を受けた。

学園物に限らずだが作品のテーマとして「恋愛」が挙げられていることは多いが、この作品ではより「恋愛とは何か」について深く考えている作品になっており、作中では様々なキャラの「恋愛」についての考え方が述べられており、それらを考えてストーリー進行を見ていくとなかなかに面白い作品となっている。
また、キャラにある背景の設定がそれらに影響を及ぼしているあたりも面白い点だろう。

しかしこの作品、実はマイナス点が多くある。
発売後いくつかパッチが出ているが、それでも文章の誤字脱字、絵の表示等、システム方面でのミスも多く未完成な印象を受ける。
上記の点以外でも、展開を焦るあまり雰囲気を壊してしまう演出や、BGMの無駄遣いや、絵と文章の乖離から連携の取れてない印象をうけたり、キャラの主張等がぶれてしまっているシーンもあり、キャラの内面を要とするこの作品にはかなりの痛手となっている。

しかし、以上の点を踏まえても光るシーンはあったのは確か。
正直、システム上のミス以外にも、ストーリーの中身でいろは√の主人公のヘタレさなどいろいろと突っ込みたいところもたくさんある。
しかしながら、いろは√でのいろはと綾の関係や、美奈√での後半の主人公の心の中の動きともどかしさ、瑛莉√での瑛莉と部活・仲間への思いや、エピローグなど見どころは多くあり、マイナス部分を差し引いても猶お勧めしたい点が多い。
場所によってはBGMのマッチングも合わせて泣けるシーンもあるので、マイナス要素のみを見てそのすべてを切り捨てられず、評価を上げている。

もし、上記であげたような点がすべて改善されたのなら

コンフィグに関してはLOADがすぐ見える場所になかったりと少し癖があり使いにくかったが、機能はそろっているため慣れれば問題ない。

【総括】
見事にマイナス要素がぶつかった作品。磨けば光る原石のようなものであり、もしブラッシュアップされて評価するならばもう一段上の評価は間違いなく付く。
故に今の評価は少し抑え気味なので、そういう意味で少し勿体ない作品である。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ストーリーはいい! …と全体を言えないのが悲しい作品。
時折光るシーンはあるんだけどな…現に泣かされたし。
部活があって、笑いあり、涙あり、という意味では青春物なのかも?
特に瑛莉√はそんな感じだよな。
一言でこれ! と言い表せないのがこの作品のある意味面白さ。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:1 | トラックバック:0 | top↑
<<恋する少女と想いのキセキの壁紙(トワ/エナ) | 青空の翼と過去の十字架 | 恋する少女と想いのキセキの壁紙(駒久利天音/姫川美朋)>>
この記事のコメント
確かに色々と「もう少し頑張れば、やれば出来る子なんだよ!」と言いたくなる部分があった作品ではありましたよね(苦笑)
でもそれでもなお惹きつけられるキラリとした所が間違い無くあった作品でもあると自分も思います。
特に瑛莉√の締め括り方は・・・もう、でした(泣)
グリザイアとかで近いものがありましたが、あれは珍しい締め方でしたよね。
なにはともあれ今作で改善が必要な部分をしっかり抑えて次回作に活かせれば次は結構スゴイのが出来るんじゃないかと思わされた作品でした。
by雨楽



拍手コメントありがとうございます、雨楽さん。
確実にいいシーンはあったよねぇ…。
瑛莉√の最後の怒涛の線画とか、本当にびっくりした。
あれを含めると絵の量はすごいわ。
線画だからこそ掻き立てられる物もあったし。
他にもいろはと綾のいじめに対するシーンとか…主人公は置いといてあの二人の関係は結構好きです。
今回だめだった部分と言うのが比較的に直しやすい部分でした。
だからこそ、すごく残念でもあるんだけれど…。
ひめてる物はすごいはずだから、これからのFLATには期待していきたいですね。
それではまたの拍手コメントお待ちしておりますね。
2014-04-19 Sat 22:45 | URL | たつたつ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |