自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


イノセントガールの壁紙(綾代かがり/御堂このか)
2014-03-26 Wed 00:00
3月26日の定期更新です。

なんか、ニコニコの生放送とか個人でやってる人いますよね。
ああいうの見るとすごいなぁと思います。
まぁ、顔出し・出さないに限らず…。
それだけ人を集められるのがすごいですよね。
どんな人が集まるにせよ、集まればコミュニティ。
力を持った集団になります。
私がやった所で、一人来ればいい方でしょうねぇ…。
そもそも話す内容がない!

それでは今日の名言です。
明日笑いたいから今日泣くんだ

出典:不明
泣くという行為に関しての名言も多くありますよね。
今回もそのうちの一つ。
どんなことでもそうですが、憂いが一点でもあると楽しんだりすることが難しかったりするんですよね。
簡単に言うと、宿題を残したままの夏休みとか…?
だからといって無理にどうこうしろ、というわけではありませんが、
どうせなら全てを洗い流して明日へと進みたいですよね。
そのために、今日は泣いて、泣いて、泣きまくる…。
そういう選択もありなのかもしれません。
泣いて止まない雨だったとしても、
晴れる日はいつかきっと来るらしいじゃないですか。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

ing (9)_R ing (10)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします。
壁紙のリクエストについてはこちら

本日は綾代かがりと御堂このかの壁紙です。

今回は、昨日までに紹介した壁紙を使用してのものですね。
背景に使用しているものがそれです。

色を完全に脱色せずに、少しだけ抜いているところがポイントでしょうか?
構図自体はグリザイアで作ったものに似ているんですけど、もっと近いものだと天色アイルノーツのやつかなぁ。
この構図はお気に入りで、結構作ったりしています。
どんな作品でも外れにくいんですよね。
さらに2枚紹介できるし。

以上で本日の定期更新は終了です。
明日の壁紙は同構図、別キャラ2枚の壁紙となっております。
お楽しみに~

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
<<イノセントガールの壁紙(七海雛子/逢坂鼎) | 青空の翼と過去の十字架 | イノセントガールの壁紙(七海雛子/逢坂鼎)>>
この記事のコメント
たつたつさん、こんばんは。
今日の名言が凄く心に響いたので、コメントを書かせていただきました。

泣く、という行為をもうあまりしないような歳になってしまいましたが、自分が泣いている時というのを思い出すと、嬉しかったり悲しかったりかん、とにかくそういった感情が抑えられなくなった時に私は泣いてきました。
そして、散々泣いた後にいつも思うことがあります。
それは、泣く前程の感情が、自分の胸の中に無いということです。
思うに、泣くという行為は、自分の中に仕舞いきれなくなった感情を、流してリセットする行為なのではないでしょうか。
そうして、また色んな感情を受け取るスペースを作っているように思うんです。
そう思うと、涙が感情の塊のように感じられて、とても大切な物に思えてきます。

今日いっぱい泣いて、明日笑える人生を過ごしたいものですね。
2014-03-26 Wed 23:58 | URL | allen #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは、allenさん。

個人的にはゲームをやってはポロポロ泣いているので、泣いてばかりの日々です。
それが悲しみなのか、嬉しさなのかは微妙なところですが、
総じて言ってしまえば涙腺が弱いだけです。
しかしながら、だからこそ言えることでもあります。
あふれ出て体にとどめられ無くなった感情。
表現しきれない感動を涙という形にして表現する…。

allenさんの言うように、これもまたある意味リセットの準備なのかもしれません。

「涙」というキーワードは様々な物語でさまざまな表現を成されていますね。
ときには宝石になったり、誰かの心を動かすキーになったり…。
きっとallenさンが感じたのと同じように感じた人がたくさんいるということでしょう。

そう言えば英語で「room」は「余裕」という意味があるそうです。
泣くことで感情に余裕を作り、また別の感情が入れるように部屋を空けてあげる。
そう考えると、なんだか「泣く」という行為も詩的です。

これだけ泣くことについて賛美していると、
毎日泣きたくなってくるぐらいですが、
やっぱりそれだと悲しいですよね。
ずっと続く涙はやっぱり悲しい。
いつか笑顔になれるから、泣くという行為も輝くのかもしれません。

お互い、また笑えるように、泣けるときに泣きましょう。

それでは素敵なコメントありがとうございました。
またお待ちしていますね。
2014-03-27 Thu 02:44 | URL | たつたつ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |