自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]世界と世界の真ん中での感想
2014-03-15 Sat 12:00
<作品名>    世界と世界の真ん中で
<製作会社名>  Lump of Sugar

世界と世界の真ん中で

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラ+ミニシナリオ一つ。
共通ルートは一般的な長さがあるものの個別ルートは1h~2h程度と短く、全体的なボリュームは平均的な作品の8割程度。

【推奨攻略順 : 愛良→美紀→遥→小々路→菜緒】
菜緒√は4人攻略後に出現するミニシナリオ。それ以外に攻略順の指定はないものの、小々路は後半に回した方が良いだろう。

CG
S
線は柔らかく淡い塗。
全体的に丁寧に仕上げられており、キャラが少ないことも関係しているのか枚数も十分量用意されている。
また、数が少ないながらもSD絵が数枚存在している。
全体の評価の中でこの部分だけは文句がない。

音楽
S
BGM29曲、Vo曲3曲(OP1曲/ED1曲/挿入歌1曲)という構成。
量も多く全体的なバランスも良かったのだが、どうにも印象が薄かった。
BGMは作品に合わせて不思議なイメージを漂わせる曲が多い。
作品自体に共感できなかったこともあり、挿入歌や泣きシーン・感動シーンで使われていたBGMに高評価を下すことは難しいが音楽自体の評価はわるくない。
追加として「幻想第四次夜行列車」というBGMについてだけ特筆しておきたい。

お勧め度
S-
ランプ作品らしくSF要素のある学園物なのだが、どうにもストーリーを薄く感じてしまう。
シナリオにそこまでこだわりがなく、かわいい女の子の出てくるSF学園物が好きな方には音楽・CGに関しての問題はないのでお勧めがしやすいが、シナリオに関して少しでもこだわりがあるのなら、少し注意をしておきたい。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
印象的な伏線から始まる今回の作品。
料理が得意で住んでいる寮では母親的役割。
そんな主人公のいる学生寮へ病弱だった妹がやってくる所から始まる。

序盤こそ少し説明口調菜各キャラの言葉や伏線となる部分、設定の気になる所はありつつも物語は案外サクサクとすすむ。

そんな雰囲気もこの世界の秘密たる部分を見てから一変し、急速に各個別ルートへと分岐していくことになる。

目新しい機能としては「Constellation episode」だろう。
シナリオを勧めるごとに夜空にどんどん星座が浮かんでくると共に、それにともなったミニ知識や設定が明らかになっていく。
本編とそこまで深くかかわる部分ではないものの、菜緒√のトリガーにもなっている。

作品全体的には「萌え」の部分が特に強調されていたといえ、恋人になるまで~なった後まで、少し問題なども起こりつつ収支甘い雰囲気で作りとおされている。
その部分に関しても物語自体に深みがなかったことや、長さ自体が少し短いので、効果的な結果を得られなくなっている。
また、SF設定が甘かった事もかなり痛い部分。
各ルートに世界設定のファクターがちりばめられてはいるのだが、そのすべてを合わせてもある種の「ご都合主義」のような甘い部分が多く、また各ルートでは同様の展開になってしまい、そういう意味でもかなり「甘い」シナリオになっている。

物語自体はなかなかに余白もあり、キャラに背後の物語もしっかりと作られているので、泣きシーンに類するシーンはゲーム中にあり、音楽に挿入歌を使用する等、演出にも努力は見られたものの、上記の理由や文の拙さもあり、どうにも感情移入は難しい。
結果的に、何を伝えたかったのか、どの部分が大切だったのか、物語として重要な部分がかなり曖昧になってしまい、結果として悪い意味でキャラゲーになってしまっている。

コンフィグに関しては使いにくいところもなかったので、特に述べる部分はない。

【総括】
最終的には2重の意味で「甘くて」「甘い」作品になってしまった印象。
もう少しシナリオさえ頑張ってくれていれば、もう数段評価を上げる事が出来てはいたのだが、空っぽのままのシナリオにはこのぐらいの評価。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
やっぱランプ作品は肌に合わんなぁ…。
そういえば「Constellation episode」で星座の名前と形を見てて、ホントに無理がありすぎるだろ…と何度思ったことか。
兎にも角にも、もう少しストーリーを作りこんでほしかったなぁ…せっかくのシーンがもったいなかった気がする。
あくまで個人的な感想だけどね。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ギャングスタ・リパブリカの壁紙(凛堂禊/水柿こおり/古雅ゆとり) | 青空の翼と過去の十字架 | ギャングスタ・リパブリカの壁紙(水柿こおり/古雅ゆとり/時守希)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |