自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]イノセントガールの感想
2014-03-07 Fri 12:00
<作品名>    イノセントガール
<製作会社名>  フロントウィング

イノセントガール

シナリオ構成
S
攻略キャラ4人+おまけシナリオ2本。
本編の個別・共通に関しては長さのバランスも良くボリュームも一般程度~少し少なめのの範疇。
おまけシナリオ2編に関してはストーリーもなくかなり短いので、本当におまけ程度。

【推奨攻略順 : このか→鼎→雛子→かがり(おまけから:いちご→ハーレム)】
いちご・ハーレム√のみ初回攻略不可。それ以外は攻略順の指定はないものの、かがりを最後にした方が締まりはいいはず。

CG
S
いつも通り線は細く、淡い瑞々しさを感じる色彩豊かな塗。
HCGが多く通常イベントCGが少ないが、全体的なボリュームとしては十分量だと言える。
全体的に高品質でこの分野に関しては文句がない。
SD絵も各キャラ数枚存在。

音楽
S
BGM23曲(Vo曲のInst・アレンジ含)+Vo曲3曲(OP1ED2)という構成。
全体的に明るい曲が目立つのだが、どうも押しが弱かった。
唯一あげるとするならばBGM「夜が明けるまで」はテキスト次第ではやさしく涙腺を刺激してくれる良曲。

お勧め度
S
萌えと笑い、そして何よりもエロに注力した作品。
基本的にシナリオの中身に期待しすぎる人でなければ、上記の点においてお勧めしやすい作品。ただ、他の作品と大きな差を付けられなかったので、特筆してお勧めする点を書けなかったのは痛い。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
芸術学校を舞台とした今回の作品。
主人公やヒロインたちも芸術――立体造形・声楽・文学・絵画についての勉強をすることになるが、それぞれの分野について深く踏み込んだような描写はない。
しかしながら「芸術」自体や「表すこと」については踏み込んだ表現をしているルートもある。

基本的には全体的にエロあり、笑いあり、萌えあり、エロありの雰囲気で進む。
わざと2度書きたくなるくらいエロ部分に関しては強化されており、シモネタを含め日常シーンでもナチュラルに挿入される。

内容があまり厚くないからかもしれないが、テキストはしっかりしており、サクサク読み進めることができる。
なかでもテーマとして題名でもある「イノセント」については、各キャラさまざまな意味での「純粋」をあらわせており、キャラの性格を絡めてよく描けていた。

作品をエロと笑いだけで押しきっているわけではなく、√後半はエロ以外に少し山場があったりする。どのルートも共通の事であったがこの時に、主人公とヒロインだけの世界を作るわけではなく何かと他のヒロインとの絡みなどを描けていたのも好印象。

その他しっかりした演出の甲斐もあり、べたな展開・予想できる展開ではあったもののルートによっては少し泣けるシーンもあった。

ちなみに、ところどころで主人公制作の詩がでてきており声が当てられてはいるのだが、主人公の声ではない。

コンフィグに関しては使いやすく十分。

【総括】
作品自体に厚みがないタイプなのでどうしても評価は低いが、全体的な仕上がりの高さは保証でき、ストーリー以外の部分でなら十分楽しめる作品だろう。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
なんだかんだ言いつつ、かがり√では少し涙してしまった。
それでもやっぱ少し薄いわなぁ…。
鼎ルートはある意味「イノセント」さを一番感じたかも
それにしても、はっちゃけてエロかった気がする。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<12の月のイヴの壁紙(全員/宇奈原由紀) | 青空の翼と過去の十字架 | 12の月のイヴの壁紙(全員)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |