自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー] 我が家のヒメガミさまっ!の感想
2013-12-11 Wed 12:00
<作品名>    我が家のヒメガミさまっ!
<製作会社名>  チュアブルソフト

我が家のヒメガミさまっ!


シナリオ構成
S
攻略キャラは4キャラだがルートはハーレム√を含む5本になる。
共通は一般程度ではあるものの、個別ルートはヒメ√のみが長く、その他4ルートに関しては1本当たり30分程度の長さである。
そのため全体のボリュームとしては一般より少し短い程度といえる。

【おすすめ攻略順 : 恵→椿姫→史織→ハーレム→ヒメ】
すべてにおいて攻略のロックはないものの、ひめルートはグランドルート扱い。
その点に注意して攻略するとよい。

CG
S
イベントCGは濃い塗ではあるものの、丸い印象を受ける絵。
ルートの長さもありヒメのCGが多いが、Hシーンのものが比較的多い。
立ち絵などは総じてレベルが高いものの、いくつか気になるイベントCGや背景にはポリゴン質な硬さが残っていることもあり、減点すべき点が無いわけではない。
SD絵はヒメに関してのみ多数存在している。

音楽
S+
BGM24曲、Vo曲2曲(OP・ED)という構成。
全体的にバランスよく作られている印象。
ただ、作品に合わせられた曲もいくつか見受けられ、BGM「明日晴れるかな」などは破壊力こそないものの、かなり秀逸でこの作品をあらわした1曲ともいえるだろう。。

お勧め度
S
幼いヒメとのやり取りを楽しみたい方にとっては良い作品であるだろう。
ただ、その他のルートに関してはストーリーが薄いため、大きく評価を下げるほどのものではないものの、期待しすぎてプレイすると痛い目を見る。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
神様の子供(?)が家に居候、という設定が根幹にあるこの作品。
設定自体はそのほかの作品にもよくみられるものではあるので、そこまでの特殊性はなく、田舎を舞台とした日本伝奇的なストーリーが少しだけ背景にある。
そのため設定説明等に難しい部分がなく、特に序盤の文章に関しては笑いやその他の物語へ引き込む力があるわけではないのだが、すらすらと読み進めることができる。
ただ、数か所話が進み過ぎておいていかれそうになる部分もないわけではない。

ただ、複数個所にキャラクターを動かす上で不器用なシーンが見られる。これは複数ライターであるがための弊害なのかもしれないが、特に各個別ルートにて序盤とは整合性の取れない発言や行動等を起こしてしまう事が多く、大きく減点される内容となっている。
特にヒメルートを除くルートに関しては、シナリオよりもエロシーンに重きが置かれており、ストーリーがかなり薄い。
中でも、ヒメ√から分岐した瞬間の展開はただのエロゲーそのものであり、ハーレム物という側面があるのも驚きであった。

ことヒメルートに関してはグランドルート扱いされているということもあり、全体的な出来は良かったと言える。
特に各キャラの失恋シーンをきちんと描ききった上で、その他のキャラもからめて最終的な展開へ持ってきたことには好感を覚えた。
ただ、その展開に至るまでの共通~個別中盤までの描写が荒く・少ないため、名シーンをを活かしきれていなかったのが非常に残念。
これはその他の個別ルートにも言えるのだが、もう少し他キャラを絡めつつ笑い・萌えを重視した日常シーンを増やすとともにもう1~2個、話の山を作り、各キャラの設定を深め最終的な話へと絡めるような工夫が必要だったように思う。

【総括】
ヒメルートのみ評価する形になってはいるものの、共通ルートもさして目を引く部分はなく、総評としてはやはり厳しめになっておりこの評価。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
まぁ、あれだよな…うすい。
登場キャラはどこかで見たようなものばっかりだし、設定も一応類似作品があるくらいだから、ある意味では安定したものが見れるのかなと思っていたんだが、思った以上に個別が薄い…あれじゃ、ただの質の悪いエロゲじゃん…。
だからなのか、よかったはずのヒメルートの評価も高く出来なかったしなぁ…。
ヒメルートにロックかけて、他の√をもっと深くして…って作業が最低でも必要だったかもなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ハピメアの壁紙(弥生・B・ルートウィッジ/平坂景子) | 青空の翼と過去の十字架 | ハピメアの壁紙(鳥海有栖/蓮乃咲)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |