自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


ココロ@ファンクション!の壁紙(全員)
2013-11-23 Sat 00:00
こんばんは。
11月23日の定期更新です。

私がこういう泣きゲーをやり始めた理由っていうのが、
基本的には「小説」に全部集約されているんですよね。
人はどうすれば、本を読んで泣けるのか。
ある種の「泣きの方程式」を探すためにこの分野の作品を多くやっています。
やっていて分かった事は、方程式が全く分からない…という残念なこと。
露骨に泣かせるような展開の作品はやっぱり駄目だし…。
無論全てが素晴らしければ泣けますが、
何かが欠けていても、十二分に泣ける作品もあります。
けれど、それは作品によって、ジャンルによって、本当に多種多様…。
どういう雰囲気で運べば泣けるか、なんてほんとはかなり難しいことなんでしょうね。
レビューではいろいろ言っていますが、実際はそんな事を思っています。
まだまだ、研究の余地はありそうですね。

それでは今日の名言です。
本当は絵なんてみんな好きに描けばいいんだし、その絵の評価は描いた人自身が決めればいいことなんだしね…それが正しいと思うよ。少なくとも評価なんて言葉よりはよっぽど合っていると思う。

出典:不明
この後のセリフを調べられてしまうと少し残念なんですが、
絵についてのいい名言だったので紹介します。
「他人に見せるための絵」というのがあるのは事実なのですが、
「絵」というもののあるべき本来の姿として、
どんな人が書いてもいいし、その絵自体を誰かが評価することは出来ないんだと思います。
芸術ほど、他人が評価しにくいものはないんですから。
抽象画なんて見ていたらいつも思ってしまいます。
それに順位を付けている人達の言葉よりは、
よっぽどそういう考え方の方が、理にかなっているように思えます。
ただ、それだけでうまくいかないのもこの世の中のつらい所ですね。
そこはかとなく、その辺りの残念さも伝わってくる、
今回の名言でした。

それでは今日の壁紙を紹介~。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

coco (33) coco (34) coco (35)
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします

本日は全員集合の物を3枚ですね。

1枚目は5人のヒロインを集めた壁紙になります。
OPあたりで似たようなシーンを見たと思いますが、そこからアイデアを貰いました。
ただ、そのシーンとは違い背景にテクスチャを3段重ねで使用していたりします。
後一応服装が、私服になっているのもポイントでしょうか。
制服バージョンも作ったのですが、間違えて消えました(ぉぃ

2枚目と3枚目は構図的には似ていますね。
2枚目はコラージュ風にしてあります。
対して、3枚目はシンプルに1枚のCGを見せています。
OPから持ってきました。
構図としては最初の方に紹介したものに少し似ていますね。

というわけでこれでココロ@ファンクションの更新も終了ですね。
いつも通りまとめておきました。

ここをクリックで飛べます。

以上で今日の定期更新は終了です。
明日は新シリーズの壁紙の予定となっています。
お楽しみに!

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ちいさな彼女の小夜曲の壁紙(片貝汐音) | 青空の翼と過去の十字架 | ココロ@ファンクション!の壁紙(蓮ヶ瀬水菜/全員)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |